メディアグランプリ

むかしむかし、あるところに、穴を掘る女がいました。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:ノリ(ライティング・ゼミ日曜コース)

それは、ほんの少し、むかしのこと。

あるところに、今にも死にそうな女がいました。
女は毎日、布団にうずくまって、立ち上がることもできません。
人々は口々にいいました。
「あれはもう、長くはない」
「もって数ヶ月か」
「いや、年を越せたら奇跡だ」
女はなにも口にできず、みるみるうちに、やせていきました。

「チャリーン」
そんなある日、女が眠る家の外で、大きな音がしました。
布団の中で待っていても、誰も家に入ってきません。
人が来たのではないようです。
気になった女は、ありったけの力をしぼり出して、はいつくばって動くと、おそるおそる戸を開けました。
久しぶりの太陽の光が、女の青白い顔を照らします。
思わず目を細めた女が見たものは、キラリと光る銀色のスコップでした。

女はスコップに手を伸ばそうとすると、スコップの向こう側に、庭が見えました。
草が伸び放題に伸び、荒れきった庭。
それは、長いこと放っておかれた、女の庭でした。

ザザーッ。
ふいに庭の草を揺らした風が、女のほおを、なでていきます。
その時、女は決めました。
女はその日から、少しずつ、庭に穴を掘り始めました。

穴を掘ることで、女は体力がついてきました。
ごはんも、少しずつ、食べるようになりました。
毎晩、少しずつ、眠れるようになりました。

「なにやってんの?」
通りすがりの人は、聞いてきます。
「穴、掘ってんの」
「なんで穴なんか掘ってんの?」
「わかんない」
周りの人はみな、ついに女の気がふれたと思いました。

しかし、女は庭を掘り続けました。

女には、確信がありました。
「私の庭には、結構、埋まっているはずだ」と。

確信があったのです。
「ほら、そこにも、ここにも、大きな石がゴロゴロ転がっている」と。

大きな石は、すぐに見つかりました。
半分だけ埋まっていたもの、少し掘り進めると姿を現したもの。
たくさんありました。

そして大きな石は、掘り返すと、その下から女が一人、出てくるのです。
それは、元気だった時の女自身に、似ていました。
石の数だけ、女は一人、また一人と見つかりました。

しかし、大きな石が見つからなくなると、その下に埋まる女も見つからなくなってきました。

女は、しばらく途方に暮れました。
けれど、気がつくと、やっぱり庭を掘り返していました。

右に、左に。
深く、浅く。
石と、女を、探しました。
「カツーン」
女のスコップの先に、何かが当たりました。
ゴロン。
出てきたのは、握りこぶしくらいの石でした。
石のまわりを探ってみたけれど、女は見つかりません。
女は、仕方ないので、石を洗って、磨いてみました。
よごれていた石は、実は、透明な石でした。
太陽の光に照らしてみると、石の中に、小さな女が住んでいました。
「カチーン」
スコップの先に、何かが当たりました。
親指の先ほどの、小さな石ころが、1つ、2つ、3つ……。
全部で6つ、出てきました。
しかし、女はどこにも見つかりません。
仕方ないので、ポケットに石ころを入れて、穴を掘り続けました。
穴を掘っていくと、誰かが、女のおなかをくすぐります。
見てみると、ポケットの中の石ころが、一人の女になっていました。
「ガツッ」
スコップの先にまた、何かが当たりました。
また、石かもしれない。
しかし、まわりを削ろうとしても、土が硬くてスコップが入りません。
行き止まりか。
女は、仕方ないので、スコップを少し横にずらし、さらにずらしながら掘り進めると、さびた箱が出てきました。
そうっとフタを開けてみると、バン!
ビー玉やおはじき、おかしの当たりクジ、リボン、シールなどと一緒に、小さな女の子が飛び出してきました。
女は泣きました。
それは昔、女が子どものころ、土の中に隠した宝ものだったのです。

「私は私のことも忘れてしまっていたんだ」

これまで女は、自分の庭のことは、自分が一番知っていると思っていました。
でも、違いました。
狭いと思っていた庭が、掘ってみたら、思いのほか、広かった。
浅いと思っていた庭が、掘ってみたら、思いのほか、深かった。
そして、掘れば掘るほど、新しい穴が見つかっていきました。
新しい女と一緒に。

いつしか女は、穴を掘り、新しい女を見つけることが、やりがいになっていきました。

そして、数ヶ月が経ちました。
女は12人、見つかりました。

夕日に照らされた女は、ふと、振り返りました。
そこには、草が取り除かれ、石がきれいに片付けられ、すっかり耕された庭がありました。
女はなぜか、うれしくなりました。
「何を植えようかな」
「やっぱり、花かな」
「いや、食べられるものがいいかな」
明日が楽しみで、仕方なく思えたのです。
すると、それまで掘り出してきた12人の女がみんな、女の口の中に吸い込まれていきました。

女はやっと、今までで一番、自分になることができました。
「はぁ……。さっぱりわからない」
ハードカバーの古びた本を閉じると、ノリは、深いため息をついた。
「ノリ! ここにいたの、探したよ!」
ミカが呼んでいる。
急いで本を戻すと、ノリは、スタスタと走っていった。
西日が差し込む、夕方の図書館。
本棚の真ん中あたり、一冊だけ浮き上がっている本の背表紙にある文字が、キラリと光った。

『死にそうだった女が、ライティングで新しい自分を見つけた話』

※この記事はフィクションです。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-04-06 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事