メディアグランプリ

恋する男湯、パンケーキ女子会のように。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:西大路 銀也(ライティング・ゼミ 日曜コース)

僕は慢性的な肩こりに悩まされている。五十肩ならぬ三十路肩である。
そのため、ときどき日帰り温泉に行く。思い立ったらすぐ行ける、近場の都市型施設が多い。

僕は男性なので、男湯に入る。
そこでは、さまざまなウィンナーやソーセージを見ることができる。お弁当用の小ぶりなもの、本場ドイツの食堂で見かけるような立派なもの、年月を重ねて非常に熟成されたものまで。
幼児から老爺までがそれぞれのソーセージを思い思いにぶらさげている。

しかし、そこで特大のフランクフルターが幅を利かせているということはない。
ソーセージのサイズはもちろん、社会での肩書きもいっさい関係なく、生まれたままの姿、つまりフルチンで平等である。みんな、日常生活をその人なりにまっとうし、疲れを癒しに来ている同志なのだ。じつに平和的な光景である。
緊迫する国際情勢の昨今、こうした日常のピースフルな光景はたいへん尊いものであると感じる。

さて、淑女の皆様におかれては、こうした風呂において、男たちが何を話しているのか。
ほとんど興味はないと思われるが、一部の方は、どうせゲスありあまる、聞くに堪えない下ネタをくっちゃべってんだろう、ああン!? とお怒りになるかもしれない。

ところが、である。
野郎たちしかいない、ソーセージのビュッフェ空間にも関わらず、そこで交わされる話は、意外なほどピュアである。なかでも露天風呂では、友人と来ている10~30代男たちの「恋バナ」を耳にすることが多い。クラスで気になる子、合コンでとんでもないのが来たこと、社内恋愛がバレてるバレてないと無限ループの議論をしている話などだ。
これは、女子たちがパンケーキを食べながら話しているテーマと遜色ない。
違うのは、服を着ているかフルチンかの違いである。お酒を飲んで語り合うのとはまた違って、フルチンだからこそはずむ話もあるのだろう。

先日、横浜郊外の日帰り温泉に行ったときのことである。
岩盤浴やマッサージ、食事処など設備が整った、いささか高級志向の施設だ。
僕はいつものように脱衣し、冷水機で水を口に含んでから浴室へ入る。
ていねいに体を洗ったあとは、内風呂、ジェットバスを軽くハシゴして流す。
そして威風堂々と前を隠して露天風呂へ向かう。

ぬるめの源泉かけ流し風呂で疲れを癒したら、寝湯へと向かい、あおむけになる。
この際、不意に攻撃されるとまずいので、急所にタオルを置くスタイルをとっている。
そいつが俺のやり方、これが私の生きる道である。
ほどなく、隣に20代の社会人、会社の同僚と思しき男子2名がやってきた。

「彼女いるの?」
「いないよ」
「社内恋愛はどう?」
「ナシじゃないけど、めんどくさいよなあ」
「●●ちゃん、かわいくない?」
「うん、かわいい。名前もかわいい」
「名前かわいいよな」
「名前って大事だよね」
「××って名前、遊びまくってるイメージあるからヤダ」
「そうだね。語感似てる▲▲とかも遊んでるよ」
「関係ないけど俺は男なら■■って名前つけるな。かっこよくない?」
「いいね。俺は□□かな。野球やらせたい」

恋バナをし始めたと思ったら、そこを掘り下げることはなく女の子の名前の話になり、その偏見ぶりに思わず吹き出しそうになった。(でも、ちょっとそうかもと思わせるのだが…)

書籍などでは、男は話に結論を求め云々…
ということもよく目にするが、それはビジネスシーンにおいて理想とされる話し方であり、素っ裸のフルチン状態では、男も脈略なく気ままにしゃべるものだ。

逆に、男性同士の膠着した会議をフルチンで行うのはどうだろう。
胸襟を開いて…なんて言葉もあるが、ポコチン(註1)をさらけだして話し合うのだ。

「正直ベースで言うと、そのイシューが俺マターだったらリスケするべきだと思う。リスクヘッジとしてプロジェクトリーダーにエスカレするのがベターだろう」

新刊ビジネス書の企画もできた。
『会議革命 〜フルチンでビジネスも勃起する〜』
『フルチン・ブレスト! 〜アイデアは全裸<ゼロ>から生まれる〜』

さて、話をもとに戻そう。
男たちの恋バナを楽しむには、以下のような日帰り温泉がおすすめである。

(1)露天風呂の湯船が広い
(2)湯温がぬるい(40℃未満が望ましい)
(3)腰を掛けて半身浴できるような構造になっている
(4)空の抜け感がある。景色がよければ言うことなし

こうした条件の日帰り温泉では、きょうも男たちの恋バナがはずんでいる。

いっぽう今晩、女子たちは都心某所のパンケーキ屋でこんな話をしていることだろう。
「きのう、この前のコンパで会った人と、ごはん行ってきたよ」
「えっ、えっ、そうなんだ! どうだった? 楽しかった?」
「ハナシが長くてさあ、しかもつまんないんだよね。顔もタイプじゃないし」
「ふへー。きびしーなあ…」
「眠かったからニコニコして適当に相づちうってたら、勝手に盛り上がってった」
「あはは。合わせるのうまいもんね〜、さすがだよ。あたしにはできない」
「でさ。次の週末、映画いきませんか?って。さっきLINEきた」
「えー、どうするの?」
「まあもう1回くらいは行ってもいいかな、見たい映画だったし、暇だし」
「手とかつないできたら?」
「あームリムリ! そんなことされたら体調悪くなったことにして帰るわ」

その頃、都内某所の日帰り温泉。
「この前、一緒にいったコンパのさ、俺のストライクのあの子いたろ? メガネかけてた、童顔のショートヘアの子。 きのう飲みに行って話が盛り上がってさあ」
「マジか! 感触はどうだった?」
「つまんなそう、ってのは全っ然なくて! ずっと笑顔。それで、俺もどんどんすべらない話が出てくるんだよ。まさに神ってる状態だよ」
「それは脈ありすぎだろ、絶対行ける! いけって!」
「だよな、だよな! 」
「手つないじゃえよ、勢いで。そのまま、あとは流れで!」
「ああ〜やっべぇ! 息子が元気になってきたぞぉ〜!」
そして彼はゴジラのBGMを口ずさみながら、水面から息子を浮上させるのである。

すれ違う想い、それも恋。
女子がスイーツをほおばりながら冷静に男を批評する夜に、
男子は露天風呂につかりながらフルチンで大いに盛り上がっている。

(註1)
僕の勤務先の上司(50代)が男性の陰部を指すときの表現。なぜか頑としてこの言葉にこだわっている。その理由はいまだ開示されておらず、定例会議にかけられる予定もない。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-05-03 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事