ふるさとグランプリ

おいしい寿司を食べたければ騒がしい店を選ぶべし《ふるさとグランプリ》


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《日曜コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《日曜コース》

記事:なみ(ライティング・ゼミ平日コース)

 

「どこのお店にしようかな」

旅行先での食事選びは、結構悩みますよね。

スマートフォンで検索して、評価が高いお店を調べて行ってみても、なんだかいまいちだったり。

実際にそんなお店に行ってみると、長蛇の列で時間を無駄にしてしまったり。

でもせっかくの旅行だから、美味しい物を食べたい!

ですよね! せっかくの旅行だもの、おいしいお店に行きたいですよね!

分かりました、分かりました。

そんなあなたに、岩手県宮古市という港町で、新鮮な海鮮を食べて育った私が責任をもって、美味しいお寿司屋の見分け方、お教えします。

 

美味しい寿司屋、というと、代表格として東京銀座にあるような、静かな店内で食べる雰囲気を想像されると思います。

まるで伝統芸能を目の前で見せてもらっているような、熟練の職人さんの技を含めて楽しむ、まさに大人の空間といったところでしょうか。

都会の高級寿司店の売りは、なんといっても職人の腕前です。

多くの寿司ネタは、東京から遠く離れた場所から輸送されてきます。

しかし、長距離間の輸送だと、どうしても新鮮さが損なわれてしまいます。

その新鮮さを補うのが、職人さんの技術なのだと思います。

 

職人技に集中するには、やっぱり静かな店内がいいです。

では、地方でもやっぱり、がんこ寿司職人が黙って食えと注意してくるような、静かなお店がいいのでしょうか。

いいや、私の自論は真逆です。

地方における美味しい寿司屋選びのコツ、それは、騒がしいお店を選ぶべし、です。

店の外からも、店内の話し声が聞こえてくるくらいがベストです。

ちょっとくらい、どんちゃん騒ぎしている方が、いいかもしれません。

え、うるさくて嫌だ?

いいんです、ちょっとうるさいなと思うくらいが、良いお寿司屋の証です。

 

私が、騒がしいお寿司屋を勧めるには、理由があります。

その理由は、映画や舞台などに出演する役者を決める時の、オーディションを想像してもらえれば分かります。

アカデミー賞を受賞した映画、「ララランド」をご覧になりましたか?

この映画は、主人公が、女優志望であることもあり、彼女がオーディションを受けるシーンが何度も出てきます。

 

「ちょっとこんな演技をしてみて」

そう指示をされて、監督や脚本家の前で主人公は、演技を始めますが、ここで考えてほしいのは、主人公ではなく、監督等のクリエイター側の視点です。

監督たちの目は真剣です。

自分が精いっぱい想いを込めて作った作品の俳優選びは、映画や舞台そのものの出来を左右します。

監督や脚本家、演出家はプロです。

自分が手掛けた作品の役者選びは、真剣そのもの、必ず見届けたいものの一つでしょう。

 

役者とか、舞台とか言われても、なんだか遠い世界の話のような気もしますが、小学生、中学生の頃を思い出して、想像してみてください。

自分で描いた絵が、市内小中学生絵画展覧会に出品されることになったら、実際にその展覧会に見に行きたくなりませんか?

展覧会はどんな雰囲気の場所なのか。

他に選ばれた生徒の作品はどんなものなのか。

自分の作品は、どんな配置で飾られているか。

自分が手をかけて作った作品は、出来上がった状態まで見届けたいのが、クリエイターの心理なのかもしれません。

 

 

私がうるさい寿司屋を選ぶのを勧める理由は、そこにあります。

美味しいお寿司を食べたいのなら、美味しい寿司を創造するクリエイターが集まるお店に行け、ということです。

 

寿司でいうクリエイターとは?

技術が売りである、銀座の寿司屋の場合は、寿司職人です。

では、地方の場合は?

漁師です。

地方の寿司屋の売りは、何といっても新鮮さです。

ただ漁をするだけでなく、新鮮さを保つのも漁師の腕の見せ所なのです。

 

 

漁師の仕事は、命がけです。

きっと明日いつも通りに漁に出ますが、もしかしたら帰ってこれるかも分からない。

東日本大震災の通り、岩手県沿岸部は昔から津波が多い場所でありまして、漁中に津波が発生するリスクもあります。まさに命がけです。

実際、漁師に嫁いだ私の伯母は、東日本大震災で命を落としました。

漁場の近くに自宅を構えていた多くの漁師が、亡くなっています。

 

 

まさに仕事に命をかける漁師たちは、命を懸けて得た魚やウニ、ホタテの味を知っています。

本物の味を、その舌が覚えています。

命を懸けて自分たちでとってきたものを、わざわざまずいところで食べる義理はありません。

漁師が集まるお店こそ、当たりの店です。

美味しく調理してくれるところで、うまい酒を飲みたいんです。

 

もうお気づきですね、私が騒がしいお店を勧める理由に。

ちょっとうるさいお店の、声の主は、地元の漁師たちです。

命をかけて採ってきた魚たちを、大事に扱ってもらえて、おいしくしてもらえるお店。

そんな寿司屋に、漁師さんたちは集まります。

 

だから、地方の港町に行ったときは、うるさい店に行った方がいいんです。

舌の肥えた漁師さんたちが満足するお店。

命をかけても納得できる味。

そんなお店にぜひ、挑戦してみてください。

 

え、やっぱりうるさいって?

いいから騙されたと思って入ってみてください。

漁師たちの歌声もきっと、いい酒の肴になりますよ。

 

 

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《初回振替講座有/通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事