メディアグランプリ

セレブたちは交差点でハイタッチを交わす


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【6月開講申込みページ/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変える!「天狼院ライティング・ゼミ」《平日コース》〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜
【東京・福岡・京都・全国通信対応】《平日コース》

記事:まつしたひろみ(ライティング・ゼミ日曜コース)

 
 
「寝かしつけるのが大変なんだよねー」
「わかるわー。寝かしつけようとして、自分も一緒に寝ちゃって。ダンナが帰ってきても起きれなくて」
「うちの子は、寝かしつけなんてしたことないよ。自分で布団に入って、ゴロゴロしているうちに寝ちゃうみたい」
「えー、うらやましい!」
 
……入るスキマがない。ラップをきっちりかぶせたみたいに、少しのスキマもない。
クワトロなんとかっていうピザをくわえたまま、私は一時停止をしていた。話に入れないし、入りたくないし、どうしたらいいんだろう……。たぶん、マヌケな顔をしていたと思う。
ハッと我に返り、かじったピザを白ワインで流しこむ。
この会話は、わからないし、うらやましくもない。
いや、この会話ができる状況は、少し、うらやましい。
 
今日は「セレブ会」の予定だった。
 
「この前、かわいいワンピを買ったんだけど、着ていくところがなくてー」
「結婚式で着るのに買ったんじゃないの?」
「別に予定なし。でもかわいくて。だってオシャレしたいじゃん」
「オシャレもだけど、美味しいもの食べたい」
「あ、いいねー。行ってみたい店があるんだけどさ……」
 
会社に入って数年経った頃。
社会人になって、自分のために使えるお金にちょっとだけ余裕が出てきた。会社の同期の仲間と「オシャレしたい!」って話になった。でも、ただオシャレをして街を歩くだけじゃ、おもしろくない。
そして、美味しいものも食べたい。オシャレなお店や新しいお店は常にチェックして、みんなで休みを合わせて行っていた。でも、たまには、いつもよりちょっとだけ背伸びをしてみたい。
 
当時、海外ドラマのセックスアンドザシティーが流行っていた。仕事も恋愛も楽しく、女子同士で楽しく。ニューヨーカーの彼女たちがキラキラ見えた。
あんな風に、私たちもなりたい。
 
ドラマよりは1人多い同期5人で、ちょっと高級なドレスコードがあるようなお店に行く。ディナーはちょっと手が届かないし、どうせ行くなら恋人と行きたい。だから、ランチで、コース予算の目安は5000円。
そのときできる、精一杯のオシャレをして、高級店でセレブ気分を味わう。
5人で並んで、颯爽と歩くのは気分が良かった。
 
こんなふうに「セレブ会」は始まった。
最初は半年に一回くらい。具体的にいつ、なんてことは決めてなかったけど、誰からともなく「そろそろセレブ会、したいね」とか「次の誕生会はセレブ会にしようか」となんども開催された。
20代後半に、5人のうちの1人が寿退社をしても続いた。定期的な開催から、結婚のお祝いに、子供が産まれたお祝いに、と不定期な開催になっていったけれど、続いた。
 
今日は、セレブ会のはずだった。
 
初めてのセレブ会のときは、「誰が最初に結婚するんだろうね?」って話をしたけれど、結婚相手のことなんて現実味がなかった。
 
「セレブ会の日、ダンナが仕事になっちゃって、子供が預けられなくなっちゃった。もしよければ、うちに遊びに来ませんか? 新居に引っ越ししたので、広くなりました」
 
3週間ほど前、LINEが入った。じゃあ、そうしますか。と、新居訪問になった。
 
「小学校でさー」
「幼稚園がさー」
「おむつはとれた?」
 
8割が子供の話。残りの2割の話も、独身の私にはあまり興味のない話。
子供が嫌いなわけではないし、友達の子供たちは人懐っこくて、すごくかわいい。でも、結婚もしてなけりゃ、もちろん子供もいない私にとっては、未知の世界の話。国会中継を見ていた方が、よっぽどおもしろい。前のめりに話している友達とは対照的に、椅子の背もたれに体を預けて話を聞く。もう15年もの付き合いになる友達なのに、テレビドラマのワンシーンを見ているかのような気分になり、全く別の世界の人たちに見えた。
 
どこで、間違えちゃったんだろう?
颯爽とみんなで並んで歩いていたつもりだったのに、私だけ違う道を歩いている。
 
「もう、帰るわ」
「えー、もう帰っちゃうの?」
「うん、次の予定あるし」
 
予定があって、よかった。
予定がなくても「帰る」って言ってたかもしれない。
来るんじゃなかったかなー。予定を入れちゃったって、断ればよかったかなー。
 
私だけ、曲がる交差点を間違えたんだろうか?
左折と右折を間違えたんだろうか?
目的地とは反対方向に進んでしまっているんだろうか?
 
地下鉄の駅まで歩いている途中、昼からワインを飲んでぼんやりとした頭で空を見上げる。
「今日のワイン、美味しかったな」
 
私たちは集まると、よくワインを飲んだ。
ワインを何本も空けて、みんなで泥酔したこともあった。めちゃくちゃ酔っ払って、お互い叶わぬ悲しい恋を語って、手がつけられないくらい、号泣したこともあった。
あの恋は、悲しい恋だった。けど、決してみんな同じ恋じゃなかった。
 
私だけが違う道を歩いていた気がした。
でも、それは違っていて、並んで歩いていたけれど、みんながそれぞれの道を歩いていた。
セックスアンドザシティーの彼女たちは並んで歩いてはいたけれど、それぞれ違う道を進んでいた。それぞれが違う仕事をして、違う恋をして、みんな違う考え方をしていたように。
 
ドラマの中の世界に憧れていた。
憧れていた私たちも、そんな世界のようにそれぞれの生き方を楽しんでいる。
 
みんな、必死になって過ごしている。
ときどき、それぞれの道での出来事を報告するために集まる。
 
結婚して子供がいて、同じように見えるけど、専業主婦だったり、育休中だったり、独身時代と変わらずバリバリ働いていたり。彼女たちの今のこの時点で中心なのが、子育てや家庭であるだけ。
 
「もー、子供と一緒の昼間はイライラするよー!」
こんな口調はあの頃、会社の上司に対する口調と変わってない。
今、私は子育ての話題にはついていけなくて、コメントを残すことはできないけれど、「いいね!」のボタンを押すことはできる。
 
私たちも、それぞれの生き方を楽しんでいる。
 
個性が強すぎる私たちが、同じ道を生きるわけがない。
同じ道を歩いていなくても、違う道を違う方向に向かって走っていても、私たちは途中で会えるように待ち合わせをするし、交差点ですれ違うたびにハイタッチを交わす。
 
地下鉄を降り、携帯を見ると、LINEが入っていた。
「セレブ会、6/18でいいかなー? 場所は……」
 
おもいっきりオシャレをして、参加しよっと。
 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【6月開講/東京・福岡・京都・全国通信】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《5/28まで!10,000円分の特典付き先行受付!通信受講有》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-05-25 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事