メディアグランプリ

ぜんぶ、おっぱいだ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:十河有沙(ライティング・ゼミ平日コース)

 
 
「何か縮んだ?」
 
最近彼氏に言われた言葉だ。胸のことである。
 
遡ること3週間前。気づくと季節は夏になっており、薄着の女性とダイエット広告が目につくことが多くなっていた。
 
そうなると考えることはただひとつ、ダイエットだ。趣味がダイエットの私のスケジュールでは年中そのイベントが催されるが、夏は緊急度合いが違う。すべてが太陽の下にさらされてしまうのだ。
 
このままではやばい。着痩せする服ばかり選んでいないで夏らしい格好をしたい。生足、魅惑のマーメイドになりたい。
 
そこでダイエットを始めた。晩御飯をなるべく早めに済ますという簡単なダイエット方法だが、私にはこれが一番効く。順調に体重は減り、3週間ほどで2kg近く減った。達成感があった。
 
そんな時、通りすがりに彼氏にセクハラをされ、言われた言葉が「何か縮んだ?」だった。
 
そう、私はダイエットをすると胸から減っていくタイプ。愕然としながら「へ、減ってねーし」と中二男子がいきがるように弱みを隠し、その手を振り払った。怒るというよりバレた、という気持ちが強かった。
 
貧乳の私だが、コンプレックスは今までなかった。ないもんは仕方ないし、そういう体質なのだからどうしようもないじゃないかと開き直っていた。
 
それでも例えばおっぱいを泉に落としてしまったとして「あなたが落としたのはこの貧乳ですか?それともこの巨乳ですか?」と聞かれたら迷わず巨乳を選ぶくらいには憧れはある。
 
銭湯に行って大きいおっぱいの人がいたら迷わず目で追い、舐めるように見るくらいには憧れはある。
 
更衣室に巨乳の人がいたら率先して触らせてもらうくらいの憧れはある。
 
……訂正しよう、やはりコンプレックスはあるようだ。
 
そんな私が出会うべくして出会ったのが『ぼくの輪廻』という少女漫画だ。
 
少しだけあらすじを紹介させてもらおう。これは主人公の童貞漫画家とゲイの親友、巨乳アシスタントの三角関係を描いたというカオスな設定の作品だ。彼らは前世からの繋がりがあり、それと交錯して現代でもストーリーが進んでいく。
 
そしてこの漫画のキモとなる部分がおっぱい。
 
巨乳アシスタントの花撫はとにかく巨乳。主人公の乃木は童貞であることを恥ずかしがらず、むしろこれが俺の生き方なのだと誇っている節があるのだが、彼女の巨乳はつい無意識に手が伸びてしまうほど立派。
 
そして彼は前世から花撫、もとい彼女のおっぱいに夢中だった。彼女のために前世からゲイで親友だったアキラと体位の練習をするほど入れ込んでいたのだ。……しつこいようだが、これは少女漫画だ。
 
そんな『ぼくの輪廻』に描かれるおっぱいは荘厳。よく、どう見ても豊胸じゃねーか、というほどまん丸なおっぱいの描き方があるが、あれはあまりにも人工的すぎて引いてしまう。『ぼくの輪廻』のおっぱいはいい感じに垂れており、そこがまたリアルでいい。
 
最初はそんな花撫の立派なおっぱいにただただ圧倒され、嫉妬していたのだが、徐々に私の中にある言葉が浮かんでくるようになった。
 
ぜんぶ、おっぱいだ。
 
作中で乃木はとにかくおっぱいに翻弄される。とにかくおっぱいを揉みたい、吸い付きたいという欲望に駆られるのだが、彼は真面目なのでそんなふしだらなこと出来ない。なんせ20年ほど童貞を貫いている。目の前に巨乳美女が現れたくらいで壊れるようなアイデンディティではないのだ。
 
しかしそんな振り幅があるからこそおっぱいへの熱量が溢れた時はすごく、漫画家というアーティスト気質が手伝って素晴らしいおっぱいの表現方法をする。その無駄のない表現、乃木はまるでおっぱいソムリエのようだ。
 
そして彼の言葉を読んでいると、例え大きかろうが小さかろうがすべてのおっぱいが、もともと特別なオンリーワンで、みんな違ってみんないいものだと気づかされてくる。
 
ぜんぶ、おっぱいなのだ。
 
そう思わされるおっぱいへの情熱が作品には溢れている。
 
少し引っかかることに貧乳は登場せず、乃木がすべてのおっぱいはおっぱいであることだけで素晴らしいと思っているかは分からないが、そんなことどうでもいい、とにかくおっぱいは素晴らしいという明るい勢いがこの作品の素晴らしいところ。
 
読後感はもう、何かただ、おっぱい。悩んでることがバカらしくなるような読後感に、貧乳としては勇気付けられてしまう。おっぱいは、ただあるだけで素晴らしい。
 
そんな私の心の成長を知ってか知らずか、彼氏は「別に巨乳が好きって訳ではないなぁ」とテレビの巨乳グラドルを見ながら言う。「嘘つけー!」と思ったが、嘘ではないのだろう。巨乳が好きという訳ではないけれど貧乳でもOKという訳でもないというだけで。
 
彼の言葉を聞き、私がひとり、ぜんぶ、おっぱいだと悟ったところで周囲の男性はそうは思ってくれないらしいということに気づいたが、自分の気持ちが前向きでいられればそれでいいのだ。自分のおっぱいは自分のものだし。
 
すべての貧乳女子が落ち込んだ時には『ぼくの輪廻』という漫画があることを覚えておいてほしい。
 
ぜんぶ、おっぱいだ。
 
そう思わせてくれるおっぱいハイテンション漫画があることを。
 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜イベント参加チケットとオリジナルグッズ(¥7,916相当)プレゼント!《7/30まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-07-26 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事