メディアグランプリ

【内緒の話】 意中の彼を射止める方法


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:Shinji(ライティング・ゼミ日曜コース)

 

「温泉に入っていると、突然男性が入ってきました。あなたは体を隠しますか? それとも顔を隠しますか?」

男の僕からすると、完全に答えは「体を隠す」の一択に思えるが、実際は、「顔を隠す」と答える女性が多いらしい。
すっぴんを見られることが裸を見られることより恥ずかしいということなのか? それとも、自分が誰かバレないように顔を隠すのか?
ネイルアートの可愛さと並んで、「男が理解できない女性心理」の上位ランキング常連のテーマである。

なぜ、女性はノーメイク、いわゆる「すっぴん」を嫌がるのか?
なのに、どうしてSNSにすっぴん写真をアップするのか?
その際にどうして「すっぴん失礼!」と謝罪するのか?
すっぴんを嫌がるのに、化粧っ気がないように見えるナチュラルメイクなんて高等技術を駆使する人もいる。謎はますます深まるばかりだ。この謎を解き明かそうと考えているうちに、男性を高確率で射止める法則を見つけた。是非実践してもらいたい。

僕自身はすっぴんの女性が好きである。
まさに飾りのない素顔の部分を見れた気がして嬉しく思えたりする。
これを女性に言うと、「それは、すっぴんが好きなんじゃなくて、すっぴんの若くて可愛い子が好きなだけだろう!」と国会並みに問い詰められるが、実はちょっと違う。年齢や容姿はそこには関係ない。
もちろん誰のすっぴんでも好きなわけではない。すっぴん以前に、その女性に好意を持っているかがまずある。メイクをしていても興味がわかない人のすっぴんには、やはり興味がない。人が違えばストーカー扱いされる行為も、好意を持っている相手からの行為なら「強引な人」とポジティブ要因として認定される場合があるのと同じである。
ただ、今まで興味を持っていなかったのに、すっぴんを見て、急に気になり始める事があることも否定できない。しかも、その確率は高い。例えるならば、男性の無精ひげに色気を感じる女性がいるようなものだろうか?

もしかすると女性も、興味のない人に対しては、素顔を見られることを気にしないのではないか? とも思える。たまに、すっぴんを見られることを嫌がっていないと思わざるを得ない女性もいるからだ。
10年前に京都から大阪まで通勤していた頃の話だ。
京都四条から大阪天満橋まで京阪電車で片道45分の道のり。
毎日通っていると、いつも乗る車両も席も決まってくる。
僕が四条駅から乗車して同じ時間の決まった車両の決まった座席に座ると、2駅先から毎日乗り込んできて、僕の目の前に必ず座る女性がいた。
その女性は毎朝乗車してくるときには完全すっぴん。
僕の目の前に座って、化粧を始めるのが日課だった。
さすがに毎日見ていると、メイクの手順もわかってくる。中身まではわからないが、4種類の液体や粉を顔に塗り、続いて無地のキャンバスに眉毛を描き、次に2種類の細い筆を使って目元に線を引く。ここでペットボトルのお茶を一口飲んでから、専用器具を取り出してまつげをクリンとさせる。ここまでくるとほぼ完成らしく、知人が見ても「あっ、おはようございます」と認識できるだろう。最後に口紅を塗って完成。控えめに言っても別人の出来上がりである。時を同じくして、ちょうど天満橋駅に到着して変身後の彼女は降車して行く。
その時間配分たるや完璧で、計ったことはないが、おそらく寸分の違いもなく同じペースで同じ工程をこなしているように思えた。
1年くらいたつと、僕もその時間配分を理解し始め、電車で居眠りをしていても、起きた時の彼女のメイクの工程と仕上がり具合を見て、電車が今どのあたりを走っているのか解るくらいになった。
もし、電車が途中で急ブレーキをかけたらどうするんだろう?
眉毛の途中ならデビルマンのような眉毛になってしまうかもしれない。
口紅工程の途中ならスティックが鼻に入ってしまうかもしれない。
そんなリスクも顧みず僕の目の前で毎日メイク教室を開催してくれる彼女を見ながら、女性はつくづく大変だな、と思ったのと同時に、電車内で多くの人にすっぴんを見られていることは気にしないのか? と疑問を感じていた。

これは男に例えると何に当たるだろうと考えてみると、おそらく「暇」と言われることに似ている気がする。
男はなぜか「忙しいフリ」をする人が多い。
暇を持て余していると思われるのが嫌なのだ。そのくせ自分では「暇だから」と言う。これは自ら先手を打つことで、暗に「言わないでほしい」と伝えているのだ。
食事やデートに誘った時や、メールした時、女性に「暇なの?」と聞かれることが一番ダメージの大きいパンチだ。
その時、たとえそう思っても、言わないであげてほしい。なぜなら、大抵の場合、図星だから。
「忙しいと思われたい病」は持病なので、患部はそっとしておいてあげてほしい。
相手に興味がなかったり、迷惑に思っているなら、傷口に塩を塗るのも良いかもしれないが、もし意中の人に誘われたり、または誘おうと思っているならば、こうしてほしい。

「暇」と言う言葉を「忙しい」という言葉に置き換える。

気になる男性に誘われた時、もしくは誘う時に「暇なの?」と正解を言う代わりに「忙しくないの?」と聞く。
「明日暇?」ではなく、「明日忙しくない?」と聞く。さらに高得点を狙うなら「いつも忙しそうだから」と付け加えると、確率はさらにぐっと上がる。

覚えておいてほしい。男に「暇なの?」と聞くのは、「あれ? 今日すっぴん?」と聞かれるのと同じだ。

 

 

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座1講座(90分×2コマ)《9/18まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-09-13 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事