メディアグランプリ

天狼院ライティングゼミの門を叩いて人生変わったのか?


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:hide(ライティング・ゼミ平日コース)

 
 
「このままではダメだ」
文章をいくら書いてみても人に読んでもらえるような文章を書くことができない。
自分が書いてみた文章を読み返してみても全然面白くない。
自分の文才の無さに絶望しながらもどうにか人に読んでもらえる文章を書けるようになりたいと悩む日々が続いていた。
 
そんなある日、たまたまネットサーフィンをしていたら天狼院でライティング講座の募集を目にとまった。
「人生を変えるライティングゼミ・・・・・・。ライティングの講座で本当に人生変わるのか?」
 
半信半疑のまま逡巡していましたが、このまま独学で文章を書いていても上達しないことは明白でした。人生変わるかどうかはわからないが、思い切って文章の道場に入門してみようと覚悟を決めました。
勢いに身を任せて天狼院ライティングゼミの門をたたいたのです。
 
天狼院のライティングゼミを受講する前もブログで文章を書く練習をしていましたが、とても文章と呼べるようなものではなく読み返してみても書いた自分が恥ずかしくなるくらい拙い文章でした。
どうにか読み手に伝わるような文章を書けるようになりたいと文章を書く講座を探していたところ出会ったのが天狼院のライティングゼミだったのです。
 
天狼院の講座はまるで空手の道場のようなところに入門しているような感覚でした。
空手の道場も最初は徹底的に型の練習をして、身体感覚で型を身につけるように練習します。
型が身体に身につくまで実践をして試合にのぞまなければ怪我をしてしまいます。
天狼院のライティングゼミも同じように文章を書くための型が身体感覚で身につくまで文章を書いてフィードバックをもらいます。
何度もフィードバックをもらっていると、私がこれまで書いてきた文章は型を身につけずに実践にでていたようなものだったと思い知らされました。
 
型を身につけずに思い付きのままで空手をやっていても実践でボコボコにされてしまいます。また、観客も無茶苦茶な型で空手をする姿を見ていても全く感銘をうけません。
私が天狼院のライティングゼミを受講する前に書いていた文章は型を無視して書いていた文章だったので読み手を魅了しない退屈な文章になってしまっていたと思います。
 
天狼院のライティングゼミを受講していると、生まれ持った才能を持ち合わせている人でない限り、文章を書くためにはしっかりとした型を身につけてから書き始めることが大切だと気づくことができました。
 
天狼院という型を身につける道場に入門したとはいえ、そんなに簡単に型が身につくはずもありません。毎週文章を書いてフィードバックをもらうといかに文章としての型を身につけるのが難しいかに気がつきます。
 
毎週文章を書いていくと自分が文章を書く上で欠けているところが浮き彫りになってきます。
私はどうしても恰好良く思われたいという邪念が働いてしまうので、思うように文章が書けないというのが大きな弱点でした。
空手でいうと人から格好よく思われたいと思いすぎて身体に力が入り過ぎているようなものです。
 
ちゃんとした型も身についていないのに格好いい文章も何もあったものではないのですが、どうしても自分が書いた文章が人からどう思われるのかが気になってしまいます。
自分が思っていることや感じていることを素直に表現できずに人が読んで当たり障りのないような文章を書いてしまうのです。
こうして書いた文章はどこか血の通っていない文章を量産してしまうことになり、毎週のフィードバックで読みにくい文章という評価を受けてしまいます。
 
繰り返しになりますが、型も身についていないのに格好いい文章など書けるわけがないのです。
また、大した量の文章も書いていないのに上手い文章が書けることなどあるはずがないのです。
同じ天狼院のライティングゼミで学んでいるゼミ生の中には一週間毎日文章を書いてその中で選りすぐりの文章をフィードバックしてもらっている人もいると聞きます。
私は、一週間かけてようやく一つの文章を書き上げるというレベルでしかありません。圧倒的に練習量も足りていなかったのです。
こんな状態では格好いい文章など書けるはずもないという当たり前すぎることに気が付きました。
 
実践にでる前の練習試合ですら戦える状態ではなかったのです。
天狼院に通わずに自分一人で考えていてもいったい自分が書く文章のどこがまずいのかを気づくには時間がかかっていたと思います。
 
こうして天狼院のライティングゼミに入門して、自分が足りていなかったものがどんどん浮き彫りになっていきました。
まだ入門したてでやっと文章を書くための型がどのようなものかを理解し始めたところかと思います。文章を書くための型を身体で覚えるまではまだ時間がかかるかもしれません。
けれども、自分が文章を書くために欠けていたものを短期間で気づくことができたことが非常に大きかったように思います。
 
では、天狼院のライティングゼミに通ってみて人生が変わったのか?
間違いなく言えることは、天狼院に通わなければ人生は何一つ変わっていませんでした。天狼院のライティングゼミを受講していきなり人生が劇的に変わるという夢物語ではありませんでしたが、人生を変えるための第一歩は確実に進めたのではないかと思っています。
 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【10月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《9/28まで特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-09-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事