メディアグランプリ

婚活パーティーは、コンビニじゃない。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
記事:近藤裕也(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
 
「あのっ……ごめんなさい。私、今そのっ、恋人とかそういうの……考えてなくって」
 
咲ちゃんは手を軽く握り、突き出た人差し指の第二関節を唇に当て、困った表情で俯いていた。
僕と彼女の間には、呼吸をするには少し心地悪い空気が漂っている。
 
きっとこのシーンを見た9割以上の方が、「告白してフラれた」シーンを想像するはずだ。
実際そうだし、純粋にそうであれば、何も問題はなかった。
しかし1つだけ、納得のいかない問題がある。それはこの「フラれたシーン」についてだ。
 
僕が彼女にフラれたこのシーンは、「婚活パーティーの会場」での1コマなのだ。
 
 
僕はこの日、繁華街のビルの屋上で開催されていた婚活パーティーに参加した。
参加者は20〜30代の男女25人、合計50人。受付でもらった自己紹介カードを記載していた時に、目の前に座ったのが彼女・咲ちゃんだった。
白いワンピースと肩から掛けた紺色のカーディガンが、流行りに敏感な若さを象徴している。
茶色がかった肩までの髪が艶っぽく、タオルで無造作に乾かしたようなパーマで女性らしい色気を醸し出す彼女に、僕は自然とハートの矢の照準を合わせていた。
 
パーティー開始後は、すぐに咲ちゃんに声をかけた。
話の内容は他愛もなかったが、彼女は僕の話に耳を傾け、楽しんでくれている。
他の参加者たちが自己紹介カードを交換しながら、用意された24個の出会いを吟味している中、僕は彼女とのひと時を満喫していた。
 
 
「は〜い、では気になる方と、連絡先を交換してくださいね〜!」
 
彼女との話に夢中で、気がつくと司会者がパーティーの終盤を知らせていた。
たちまち美人の参加者に多くの男性参加者が群がり、我先にと言わんばかりに紹介カードを掲げて争っている。
僕はそんな彼らを横目に、連絡先カードに自分のLINEのIDを書き、咲ちゃんに渡した。
 
「咲ちゃん、今日は楽しかったよ。これ、僕の連絡先。良かったら連絡してよ」
 
「えっ、本当に!? ありがとう、嬉しい〜!」
 
彼女が見せた「女の表情」に、僕は勝利を確信した。頭上には、青い空と下心が広がっている。
「ラブストーリーは突然に」とは有名なフレーズだが、本当にその通りだ。今日、この時、この場所で、咲ちゃんに出会えていなかったら、僕らはいつまでも見知らぬ2人のままだった。
 
 
しかしそんな僕の確信も虚しく、悲劇はもうすでに、始まっていたのだ。
 
「咲ちゃん、よかったらこの後、デートにでもーー」「えっ?」
 
咲ちゃんは急に、丁寧に書かれた眉毛をハの字型に変え、僕の言葉を遮った。
 
「えっ? あっいや、この後時間あるかな? よかったら、お茶でもーー」
 
この後、カフェでお茶をする。
それから、お気に入りのイタリアンレストランに連れて行こうか。
そんなことを考えながら放った言葉をまたも遮り、彼女はその口を開いた。
 
「あのっ……ごめんなさい。私、今そのっ、恋人とかそういうの……考えてなくって」
 
この時、僕が大きな戸惑いを感じたことは、言うまでもない。
彼女は出会いを求めていたが、僕がタイプの男性ではない、というのであれば理解できる。
でも彼女は間違いなく、「恋人は探していない」という意味の言葉を口にした。
 
「えっ、じゃあ何で今日、参加したの?」
 
「異性のお友達が欲しくって……今まで男友達とか、あんまりいなかったから……」
 
なるほど……いや、ちょっと待て。
この会は紛れもなく「婚活パーティー」だ。婚活パーティーとは、「未来の恋人との出会い」を探しにくる場であり、「友達との出会い」を探しにくる場所ではない。
確かに、」「恋人」と「友達」も「出会い」というキーワードで繋げられるが、内容は全くの別ものだ。
 
 
ただ、ふと考えてみた。
彼女はもしや、婚活パーティーを「コンビニ」と勘違いしているのではないだろうか。
 
最近のコンビニは便利で、飲食品から文具、衛生用品、衣類まで、幅広く販売されている。
それらは「生活必需品」という括りで販売されており、言うなればコンビニは「生活必需品の専門店」として認識されている。
 
しかし厳密に言うと、コンビニはそれ故に「専門店」ではない。
なぜなら、飲食品だけを扱っているわけでもなければ、衛生用品だけを扱っているわけでもないからだ。
「生活用品」という大きな分野においては専門店だが、飲食品や衛生用品だけを取り扱う専門店ではない。その観点で言うと、コンビニは「生活必需品のセレクトショップ」なのだ。
 
しかし彼女は、婚活パーティーを「出会い全般の専門店」という大きな枠で捉え、「ここにはたくさんの男性がいるから、友達を探している男性もいる」という感覚で参加してしまった。
ところが、婚活パーティーとは「出会い」の専門店ではあるが、その中でも「恋愛」という商品しか取り扱いがなく、「友達」という商品は、生憎販売していない。
 
だからこそ、彼女が足を運ぶべきだったのは「婚活パーティー」ではなく、「社会人サークル」や「クラブイベント」、「オフ会」のような「出会いのセレクトショップ」だったのだ。
そこには、友達作りを目的にする人もいれば、恋の期待感を抱えて参加する人もいる。
そこであれば、彼女も自分の目的を達成することができただろう。
 
しかし僕は、……いや、ここにいた男性はいずれも、「友達作り」のために婚活パーティーに参加したわけではない。「恋人作り」のために、安くもないお金と時間を投資しているのだ。
だからこそ、僕が「デート」というキーワードを口にした瞬間、彼女の中で違和感が生じた。
その結果、僕と咲ちゃんとの間に、大きなミスマッチが生まれてしまったのだ。
 
それから咲ちゃんとカフェに行くこともなければ、彼女から連絡が来ることもなかった。
外を見上げると、先ほどまでの青空がすっかり夜の深さに隠れ、それと同時に僕の頭に描かれたラブストーリーのシナリオも、行き先を無くしたかのように黒く染まり切っていた。
咲ちゃんと一緒に行く予定だったレストランが、ちょうどカップルたちで賑わい出している。
あそこに気になる女性を連れていくのは、もう少し先の予定になりそうだな。
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座2講座(90分×2コマ)《11/5まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2017-11-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事