メディアグランプリ

新春、女子のお財布占い~ケイト・スペードの財布を持ってる女にはたいてい彼氏がいる~


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

新春、女子のお財布占い~ケイト・スペードの財布を持ってる女にはたいてい彼氏がいる~

記事:中村雪絵(ライティング・ゼミ日曜コース)

「あーっ! やっぱりそうかぁ!」
私はたまらず声をあげた。
「ねえそれケイト・スペード? ケイト・スペード?」
「は、はい、そうですけど……」
それを聞いて思わず、にやりとする。
私の読みは、やはり当たりだ。
ケイト・スペードの財布を持ってる女にはたいてい彼氏がいる。
しかもエナメル素材のベージュでリボンがあしらわれたデザインのものを持ってる女は『いい男の彼氏』がいる。

私が『お財布占い』を始めたのは三年くらい前のことだ。
自分がお財布を買うために、人がどういうお財布を持っているのか観察するうちに、あることに気がついた。

『お財布』を見ればその持ち主がどういう人かだいたいわかる。

ただ、男性の場合はお財布のデザインに多様性がないためこの占いはあまり当てはまらないのだが、女性の場合は割とあてはまることが多いと思う。
あくまでこの占いは、私の洞察に基づいた独断と偏見なのだが、会う人会う人の財布をガン見してきたのでデータ量だけはちょっと自信がある。
占いが統計学だとするならば、占星術、風水、姓名判断などの仲間にぜひこの『お財布占い』を入れていただきたい。
未来は占えないが、その人の性格や、趣向、現状ならば、なんとなくだが分かるのだ。

まず財布の色を見ると、その人の『キャラクター』が分かる。

黒を選ぶ人は表向きしっかりものが多い。男前で頼れるが、ふとした時に乙女を大爆発させる。あと頑固な人が多い。

白を選ぶ人は可愛い人が多い。すごくモテるのに彼氏いない率高め。性格の良い策略家が多い。

ピンクを選ぶ人はやっぱり女子女子していて基本的に優しい。結婚願望ちょい強めで、彼氏保有率は半々。

ベージュを選ぶ人はバランスのとれた人が多い。出過ぎず引っ込み過ぎず。あまり大それたことはしないが、適応能力が高い。

黄色を選ぶ人はスピリチュアルが好きな人が多い。ペットを飼っている人が多く、おおらか。

赤を選ぶ人は頑固者だが可愛らしい人が多い。マイペース。

金色を選ぶ人は意識が高い、もしくは意識高い系。好きなものに対するこだわりが強い。

皆さまのお財布はどうだろうか?
ビビットカラーや白、黒などハッキリした色ほど主張が強く、ベージュやピンクなどの中間色や淡い色ほど周りに合わせる傾向にある。

そして、次はデザイン。これでキャラクターをより定めていく。
リボンモチーフだと女子度が通常の二倍、エナメル素材はちょっと自信家、ラウンドジップなら現実主義者、がま口は古風な場合が多い。

最後はブランドを見る。これでその人の『趣向』がわかる。

ケイト・スペードを選ぶ人は、調和を重んじる。

ミュウミュウを選ぶ人は美意識が高く、美しさ、可愛さにこだわりを持つ。

サマンサタバサを選ぶ人はちょっとミーハーで流行りものに弱い。

ヴィトンを選ぶ人は手堅く、貯金が趣味の人が多い。

グッチを選ぶ人は目立ちたがり屋が多く、ルックスにも気を配る。

ノーブランドの人はこだわりがなくあっさりしているが自分を曲げない人が多い。

そして、色、デザイン、ブランドを組み合わせると、その人がどういう人かだいたいわかる。
例えばヴィトンのピンク、ラウンドジップなら『女子女子してるけど手堅く、現実主義者』となり、
ケイト・スペードのベージュでリボンモチーフ、エナメル素材なら『周りとの調和をはかる、女子度高めのちょっと自信家』となる。

当たっているような気がしていただけたら、とてもうれしい。

お財布は洋服と違って体型を選ばない。
しかも似合う、似合わないというのがあまりない上、デザインが豊富でかつ毎日使うものなので、その人のセンスが反映されやすいのだ。
さらに、お財布の使い込まれ方や使用期間、状態などで、金銭感覚や生活、几帳面かだらしないかもわかる。
あくまで独断と偏見なのだが、お財布はその人の分身だ。

さて、皆さまのお財布はいかがだっただろうか?
ただ、ここで注意したいのは
『なりたいキャラのお財布を買っても、別になれるわけではない』ということ。

私はケイト・スペードを持ってる女子みたいになりたくてケイト・スペードのお財布を買ったのだが、ケイト・スペード系女子にはなれなかった。

この『お財布占い』は自己分析と他者分析の一部として、面白半分でお役立ていただけたら幸いである。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜選べる特別講座2講座(90分×2コマ)《1/12まで早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-01-11 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事