メディアグランプリ

やさしい言葉をあつめる理由


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:木村なほこ(ライティング・ゼミ特講)
 
先日行った博物館には、外国人のお客さんも多かった。
その展示の内容を、係りの人が説明をしていたのだけど、アジア系の親子連れにも、やさしい日本語で説明をしていたのを見かけた。
その親子連れはおそらくベトナムあたりの出身のようで、きっと英語で無理して説明するより、お父さんが少し日本語がわかるようだったから、日本語で説明を、という判断だったのだろう。
ゆっくりと、わかりやすい言葉をさがして話すその人は、とても優しく見えた。
そのお父さんは、それを更に子供に説明してあげていて、ほほえましい光景だった。
英語だけが外国語じゃないよな、と改めて感じたできごとだった。
 
街中で、外国人を見かけることも多いこの頃。
日本に住んでいる人も増えているのだろうけど、観光客であっても、けっこう日本語を勉強しているのか、カタコトでも話してくれる人も多い。
外国人に道を聞かれて、あわてて、顔の前で左右に手を振ったりして、ノーノ―、英語しゃべれない! なんていう光景は、最近見ていない気がする。
スマホの翻訳アプリも活躍しているのかもしれない。
そして、また英語圏の国以外から来ている人も多い。
 
最近になって、ある団体の活動を知った。
外国にルーツを持つ子供たちの教育を、支援する団体だ。
親の仕事の都合などで日本に来たけれど、ほとんど日本語が話せない。学校には行っているけれど、言葉の問題で友達が出来づらく、また授業も理解できない、という子供たちが、かなりいるのだという。
また、その親も、十分に日本語を理解できていない場合、学校とのコミュニケーションが難しく、お知らせのプリントなどもらっても、良く意味が分からず、準備が出来ないと言った問題もあるようだ。
そんな子供たちに、言葉とともに勉強を教えたり、親には、日本の学校とのコミュニケーションについて具体的に教えたり、そういう活動を行っているというのだ。
普通の公立の学校では、なかなかきめ細かいケアは難しいのだろうな、とは思う。
だけど、外国人が増えている、この最近の状況を見ると、なんとかしないといけない、という感じもする。
 
地方自治体では、災害が発生したときなどに、日本語が得意ではない外国人が情報不足にならないように、と「やさしい日本語」についての冊子を作ったりする取り組みをしているところもある。
「やさしい日本語」とは、たとえば
「記入する」ではなく「書く」、
「土足厳禁」ではなく「靴を脱いでください」、
「いらっしゃいますか」ではなく「いますか」、
などだ。
できるだけ、熟語を使わず、わかりにくい敬語も使わない。
 
考えて見れば、べつにいつでも、このやさしい日本語でいいんじゃないだろうか。
外国人だけでなく、子供にもわかりやすいし、大人だって不都合はない。
社会人になると、なんとなく難しい言葉や漢字を使った方が格調高い気がするのか、あえてそういう言葉遣いになってくる。
私も、「ご検討の程よろしくお願い申し上げます」などどやっている。
もちろん、論文を書くときなどは、専門用語もあるし、それなりの文体があるとは思う。
そして敬語は使えた方がいいし、美しい言葉だと、私も思う。
だけど、できるだけ理解されやすい日本語、というのも、大事なことだと思うのだ。
「伝わる」ということを第一に考えるならば、これも敬語が使えるのと同じくらい、とっさに使いこなせた方がいい。
 
最近は私も、文章を書くときに、読みやすさ、わかりやすい言葉づかいを意識するようになった。
やさしい言葉を使う、というのは、別に難しい言葉を知らないからではなく、もちろんレベルが低いということでもない。
読みやすく、そして誰にでも伝わるように書くというのは、慣れないと、かえって難しい。
やさしさが伝わるような言葉で、それでいて中身はしっかり詰まっていて新しい気づきをもらえる、そんな文章に出会ったとき、私は感心してしまう。
難しいことを難しい言葉を使って説明できるのは、ある意味当たり前かもしれない。
やさしい言葉で、複雑な、難しいことを表現するのは、本当に大変だ。
私はいつも、ここで四苦八苦する。
そう、ここでも「四苦八苦」なんて言葉を使ってしまう。
やさしい言葉づかいで、あらゆることを表現できるマスターになれたら。
子供にも、外国人にも伝わりやすく、普通の大人の日本人の心を打つような言葉をつかえたら。
それは最強ではないだろうか。
敬語は難しい。でもそれは単なるルールだから、覚えてしまえば難しくない。
英語よりも敬語よりも、やさしい言葉。
私は今、この「やさしい言葉」を使いこなして思い通りに表現できるように、特訓中である。
特訓とは、特別に集中して練習している、というところかな。
 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《3/25までの早期特典有り!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-03-23 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事