メディアグランプリ

1才2か月の娘はチャンスを掴む達人


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:諏訪太郎(ライティングゼミ・平日コース)

 
 
「チャンスは一瞬だけ」とよく言われる。
だか、大人になるにつれて、チャンスを逃してしまうことが多くなる。
チャンスをものにするために大切なこととは、何なのだろうか?
 
私の1才2か月の娘は、チャンスをものにする達人だ。
先日も大きなチャンスをものにした。
 
それは、ショッピングセンターの子供広場に行った時のことだった。
休日と言うこともあり、小学生ぐらいの大きな子も遊んでいた。
大きな子たちが飛び跳ねたり、走ったりして遊んでいたので、いつも以上に注意して娘を見ていた。
 
「キャキャ」言いながら、楽しそうに遊んでいる娘。
その時、私のスマホが鳴った。
仕事の要件だといけないので、スマホをポケットから取り出し、画面を見た。
 
その時だった!
 
その間、ほんの1秒か2秒だったと思う。
「ゴーン」と大きな音が鳴り響いた。
「えっ」とおもい娘を見ると、娘は仰向けの状態でひっくり返っていた。
何が起きているのか分からずに、頭が真っ白になる私。
 
「えーん」
次の瞬間、娘の大きな鳴き声が響き渡った。
慌てて娘を抱っこして、たんこぶが出来ていないか確かめる。
 
目を離した1、2秒に何が起こったのか?
椅子に登ろうとして、ひっくり返ったのではないだろうか?
 
そして、思ったことがある。
「この瞬間を狙っていたな」
 
前にも同じようなことがあった。
私が見ている時は椅子の上で楽しそうに遊んでいた。
私がほんの数秒目をそらした隙に椅子から落ちたのだ。
 
私が見ている所でやろうとすれば、私が止める。
娘もそれが分かっているのだ。
だから私が目を離した瞬間を狙っていたのだ。
一瞬のチャンスを逃さない娘の直感は、なかなかのものだ。
 
娘の直感をみて感じたことがある。
大人になると、一瞬のチャンスを逃さない直感が鈍くなるなと言うことだ。
 
私は一瞬のチャンスを逃して悔やんでいることがある。
20代の頃やっていた転職活動についてだ。
 
私は社会保険労務士試験に合格して、人事の仕事がしたいと転職活動を始めた。
もうすぐ30才。
今まで現場で働いてきて人事の経験はない。
もし私が人事だったら、即戦力にならない私の様な人材は採用しないだろう。
 
私は諦めずに何十社にも履歴書を送った。
面接をしてくれる会社はほとんどなかった。
それでも苦労して取った資格を活かしたいとの思いから、転職活動を続けた。
 
半年ぐらい転職活動をしていると、奇跡が訪れた。
私のことを気に入ってくれる会社が現れたのだ。
1次面接、2次面接と順調に合格をして、ついに社長面接にまでこぎつけた。
そして、無理だと思われていた内定をもらうことが出来たのだ。
 
自分がやりたいと思っていた、人事部での採用だった。
こんなチャンスは2度とないと自分でも分かっていた。
普通ならば、すぐに転職を決めるだろう。
しかし、私は迷っていた。
 
「給料が思っていたのより安い」
「残業が多いかも」
「もっといい会社があるかもしれない」
あれだけ人事の仕事をしたいと頑張ってきたのに、まるで断る理由を探しているようだった。
 
私は怖かった。
転職後の生活が想像できなかったからだ。
今よりも良い生活になるかもしれないし、悪い生活になるかもしれない。
採用が決まり転職が現実になると、今まで考えていなかったことを考えるようになり、動けなくなってしまったのだ。
 
結局、私は転職の話を断ってしまう。
目の前にあるチャンスを逃してしまったのだ。
 
チャンスは一瞬だけ
後悔は一生もの
勇気は一瞬だけ
得るものは一生もの
と言う言葉を聞いたことがある。
 
娘は私の目を盗んで、日々チャンスをものにしている。
そのチャンスから成功を掴み、喜んでいることもあるだろう。
反対に失敗をして痛い思いをしていることもあるだろう。
結果は重要ではないのだ。
チャンスをものにして、チャレンジすることが大切なのだ。
 
でも、後悔の気持ちは全くないだろう。
逆に、チャンスをものにした満足感しかないのではないだろうか?
 
大人になると、チャンスをものにするためにチェレンジするよりも、チャレンジが成功するか、失敗するかばかり考えるようになる。
考えすぎるから、チャンスが通り過ぎてしまうのだ。
 
でも、チャレンジしてみなければ、成功するか、失敗するかは分からない。
でも、1つだけ言えることは、チャレンジすることで結果はどうあれ前に進む。
少しでも前に進むことで、また新しいチャンスが来る。
そんな小さなチャンスをコツコツと積み重ねていく人が、成功者と言われるのだ。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-04-19 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事