メディアグランプリ

仲良き事は本当に幸せか


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:駒井美代 (ライテイング・ゼミ日曜コース)

 
 
離婚率が高くなっている日本
夫婦仲が良い人は幸せなのか、少しみてみたい。
 
叔父夫婦は小学校からの同級生、幼馴染の仲良し夫婦である。
叔父は昔バンドを組んでいて、かっこよかったらしい。
叔母がある人との婚約を破断にして、叔父と結婚したと、従弟から聞いた。
高齢になった今でも毎朝二人で散歩しているラヴラヴ夫婦である。
しかし高齢ゆえに、二人とも耳が遠くなっている。
家に遊びに行くと大きな声で話しているし、テレビの音も大きい。
私も思わず大声になる。
お互い話がかみ合わなくても困ったことは起こらない。
長年連れ添った夫婦の不思議だ。
 
先頃高齢の叔父に動脈瘤が見つかり入院した。
もちろん叔母は毎日見舞いに行っている。
私がお見舞いに行った時、叔母が病院の廊下で転んだ。
疲れているのかなと私は思った。
その翌日叔母が家で倒れているのを、息子である従弟が見つけ、緊急入院となった。
発見が早く命に別状はなかったが、今二人で入院している。
仲が良い夫婦とは、良い時は良いが、悪いことも一緒である。
しかし従弟は大変だ、仕事を休職して看護している。
 
さて我が両親の話。
子供も社会人、家のローンも払い終わり、会話の少なくなった普通の老夫婦。
で犬を飼いだし、二人と一匹で散歩を日課にしていた。
父は、「近所から仲が好いと思われる」と照れていた。
会話が無い両親しか知らなかったが、私に小さい時の記憶がないだけで、犬の可愛がり方から、協力して子育てしていたのだなと、娘の私は胸が熱くなった。
お互いわかっているので会話が必要なかっただけだ。
 
しかし母が、足が痛いとか、物忘れがひどくなるとともに、父の体調も悪くなった。
いま思うと、父は母の無い人生は無かったのだろう。
一方母は、父の仕事が固かったので結婚を決めたと経済優先 と言っていたが
父が亡くなると、「あんな優しいお父さんが死ぬなんて、どうして私を残して逝ったの」と仏壇に話しかけている。
私が寿命だというと、ああまた同じことを繰り返し言っている。
仲が良いということは、壮年は楽しいが、老年になると寂しくなるようだ。

仲良き事は美しき哉と 文豪武者小路実篤も書いている。
しかし仲良い故に会えないときの寂しさは大きい。
死なない人はいない、いつかは別れがやってくる。
かといって、さびしくなるから、人と仲良くならないということはこの世ではさびしい。
さびしいから人と仲良くする。
どちらが先か、矛盾している。
仲良きことと、さびしさは、仲の良い夫婦。
良いこともあれば、悪いこともある。
まるで二つで一つのようだ。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-04-27 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事