メディアグランプリ

ライティング・ゼミで、人生は変わらない


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:玉木裕子(ライティング・ゼミ平日コース)

 
 
「これは、人生が変わる気がするぞ~!」
心の中で、そんなことを思いながら、私はパソコンのキーボードをパチパチ鳴らして文章を書いていた。
 
ある冬の日に、私は、運命の広告に出会った。
「人生を変えるライティング・ゼミ」
天狼院書店という本屋さんが主催する、文章を書くための教室らしい。
人生を変えるって、言い切られると、怪しいの通り越して気持ち良いなあ……。
「よし、これで人生が変わったら、儲けもんやな!」
ダメで元々、興味があるならやっちゃお! ぐらいのテンションで、ライティングゼミを受けてみることにした。
「文章を書く」ということに、ずっと憧れもあったし、何よりも「人生を変える」という大げさで、ちょっと胡散臭い言葉に魅かれている私がいた。
 
「ライティング・ゼミ」は、4カ月間。
月2回の講義と、週一回、2,000字の文章を書いて提出する。
その文章を、スタッフさんが添削してくれて、合格であれば天狼院書店のウェブサイトに掲載される。
「ウェブに掲載されるのは、最後の月の4回中、3回でいいよ。それまでは、全然載らなくても大丈夫だから」
講師の三浦さんは、初回の講義から、何度も何度もこのフレーズを繰り返す。
「とにかく、1回目は出しちゃった方がいいよ。出しにくくなるから」とも。
 
大人の教室だから、文章の提出は、義務ではない。出さなければペナルティ、も、ない。
出さなければ、「人生が変わる」から遠のいていくだけ。
だから、私は、とにかく、「毎週、提出する」
これを目標にしよう、と、決めた。
 
講義の内容は、頭では理解できるけれど、実際に、書くことは、とても難しい。
「最後まで読んでもらえる2,000字の文章」に挫けながらも、8回目の提出を迎えた。
ちょうど、折り返し地点。
ほんの少し、慣れてきた気もする。
ちょっとだけ、生活に変化も起きている気がする。
「最後まで文章を読んでもらうため」に気をつけることは、
普段の生活の中でも使える技だから。
メールの文章や、誰かにお願い事をする時にも、よくよく考えるようになったし、
新しい出会いもあった。なんだか、人生、ちょっと良い感じ、な気がする。
 
文章を書いている、このパソコンのキーボードの音は、「人生が変わっていく音だ」とかなんとか、クサいことを思いながらも、急に不安になった。
 
これで、本当に、人生が「変わる」のだろうか?
毎週の、「文章提出」がなくなった時に、私は、どうなるのだろう……?
 
何かを「始める」ことや、どこかに「飛び込んでみる」ことは、
おっかなびっくり怖がりながらも、大人になるにつれて、
「一歩を踏み出す」チャレンジは、出来るようになっていた。
えい! っと思えば、やってしまえる。という自信がある。
 
自転車で琵琶湖一周をする。フルマラソンを完走する。スカイダイビングをする。
ひとりで海外に行く。とにかく、踏み出してきた。やり切ってきた。
踏み出すことで、変わりたい、と願っていた。
人見知りで、いつも誰かの後ろに隠れているような自分からは、
少しずつ、少しずつ、全然違うところまで変わった、と思う。
 
けれど、もう始める「だけ」、飛び込む「だけ」のチャレンジでは、
これ以上、自分は成長は出来ない、と頭の片隅どころか、ど真ん中で、気づき始めていた。
マラソンの練習を地道にするのが嫌いな私は、大会当日、気合で何とか乗り切っていた。
そんな、その日限りの努力じゃ、もうだめなんだ。
夏休みの間だけ、金髪にする高校生が、9月になれば黒髪になって戻ってしまうように。
シンデレラの魔法が12時で解けてしまうように。
ライティングゼミが終わって、私が今までの日常に戻らないように。
 
私が、私の人生を変えるには、始めたことを「続ける」ことが必要なんだ。
地味で、しんどくて、これが一体何になるんだ? という努力を続けること。
ひとつひとつ、自分の血として、肉としていくことの努力が。
 
ライティングゼミを受けたその後に、どうするか。
それが、私の人生を変えるか変えないかを決める。
このライティングゼミが、いつもの「単発チャレンジ」で終わらないように。
やり続けなければ。
私は、人生を変えたい。やり「続ける」ことで、見える景色を、感じる心を、やり抜ける自分に出会いたい。そうすれば、何かが変わると思うから。
 
ライティングゼミは、受けるだけでは、人生は、きっと変わらない。
けれど、人生を変える「きっかけ」をくれる。大切で、大きなチャンス。
ゼミは変えてくれない。
私の人生を変えられるのは、私しかいない。
頑張れ。
楽しい4カ月だった。で、終わらないように。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-05-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事