メディアグランプリ

ポケモントレーナーになろう


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:小堀竜太(ライティング・ゼミ日曜コース)

 
 
ポケモントレーナーになりたいと思ったことはあるだろうか。
私はある。
ポケモントレーナーとは、ゲームの中にある職業だ。
ポケモンという架空の動物を育成し、戦わせるスポーツで生計を立てている人達である。
ポケモンに限らず、子供の頃にアニメやゲームなどのフィクションの世界で自分が活躍することを妄想した人は多いのではないだろうか。
今そういった妄想が実現されつつある。
ゲーム実況者という言葉がある。
Youtubeやニコニコ動画でゲームをプレイしながら、状況をおもしろおかしく解説する人達のことだ。現在、ゲーム実況者やプロゲーマーという肩書きで生計を立てている人達がいる。
彼らは、Youtubeでの動画広告やイベント出演、メディア出演などで生計を立てている。
実況者やプロゲーマーといっても、広範囲のゲームに精通しているわけではない。
ポケモン専門の人、射撃ゲームに特化している人などがいる。
ポケモン専門の実況者はポケモンのゲームの対戦動画を投稿し、ポケモン関連のイベント、番組に出演することでお金をもらっている。
そういった意味で彼らはポケモントレーナーとして生計を立てているといえる。
 
このように、こういう世界が現実になるといいなといった妄想がITの進歩で実現されつつある。
例えば、ドラえもんの道具で実現化されたものもある。
ほんやくこんにゃくや糸なし糸電話だ。
ほんやくこんにゃくは食べるとどんな言語でも理解でき、話せるようになるひみつ道具。
糸なし糸電話は糸で繋がっていなくても、遠くの人と通話できる。
ほんやくこんにゃくを実現させたのは音声翻訳機である。
某社の製品は、最速0.2秒で自分が話した日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳でき、旅行などで使われている。
糸なし糸電話はご存知携帯電話で実現できているといえるだろう。
 
さらに、ゲームの世界の中に入り込むといったありがちなフィクションの設定も近年では実現された。
いわゆるVRやARの登場だ。
VRは仮想現実といって、ゴーグルをかぶることで仮想空間を限りなく現実に近い感覚で体験できる。匂い、風、水しぶきといった要素も本物のように感じることができる。
最近では、VR新宿という施設もでき、ゲームやアニメの世界を体験できる。
アニメの主人公になって、必殺技を放ったり、恐竜などに追われる体験ができるのである。一方で、ARとはAugmented Reality(拡張現実)と呼ばれるもので、現実の世界にスマホなどのコンピューターを使って、画像や動画などの情報を付け足す技術。 何もない場所でも、スマホをかざして見た世界にはキャラクターやモノなどがあちこちに表示される。
代表的なゲームとしては、ポケモンGoがある。
プレイヤーは、現実世界にいるはずのないポケモン。それをゲームを通じて、あたかもそこにいるように感じられるというわけだ。
 
こうした妄想を現実にするということは、最近になってできた習慣ではない。
文明社会が誕生してから、私達がずっとやってきた。
会社、お金、宗教、国家、これらは全て想像だ。
ただ、そういった約束事を信じきることで他の生物にない圧倒的な団結力を発揮してきた。
なかでも、日本人は妄想力に優れていると私は感じている。
日本は神の国であるという幻想を信じ、戦争では、零戦による特攻や玉砕などの狂気的な戦法を取ることができた。
そのおかげもあってか。日本はアニメや漫画で有名になり、サブカルチャー大国となった。ポケモンやドラえもんといったコンテンツは世界中で楽しまれている。
このように自分が信じた妄想を現実化させる力を人間は持っている。
実現させるのに大切なことは言葉に出すことだ。
言葉は言霊と言われている。
ネガティブな言葉を口にすれば、するほど状況は悪くなっていく。
逆に、ポジティブな言葉を出せば出すほど現実の状況は好転していく。
私も、営業マンをやっていた時に100人の前で目標を宣言し、自分の限界を超えてきた。
 
子供の頃の夢を諦めたり、就活で行きたい企業で働けずに自殺する必要などない。
会社に入れないなら、独立するなり、起業するなり、その他の手段で実現できる。
言葉にして宣言すれば、現実になる。
 
恋愛でも同じだ。リクルートブライダル総研によれば、20代男性の4割は付き合ったことがないそうだ。関係を壊したくないと思って告白できない人が多い。ある大学生は、告白に失敗して、気まずくなって退学したそうだ。
悪いイメージを抱くとどんどんそっちに引きずられてしまう。
「告白はうまくいく」と口に出せば、自然と笑顔も増え、印象も良くなる。
たとえ、フラれたとしても、いい関係性を作っていけるはずだ。
実現したい夢があるなら、口に出していこう。
子供の頃、ポケモントレーナーを目指したのを思い出して。
妄想は現実になるのだから。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-06-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事