fbpx
天狼院通信

「君の志は何ですか」《「天狼院未来ラボ」の設立およびインターン希望者へ》


2015年は映画と演劇の制作に多くの時間を割かれて、『天地人』以来、一度も欠かさず見続けていたNHK大河ドラマをほとんど観ることができないでいる。
ただ、断片的には観ているのだが、今年は吉田松陰についてやっていることは承知している。

松下村塾において、吉田松陰寅次郎は、若者たちに向かってこう問いかける。

「君の志は何ですか」

高校時代から司馬遼太郎ファナティックの僕としては、この場面を見ると、やはり、全身総毛立ってしまうのだ。
司馬遼太郎の奥さん、みどり夫人はとある本でこう言っていたのを僕は覚えている。

「司馬の小説は誇大妄想家を生む」

その言葉のとおり、僕は「プロの誇大妄想家」として生きてきた。
そして、これからも、誇りを持ってそうして生きていくだろう。

挑戦することにおいて、僕には一切の恐怖がない。
逆に、挑戦しないことの方に、大きな恐怖を覚える。

天狼院書店を作ったのも、雑誌『READING LIFE』を作ったのも、そして、今回映画『世界で一番美しい死体〜天狼院殺人事件〜』を作ったのも、オトナの経営者からみれば、完全に失格である。

有り体に言うと、僕は9つの分野でプロとして食べていくことができる。
その中でも、もっとも儲からない分野に全てをつぎ込んでいることになる。

それはなぜか?

僕には、目の前の束の間の安定よりもはるかに重要な「志」があるからだ。
風向き知れずの毀誉褒貶など、取るに足らなくなるくらいの、大きな大きな「志」があるからだ。

煽るようで恐縮だが、いや、正直少しも恐縮なんぞとは思っていないが笑、これから30年で僕が成し遂げようとしていること以上に、面白いことをやる人は、世の中にはいないと思っている。

幽閉された吉田松陰とは違って、僕は現在進行形あるいは未来進行形の挑戦者として、君たちに問いかけたいことがある。

「君の志はなんですか。君が成し遂げようとしている未来はどういうものですか」

あるいは、これにすぐさま、答えを出せる人がいるかもしれない。
ただ、多くの人が、すぐには答えることができないだろう。

それでいい。

戦場で実際に戦うことによって、見えてくる未来というものが、必ずあると思う。
いや、実戦を経ることでしか、未来は明確に思い描けないのかも知れない。

机上で生まれた志や、データに裏打ちされた未来ほどつまならいものはない。

現役の挑戦者である僕が君たちに提供できるものは、そう多くはない。
ただし、もっとも価値のあるものを提供できると思う。

それは、君たちが全力で戦うことができる「場」である。

リアルなビジネスというその「銃声なき戦場」において、君たちはもがき苦しみながら、自ら最も大切なことを学び、体得していくだろう。

その戦場において、僕は手を差し伸べたりはしない。
戦意を喪失したものは、優しく見送ることだろう。

ただひとつ、君たちに約束したいことがある。

僕は、つねに陣頭に立ち、誰よりも激しく挑戦を続ける。
必ず、想い描く「志」と「未来」を実現してみせる。

ゆえに、僕は「師」としてではなく、少し先に戦場についた「戦友」として、君たちとともに戦おうと思う。

ようこそ、天狼院へ。

ここは、君たちが夢を実現させるきっかけを掴む場所である。
必死にくらいつき、自分の「志」と「未来」を実現することを期待する。

そして、同時に4月より、真剣に未来を切り拓こうとしている君たちのために、「天狼院未来ラボ」の設立を約束するものである。

インターン生としての合流、および未来ラボへの参加を随時受付ようと思う。

2015年3月15日
天狼院書店店主 三浦崇典

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。
天狼院への行き方詳細はこちら


2015-03-15 | Posted in 天狼院通信, 記事

関連記事