天狼院通信

【天狼院LIVE】「ほしい未来」と「腐る経済」~僕らは田舎で未来をつくる。~ (ほぼ)同時出版記念! グリーンズ・パン屋タルマーリー対談


天狼院書店は攻める書店です。イベントもがんがん仕掛けていきます。

9月末に産声をあげたばかりの天狼院書店が
初めて仕掛けるイベントは、同じ時期に発売された
2冊の本の著者による対談です(10月21日開催、詳細は以下にて)。

30歳まで職歴ナシ、31歳でパンの道を志し、
いまは岡谷県の山間の町・勝山で奥さんと2人、
スタッフの力も借りて「パン屋タルマーリー」(http://talmary.com/)を営む
渡邉格(わたなべ・いたる)さん。

自然の素材と天然の「菌」にこだわるパンづくりや、
営業日は週4日、パンを「正しく高く」売る経営スタイルに込めた思いを、
自身の半生を振り返りながら綴ったのが、
『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』(講談社)

人生滑って転んでを繰り返しながら、「ソーシャルデザイン」という天職に辿り着いた
「グリーンズ」(http://greenz.jp/)発行人の鈴木菜央(なお)さん。

自分の「ほしい未来」と目の前の現実のギャップに苦しみながら、
矛盾のない仕事や暮らし、矛盾のない人生や社会を実現しようと奮闘する姿を描いたのが、
『「ほしい未来」は自分の手でつくる』(星海社新書)

 

 

 

 

 

どちらも、時代の新しい流れを感じさせてくれる本です。

この2冊には、大きく3つの共通点があります。

1つが、「地域」を拠点に活動していること。
「都会で働き、田舎で暮らす」グリーンズ・鈴木さんと、
パンで地域の経済循環をつくろうと、「地域通貨のようなパン」を目指す
タルマーリー・渡邊さん。

2つが、新しい「働き方」に挑んでいること。
ピラミッド型の組織ではなく、アメーバ型・生態系的なチームを目指すグリーンズ・鈴木さんと、
暮らしと仕事が一体の「小商い」の生活を送るタルマーリー・渡邊さん。

 
3つが、自分の手で「つくる」ということ。
「菌」の力を借り、自らの技術でパンの完成度をどこまでも高めようと挑む
「職人」タルマーリー・渡邊さんと、コンピュータ大好き、
「田舎」で「DIY(Do It Yourself)」な暮らしを志向するグリーンズ・鈴木さん。
今回の対談では、この3つの点にフォーカスを当てておふたりのお話を伺い、
さらに、天狼院書店らしく、おふたりの「READING LIFE」にも迫ります。

当日は、タルマーリーさんの「酵母(酒種)スコーン」のおみやげをお配りいたします!

また、天狼院書店セレクションの関連書籍も販売します。
本好きもパン好きも、「働き方」を模索している人も、
「地域」に可能性を感じている人も、
とにかく何かピンと来た人は、ふるってご参加ください!

◎場所:oto no ha café 東京都文京区関口2-11-31
◎時間:19時~21時(18時30分開場)
◎定員:40名
◎料金:1500円(タルマーリーさんのおみやげつき)+ドリンク1杯500円※(いずれも当日払い)
※ドリンクはご希望の方のみ/コーヒー・紅茶・ウーロン茶・ジュース・ワイン(赤・白)
※大変恐れ入りますが、事前決済は受け付けておりません。当日、会場にてお支払いをお願いいたします。

◎申し込み:こちら(http://peatix.com/event/21256/view)でお申し込みいただくか、
        主催の天狼院書店までお問い合わせください(03-6914-3618)。

◎主催:天狼院書店
◎協力:講談社、星海社

 

 

 

 
◎登壇者プロフィール
・鈴木菜央(すずき・なお)/ウェブマガジン グリーンズ(greenz.jp)創設者
greenz.jp発行人、NPOグリーンズ代表。1976年バンコク生まれ、東京育ち。
小学校に7年半通い、絵が描けない美大生に。
大学卒業後は、農村指導者を養成する「アジア学院」でのボランティアや
ソーシャル&エコ・マガジン「月刊ソトコト」の編集を経て、
2006年に「ほしい未来は、つくろう。」をテーマにしたウェブマガジン「グリーンズ(greenz.jp)」を創刊。
グリーンをテーマにした飲み会「green drinks Tokyo」の主催も行っている。
グリーンズ編集の本に『ソーシャルデザイン』『日本をソーシャルデザインする』
(ともに朝日出版社)がある。クルマが大好きで、夢はなんでも作れて直せる「村の修理屋さん」。
妻1人、娘2人、ハムスター1匹と一緒に、千葉県いすみ市で、
楽しい田舎暮らしに挑戦中。ツイッターは@suzukinao

 

 

 

 

 

 

グリーンズ http://greenz.jp/

 

・渡邉格(わたなべ・いたる)/パン屋タルマーリー店主
1971年生まれ。東京都東大和市出身。
高校卒業後の暗いプータロー青春時代にピリオドを打とうと、
23歳のとき学者の父とともにハンガリーに1年間滞在。
現地で活躍する同世代の日本人を見て凹む一方、
「食」や「農」に興味を持ち、帰国して千葉大学・園芸学部園芸経済学科に入学。
卒業後有機野菜の卸販売会社に就職し、31歳でパンの道を志す。
パン屋のブラックな裏側に衝撃を受けるも修業に耐え、2008年に独立して、
千葉県いすみ市で妻のマリとふたり、「パン屋タルマーリー」を開業。
2011年3月11日東日本大震災と福島第一原発事故ののち、
「菌」の声を聴き「水」を求めて岡山県真庭市勝山に移り住み、
2012年2月に店を再オープン。「菌」にとことんこだわる「菌本位制」を掲げ、
地域の経済循環を生み出す「地域通貨」のようなパンづくりに挑む。
長女モコ8歳、長男ヒカル4歳の4人暮らし。

 

 

 

 

 

パン屋タルマーリー:http://talmary.com/
撮影:片岡杏子(http://kataokakyoko.com/

みなさんふるってご参加ください!


2013-10-09 | Posted in 天狼院通信, 記事

関連記事