天狼院通信

「東京フルスロットル〜天狼院「大」拡張プロジェクト〜」WACCA池袋への出店がその一手となる《天狼院通信》


今日、僕は40歳になりました。
正直、自分が昨日まで30代であることに違和感を覚えておりましたので、正直、ホッとしております。
40歳になったからと言って、もちろん、僕が落ち着くということはありえません。
最近、挑戦が少なくなってきたと危惧していたくらいです。
さらに、アクセル全開で踏み込んでいきたいと思っております。

そこでまず、皆様に謝っておきたいことがあります。

これより、天狼院書店は、直近で、これまでよりも大きな挑戦をしていきます。

そのプロジェクト名は「東京フルスロットル」。

この大きな挑戦によって、お客様や関係企業の皆様に、ご迷惑をおかけすることになるだろうと最初から想定しております。
十全にサービスができなかったり、疎漏があったり、あるいは、もう天狼院に落胆される方も多く出て来るやもしれません。

「やる前からわかっているなら、対処すればいいじゃないか」

そう思われる方も多いでしょう。至極、もっともな話です。
もちろん、十全に対処しようと僕らは動くことでしょう。全力でお客様に満足いただけるように努力することでしょう。
スタッフの数は増やしますし、人件費も2.2倍に増大させる予定です。

それでもなお、この大きな挑戦による拡大の勢いに、ついていけないのではないかと僕は懸念しているのです。

パノラマのように広大に広がる視界の中で、まさに「針の穴」のような極小の「最善解」を、僕らは爆速で見つけ出し、そこをくぐり抜けるような日々になると思っています。

おそらく、それは、合理的な思考では追いつかなく、直感的な思考でなんとか見つけ出すというような作業になるでしょう。
気を緩めれば、一気にすべてが瓦解するような、安全ネットのまるでない、まさに命がけの挑戦になると考えています。

連続して「針の穴」を通すような挑戦の末に、行き着いた先には、これまでとはまったく違ったステージが待っているでしょう。

どんなステージかといえば、人が「天狼院」と聞けば、自然とワクワクが止まらなくなるようなステージです。
あるいは、それは「大人のディズニーランド」のようなものなのかもしれません。

はっきりと言えることは、それはいまだかつて、人類が見たことのない概念になるだろうということです。

「天狼院」と人が聞いたときに、もうワクワクが止まらなくなり、居ても立ってもいられなくなるような、
「天狼院」と人に話すときに、そのワクワクが聞く人に伝染してどうしても行きたくなってしまうような、
「天狼院」という存在を知らなかったと想像したら、怖くなってしまうような、
そんなステージに、「天狼院」を引き上げようと思っております。

それなので、まずは、今日この時点では、予め皆様に謝罪しておきたいと思います。

この三ヶ月間、Googleでも、Facebookでも最悪の評価が付き続けるやもしれません。
それに対して、予め、僕は心から謝罪したいと思っております。

一方で、僕は確信しているのです。

半年後か、あるいは一年後か、その評価は反転して急上昇するだろうと。

この三ヶ月で、僕らは大きな挑戦をします。

そのために、東京に「主戦力」を集中させました。
今現在、東京を担当するのは、僕も含めて6人の社員です。

また、さらに戦力を増強させます。

それは「東京フルスロットル」という、天狼院にとっても空前絶後のチャレンジに投入するためです。

池袋駅前のWACCA池袋さんへの出店は、その第一手です。

天狼院書店「池袋駅前店」への出店を皮切りに、

天狼院は、「本」を再定義していきます。

「学び」を再定義し、
「演劇」を再定義していきます。
「旅」を再定義し、
居場所としての「天狼院」を再定義して行きます。

ジャイアントスイングをされているように、スタッフも、そしてお客様もこれまで以上に振り回されると思いますが、振り落とされないようにくらいついていただければと思います。

不備に対しては、どうぞ、文句を行ってくださいませ。

いくらでも謝罪します。

けれども、僕には自信があるのです。

不備以上に、必ず、今まで見たことのないような面白いことを、天狼院なら見せられるだろうと。

経営者として失格でしょうが、儲かるかどうかなんて、僕は興味がありません。

僕にとって最優先すべきなのは、面白いかどうかです。

天狼院に来てよかった。
天狼院を知れてよかった。
天狼院で人生が変わった。
天狼院を思うとワクワクが止まらなない。

こう言ってくれる人が一人でも多く増えてくれること以上に、僕にとって、面白いことはありません。
一人でも多くの人にそう言っていただけるように、誰よりも、社長である僕自信が全開バリバリのフルスロットルで尽力することをお約束します。

どうぞよろしくおねがいします。

2017年8月15日
天狼院書店店主
三浦 崇典

 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

天狼院書店「池袋駅前店」 2017年8月26日(土)グランド・オープン
〒171-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 2F
*「WACCA池袋」の2Fです。WACCA池袋へのアクセス

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。

天狼院への行き方詳細はこちら


2017-08-15 | Posted in 天狼院通信, 池袋駅前店

関連記事