fbpx
天狼院通信

池袋駅前でカフェ難民になってしまうあなたへ。《カフェ天狼院》


天狼院書店の石坂でございます。

この前の日曜日、僕は父と二人で池袋駅前のヤマダ電機にて買い物をしていました。買い物を終え、コーヒーでも飲むか、ということになったのですが、さあ困った。

 

カフェがないのです!

 

いや、実際にカフェは多くあります。池袋というターミナル駅周辺にカフェが無いわけがないのです。しかし、それらのカフェに入ってみると、どのお店も満員状態なのです。特に二人以上で行動しているとなおさら感じます。しかも、時間制限で追い出されてしまう店も多い。

駅のExcelは空いてない。スタバも満員状態。ジュンク堂さんのカフェスペースでさえ、空いておりません。そう、カフェ難民となってしまったのです。

この経験をされた方は決して少なくはないでしょう。

 

そこで天狼院書店の出番です。

天狼院書店ではカフェスペースを併設しており、コーヒーの他、紅茶やソフトドリンクもご用意しております。本屋ではありますが、カフェのみのご利用も大歓迎でございます。

駅前からは少し歩きますが、それでも東通りの入り口から徒歩5分24秒。決して遠くはありませんし、この距離だからこそ、ゆっくりとお過ごしいただけるはずです。

ドリンクをご注文頂ければ、電源・Wi-Fiもご利用いただけます。

席数は最大で18席。

 

 

こちらはソファー席。通称「ゴッド・ファーザー・チェアー」です。

そう、映画ゴッド・ファーザーに出てきそうな高級感のあるソファーです。お一人様でゆっくりとお過ごしいただけます。

 

 

こちらはカップルシート。カップル専用というわけではないのですが、カップルでお越しのお客様はだいたいここにお座りになります。

 

これは4人用のテーブルです。小さい規模の読書会など、少数の団体のお客様にはこちらがオススメです。テーブルも広く、資料をたくさん広げても大丈夫!会話も弾みます。

 

窓際には3席。窓を開ければ、風が心地よく撫でてくれます。

 

 

天狼院にはカウンター席もございますので、スタッフとのおしゃべりもお楽しみいただけます。夜にはアルコールもお出ししており、まるでBARですね。

 

 

こちらは「ぼっち席」。

遠目から見るとこんな感じ。

 

雑誌棚の裏にありますので、ひとりぼっち感たっぷり!

お一人で集中したいときはいいかもしれません。

 

そして、天狼院の特徴の1つである畳に、堕落するソファー(通称「人をダメにするソファー」)もあります。畳の香りに思い出す、あの頃の思い出。おばあちゃん家。

ぜひ「堕落」していってください。

コーヒーを飲みながら堕落するソファーでゆっくり本を読む。お買い物の疲れも癒やします。

 

 

おや、ふと気づけばもう夕方。

帰り道は、お昼とは違う顔をした町並みがお楽しみいただけるはずです。

それではまた、お会いできる日まで。

 

天狼院への行き方詳細はこちら


2014-05-21 | Posted in 天狼院通信, 記事

関連記事