fbpx
『殺し屋のマーケティング』パーフェクトマーケティング講座

『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座、開講!「世界一殺しを売るメソッド」で3年で売上高が10倍に!「7つのマーケティング・クリエーション」を学び、徹底して実践するゼミ【天狼院/STYLE for Biz】


『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)の著者、および、天狼院書店店主の三浦でございます。

おかげさまで、僕が経営する天狼院書店は、2018年1月に月次売上高の最高記録を大きく更新し、その2ヶ月後の2018年3月には1月の最高記録を更に120.1%で更新しました。その数値は、3年前の2015年3月の月次売上高の、ちょうど10倍の規模になります。

3年で10倍という数値が、天狼院の今の成長を示すわかりやすい指標です。

もちろん、それは多くのお客様にご利用いただき、スタッフが奮闘した結果ですが、経営者視点で言えば、徹底して『殺し屋のマーケティング』の根幹理論「7つのマーケティング・クリエーション」を実践した結果であると確信しております。

なぜ、銀行が最も融資を嫌厭する業種のひとつと言われている「書店業」において、他には類をみない成長を実現できるのか?
なぜ、天狼院書店は4年半の短期間で、テレビ、雑誌、ラジオ、新聞と数々の「マスメディア」から実に250回以上、取材を受けるのか?
なぜ、ライティング・ゼミを始めとする主力ゼミが、「満席」で人が溢れかえっているのか?
なぜ、カメラマンとして新規に事業を立ち上げた「秘めフォト」の事業が、1年経たずして事業として確立できたのか?
なぜ、20代前半の「若手社員」が繰り出すイベントが、満席になってしまうのか?

その秘密は、1冊の本、『殺し屋のマーケティング』に隠されています。

発売当初から、『殺し屋のマーケティング』をゼミ化してほしいという数多くの声をいただいておりました。

作中において、「受注数世界一の殺しの会社」を創らなければならなかった女子大生起業家桐生七海に、世界最強のマーケティング・マネージャー西城潤が授けた「7つのマーケティング・クリエーション」の真髄と、その実践の方法を知りたいという声を全国の読者の皆様から頂きました。

ただ、「再現性」にこだわる「天狼院のゼミ」は、単なるイベントではなく、お客様メリットを最大限に考えます。
お客様に多くのメリットを提供するために、試行錯誤を繰り返し、自らのビジネスでも実験を繰り返しました。

まずは、本業の天狼院書店の経営においては、社員全員で毎週、「7つのマーケティング・クリエーション」のメソッドを共有し、ここに出てくる用語で会議をし、すべてのプロジェクトを施策いたしました。その結果が、3年で売上高10倍という結果として現れました。

そして、天狼院書店として5店目、スタジオ天狼院も含めた天狼院全体として6店目となる、はじめてのビジネス書専門書店、天狼院書店Esola池袋店〜STYLE for Biz〜は、はじめて、銀行など金融機関からの借り入れを一切起こすことなく、オープンすることができました。

また、2017年6月に正式にスタートさせた、女性のためのフォトサービス「秘めフォト」も、順調に売上を伸ばし、1年経たずして一事業として確立いたしました。今ではこのサービスの派生サービスが、順次ローンチを控えております。

さらには、僕以外のスタッフも、「7つのマーケティング・クリエーション」を使いこなして、新しいイベントやゼミを創り上げ、マーケティングまで成功させる事例が確実に増えてまいりました。

このように実績を積み上げてきて、『殺し屋のマーケティング』の「7つのマーケティング・クリエーション」は、極めて有用であると確信するに至り、お客様のかねてからの要望に応えるために、今回、ゼミ化することを決意いたしました。

『殺し屋のマーケティング』を教科書にして、徹底して使えるマーケティングを習得していただくゼミにしたいと思います。

7つのマーケティング・クリエーションとは――

1.ストーリー … 旅立ちの理由
2.コンテンツ … 商品
3.モデル … 仕組み
4.エビデンス … 実数値
5.スパイラル … 上昇螺旋
6.ブランド … 信頼
7.アトモスフィア … 空気

を、下から層のように積み上げて、「創造(クリエーション)」していくのがマーケティングの根幹であるという、『殺し屋のマーケティング』で提唱したまったく新しいマーケティング・アプローチです。

たとえば、金融機関には衰退産業とみなされる書店業において、成長を持続させられるのは書店業の「1.ストーリー」を”再定義”したからであり、
たとえば、マスメディアに多く取り上げられるのは、「4.エビデンス」主義で、「6.ブランド」の構築を優先させる手法を取ったからであり、
たとえば、主力のゼミが満席なのは、「2.コンテンツ」主義を徹底させているからであり、
たとえば、秘めフォトの事業が1年経たずして確立したのは、「2.コンテンツ」主義を徹底しつつ、同時に「3.モデル」を試行錯誤した結果であり、
たとえば、僕ではないスタッフが、集客を再現できたのは、この「1シート・マーケティング」で「7つのマーケティング・クリエーション」を深く理解して実践したからに他なりません。

*こちらは、TSUTAYAさんで開催した「1シート・マーケティング」イベントの際に使用した、「7つのマーケティング・クリエーション」のシートの例です。

それは、いったい、どういうことなのか?

答えは、「『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座」で、徹底的に解説いたします。

「7つのマーケティング・クリエーション」の論点を、各講義で詳しく解説しつつ、ご自身のビジネスに明日から活かせるオリジナル・ワークショップを各回、開催します。また、毎月、「7つのマーケティング・クリエーション」を理解、体得するための課題も用意しました。

最終的には、ご自身のビジネスが、「7つのマーケティング・クリエーション」の1シートで、一目瞭然化できて、どこからどう手をつけるべきなのかが理解できるようになるのが目標です。それを達成すると、世の中のビジネスが、どのような「マーケティング・クリエーション」で成立しているのか、なぜ、うまく行っていないのかが、外からでもわかるようになります。

怖い話、ご自身が勤める会社の弱点と優位点も、可視化して理解できるようになります。

実はこのゼミ、スタッフの間でも、価格の設定で意見が割れました。

ほとんどのスタッフは、月額30,000円が適切な価格だと、何度も僕に言ってきました。
これまで、多くの方々にご利用いただいていた「天狼院マーケティング・ゼミ」の価格が月額30,000円だったからです。

最もな価格だと、たしかに僕も思いました。

けれども、ここは採算度外視で、月額10,000円で行こうと言い張るスタッフが中にいました。
その急先鋒が、他でもありません、僕でした。

マーケティングにおいて、「プライシング」とは、とてつもなく重要な論点です。
このゼミにおいてもやりますが、一度、下げた価格を上げることは難しい。

それは、重々承知の上で、月額10,000円で行きたいと思い、結果的に僕はその金額を押し切りました。

ただし、取締役の池口の最後の抵抗で、

「社長、月額10,000円は、安すぎます! なので、正規の値段は30,000円に設定して、キャンペーン価格として月額10,000円にしましょう!」

と言うので、これを承認しました。
いつまで続くキャンペーンかわかりませんが、これで、少なくとも今回は月額10,000円で行けることになりました。

なぜ、月額10,000円に拘ったか?

大学生や若い年代の人にも、「7つのマーケティング・クリエーション」を広く体得してもらいたいと思ったからです。

そして、大変申し上げにくいことをひとつ、言わなければなりません。

基本的に、「天狼院のゼミ」の多くは定員は存在しません。
もっとも受講生の多い、ライティング・ゼミは、1クラス全国で180名様(2018年4月スタート日曜コース)を超えます。
ですが、今回はワークショップ等をじっくりと取り組んでいただきたく、定員を設けさせていただくことに決めました。

定員は、東京(Esola池袋店〜STYLE for Biz〜)、福岡、京都、全国通信、すべて合わせて100名様とさせていただきます。
定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。

お早めにお申し込みいただくことを、おすすめいたします。

最後に、皆さんに聞いてみたいことがあります。

マーケティングとは、いったい、何でしょうか?

僕は、マーケティングの究極的な目標は、人の幸せを多く担保することだろうと思っています。

お客様に安心して利用していただき、スタッフに気持ちよく働いてもらうためには、第一にマーケティングを機能させ、売上を確保して十分な利益を確保しなければなりません。

それは、個人やフリーランスでも、大企業でも変わりないことだろうと思っています。

マーケティングを学び、持続可能な事業を持ち、あるいはそれに貢献し、多くの幸せを担保できるきっかけにしていただければと思っています。

それでは、『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座でお待ちしております。

第1講まで、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)をすべてお読みの上で参加してください。

お会いできるのを、楽しみにしております。

どうぞよろしくおねがいします。

 


 

❏『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座/受講の流れ

《1日2講義制》4ヶ月8講義

講義①(60分)+ワークショップ(40分) 17:30〜19:10

(休憩10分)

講義②(60分)+ワークショップ(40分) 19:20〜21:00

課題/自由研究*課題は各講義で詳細を発表

 

❏『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座 講義スケジュール《全8回/月額1万円×4ヶ月/通信受講可/コミュニティ参加権付/動画視聴権付/音声ダウンロード権付》

第1講 「7つのマーケティング・クリエーション」とはなにか? 〜総論〜《6月/東京・福岡・京都・通信 6月16日(土)17:30〜19:10*初回のみ土曜日の開催ですのでご注意くださいませ。
・なぜ「殺し」を世界一売ると、世界最強のマーケターになれるのか?
・マーケターが南の島で遊んでいるのが理想の状態である
・「営業」「広告」「PR」をやらなくて済むマーケティングとは?
・「広告代理店」の時代から「個人拡散」の時代へ
・庵野秀明総監督の『シン・ゴジラ』によって、新しいマーケティング時代の鐘が高らかに鳴らされた
・マーケティングの潮目が変わった現代に通用するマーケティング
・残念ながら少なくとも向こう10年は、AIではなく人間がマーケティングを担わなければならない
・アメリカ型の拡張型マーケティングから、江戸時代・ヨーロッパ型の停滞型マーケティングの時代へ
・それでもなおコトラーの『マーケティング・マネジメント』を読んだほうがいい理由
・大企業がこれまでの強固さを保てない今、すべての人が学ぶべきはマーケティングである
・寿命100年時代の誰もが使えるマーケティング
・「7つのマーケティング・クリエーション」は未来を創るマーケティング

ワークショップ:「7つのマーケティング・クリエーション」を「1シート・マーケティング」で実際に創ってみよう

第2講 もしあなたのビジネスが衰退期に差し掛かったのなら「ストーリー」を”再定義”するしかない 〜「ストーリー」〜《6月/東京・福岡・京都・通信 6月16日(土)19:20〜21:00*初回のみ土曜日の開催ですのでご注意くださいませ。
・マーケティングの基盤となる自身のビジネスの「ストーリー」を、あなたはすぐに言えるか?
・「ストーリー」の構築は、建築物の「基礎工事」のようなものだ
・「ストーリー」なき「コンテンツ」は、すぐに枯れてなくなる
・「マーケティング・アレルギー」の現代、人が求めるのは「スペック」よりも「ストーリー」である
・世の中のルールが変わったときに、旧来のルールに従ったままでは勝てるはずがない
・あなたの本当の「インセンティブ」は公で言う必要はない〜「ストーリー」と「インセンティブ」の違い〜
・もしあなたのビジネスが衰退期に差し掛かったのなら、最大のビジネスチャンスが目の前にあるということだ
・ストーリーの”◯◯”で、未来の市場を独占する
・いかに「ストーリー」を構築するか?
・あくまで「◯◯」主体で「ストーリー」を構築する
・あなたは本当にそのビジネスが好きなのか? 〜「狂」の発動について〜

ワークショップ:いわゆる衰退産業を「1シート・マーケティング」で再構築する

第3講 「コンテンツ主義」がこれからのマーケティングの主流となる 〜「コンテンツ」〜《7月/東京・福岡・京都・通信 7月1日(日)17:30〜19:10》
・”幻の羊羹”の吉祥寺小ざさが世界最強のビジネスである理由
・世界最強の殺し屋サイレンス・ヘルは、小ざさの羊羹である
・昭和の「マーケター」優位の時代から、現代の「クリエーター」優位の時代へ
・「コンテンツ(商品・サービス)」は建築物の”大黒柱”である
・「コンテンツ」が問題ないのに「マーケティング」がうまくいかないのは「◯◯」が間違っているからだ
・「コンテンツ」の質を上昇させるためには、2つの方法しかない
・質の高い「オリジナル・コンテンツ」を創り上げるには、夥しい時間と労力が必要である
・質の高い「オリジナル・コンテンツ」を持って来るには、夥しいお金が必要である
・究極的なお客様満足度は、「コンテンツ」の質によってもたらされる
・商品開発は、常に「スパイラル」で取り組み続ける必要がある
・「究極のコンテンツ」の元には「行列」が連なる 〜行列効果〜
・「コンテンツ」は、徹底して「◯◯」主体で創造しなければならない

ワークショップ:「コンテンツ主義」のビジネスを「1シート・マーケティング」してみよう

第4講 「ビジネス・モデル」は、あくまで”結果論”に過ぎない 〜「モデル」〜《7月/東京・福岡・京都・通信 7月1日(日)19:20〜21:00》
・「ビジネス・モデル主義」が、あなたのビジネスを滅ぼす
・なぜ人は「ビジネス・モデル」が好きなのか?
・「ビジネス・モデル」は、あくまで”結果論”に過ぎない
・「コンテンツ」の質が高まったときに、必然的に、「モデル」の構築を促される
・”サブスクリプション”とはなにか?
・天狼院書店が「プラチナクラス」を辞めようとしている理由
・”退蔵”は、静かに未来の顧客を奪う
・なぜ「モデル」は、「流し込み」ではなく「派生」が望ましいのか?
・「ビジネス・モデル」不全が、利益の滞りを起こす
・最適のビジネスモデルは「顧客」が知っている

ワークショップ:最適な「ビジネス・モデル」を持ったビジネスを「1シート・マーケティング」してみよう

第5講 時に「エビデンス」は残酷であるが、それが最良の教師となる 〜「エビデンス」〜《8月/東京・福岡・京都・通信 8月5日(日)17:30〜19:10》
・「エビデンス」として現れた数値は嘘をつかない
・「エビデンス」は、「コンテンツ」と「モデル」という仮説の”通信簿”である
・「エビデンス」を決して楽観してはならない理由
・淡々と過去を「諦観」し、未来に活かす
・「過去の仮説」の呪縛から、解き放たれるには
・最高の「エビデンス」が出たら、徹底して疑ってみる
・その「エビデンス」は、上り始まりではなく、山頂(ピーク)かもしれない
・自分可愛さは、未来を失う
・「悲観」の限りを尽くした先に、わずかな光を見る
・「コンテンツ」「モデル」「エビデンス」は、同じ層にあり、回転させる
・「エビデンス」からの”フィードバック”を徹底して「コンテンツ」に活かす
・細かい幾多の修正(マイナーバージョンアップ)が、積もりに積もって大きなバージョンアップにつながる
・「コンテンツ」が正しく修正され、適した「モデル」が見つかれば、必然的に「エビデンス」は上がる
・マスメディアに取り上げられ、「エビデンス」を仮想的に上昇させる方法 〜秀吉の墨俣城戦略〜
・「お客様の声」を戦略的に取り入れる
・「エビデンス主義」で強制的に「ブランド」を発動させる

ワークショップ:「エビデンス主義」を「1シート・マーケティング」でトレースしてみよう

第6講 上昇気流「スパイラル」は、「マネジメント」によって持続可能となる 〜「スパイラル」〜《8月/東京・福岡・京都・通信 8月5日(日)19:20〜21:00》
・「のりたま」も「どん兵衛」も、長寿コンテンツは、人知れず「スパイラル」的に「コンテンツ」の質を上昇させている
・吉祥寺小ざさの”幻の羊羹”の羊羹も、実は微妙に変えている
・1年前に大ヒットした「コンテンツ」が今年も大ヒットするとは限らない
・「コンテンツ」→「モデル」→「エビデンス」を正しく回転させれば、やがて「浮力」が生じる
・「浮力」を維持し、さらに高めるためには、相応の「労働工数」が必要となる
・マーケティング・クリエーションを機能させるためには「マネジメント」が不可欠である
・マーケティングの成功は、企業の拡大をもたらす
・「成長痛」は成長している企業にしか起こらない
・「成長痛」の先に、強靭な「マネジメント」が完成する
・マーケティングを担う企業組織は、「失敗」を繰り返し、必然的にあるべき姿に構築される

ワークショップ:「1シート・マーケティング」で必要な「マネジメント」を可視化しよう

第7講 「ブランド」は創るよりも、維持するほうがはるかに難しい 〜「ブランド」〜《9月/東京・福岡・京都・通信 9月2日(日)17:30〜19:10》
・なぜ「ブランド」の最大のメリットは、価格を安く設定できることなのか?
・ブランドの元で、はじめて「プライシングの自由」が得られる
・「ブランド」は一夜にしてならないが、一夜にして脆く崩れ去るものだ
・「ブランド」は、あらゆる経費を縮減させる
・「ブランド」自体は、ライバルの参入障壁にはなりえない
・「ブランド」を維持するためには、「ブランディング」をやめよ
・どうしても「ブランディング」をやりたいのなら、レッドブル規模にやれ
・「ブランド」は死に物狂いでようやくたどり着き、そこを死守するようなものである
・「ブランド」は、「スパイラル」の維持でしか持続されない
・変わらないことではなく、絶え間ない変化でしか、「ブランド」は保てない理由

ワークショップ:「ブランド」を確立した企業を「1シート・マーケティング」してみよう

第8講 「空気(アトモスフィア)」を創るマーケター 〜「アトモスフィア」《9月/東京・福岡・京都・通信 9月2日(日)19:20〜21:00》
・「空気」を動かすには「ミステリー作家」のように「◯◯」を張り巡らせる必要がある。
・「流行」を起きたことから推測して全貌を暴くことは不可能である
・「空気」を動かすには、「着火点」を無数に用意する必要がある
・人は異なる3つ以上の「◯◯」で見たものを購入することを「運命」と錯誤する
・「蜘蛛の巣」を張るようにして、対象の人の周りに「着火点」を張り巡らせる
・「空気」を動かすには、相応の「時の長さ」と「フィールドの広さ」が必要である
・ライターが何度目で火が点くかがわからないように、いつ「引火」するかわからない
・たとえ、一度「不発」に見えたとしても、多くの「着火点」は湿らずに生きている
・必要な「着火点」を用意できれば、あとは「引火」するのは時間の問題だ
・あえて「流行」にしないという戦略もある
・「持続可能性」を選ぶか、一気に「市場の席巻」を狙うか
・「空気」は極めて危険であり、扱い方を間違えれば「炎上」する
・「炎上マーケティング」は、ダークサイドに落ちた人間のやることだ
・「流行」は、極めて狭い条件により、「再現」される

ワークショップ:「流行」したコンテンツを「1シート・マーケティング」してみよう

 

❏『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座 概要
講義回数:全8回
*単講座のみの受講はできません。ただし、動画や音声のストックがありますので、定員に満たない場合(通信受講も含め)はどの時期からも受講開始することが可能です。
場所:東京・・・Esola池袋店/福岡・・・福岡天狼院/京都・・・京都天狼院/通信受講・・・全国どこでも
定員:全国合わせて100名様
参加費:全8回月額1万円×4ヶ月

*CLASS天狼院「プラチナクラス」にお申し込み頂きますと、半額の【プラチナクラス価格】でお申し込みいただけます(但し、受講期間中プラチナクラスへ入会いただくことが条件となります)。CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→
【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》

*第1講まで、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)をすべてお読みの上でご参加ください。
*コミュニティ参加料含む/動画視聴権付/音声ダウンロード権付
*基本的に、東京・福岡・京都いずれかの店舗から全店舗へ同時中継し、大型スクリーンでの生放送受講となります。不明点などは店舗にいるスタッフにその場でご質問いただけます。
*ワークショップに関しては、店舗受講の方はそれぞれの店舗で行います。通信の方もFacebookのコメント欄でやりとりをすることができます。
*店頭では、受付の際に1ドリンクオーダーをいただいております(Esola池袋店にはカフェがございませんので、ドリンクをお持ち込みいただけます)。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*返金はいたしかねますのでご了承ください。

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。2017年11月、『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)を出版。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

 

【お申し込み方法】
こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの一括および「定期購読(月1万円×4回)」決済、銀行振込みをご利用いただけます。
Esola池袋店:03-6914-0167
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。
「プラチナクラス価格」での受講をご希望の場合は別途CLASS天狼院「プラチナクラス」へのお申し込みが必要です。
合わせて「プラチナクラス」のボタンから決済を行なってください→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定〜《詳細・決済ページ》

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

 

【PayPal決済】*「通信受講」およびPaypal経由での「クレジットカード」でのお支払いご希望の方はこちらから
*こちらは全8回の講座になります。途中解約はできません。同意の上、先にお進みください。
*お申し込み後、ご案内メールにて、受講方法をご案内させていただきます。

◆【一般/一括払い】天狼院『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座(生講義/通信受講)月額1万円×4ヶ月/一括




◆【一般/月々払い】天狼院『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座(生講義/通信受講)月額1万円×4ヶ月/月々払い
*月々払いご希望の方は下の「購読」ボタンから決済ページにお進みください。




◆【プラチナ/一括払い】天狼院『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座(生講義/通信受講)月額5,000円×4ヶ月/一括
*CLASS天狼院「プラチナクラス」のお客様のみご購入可能です。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→プラチナクラス《詳細・決済ページ》




◆【プラチナ/月々払い】天狼院『殺し屋のマーケティング』パーフェクト・マーケティング講座(生講義/通信受講)月額5,000円×4ヶ月/月々
*CLASS天狼院「プラチナクラス」のお客様のみご購入可能です。
*CLASS天狼院「プラチナクラス」についてはこちらから→プラチナクラス《詳細・決済ページ》
*プラチナ価格での月々払いご希望の方は下の「購読」ボタンから決済ページにお進みください。




【加入手続きのガイド】
今すぐ購入/購読ボタンを押しますと、PayPalの決済ページに飛びます。

*一括払いの方はアカウントの作成なしで決済が可能です。月々払いをご利用の際は、アカウントの作成が必須になります。

 

 

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。
アカウントをお持ちでない場合は、「クレジットカードまたはデビットカードで支払う」ボタンを押してお進みください。

アカウントを作成せず決済する場合には、「カードで支払う」より、必要事項をご入力ください。

 

以後、案内に通りにお進みください。

アカウントを作成される方はページ下方の「PayPalアカウントの作成」よりアカウントを作成してください。(月々払いの方はアカウントが必要です)

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。

【注意事項】
・無料・有料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、パーティ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全8回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

 


*こちらもお申し込み受付中!

【6月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

【6月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


 

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
TEL 03-6914-0167

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

 

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。





関連記事