fbpx
ゼミ

【3/23(土)18:00〜キックオフ説明会】3ヶ月で株式会社を設計し登記まで挑戦する超実践「自分の会社を創るゼミ」説明会〜司法書士も行政書士も税理士も不要!現役弁護士から「会社法」を学び、会社の憲法「定款」を創ろう!〜《天狼院書店/STYLE for Biz》


 

*こちらのイベントは、4月開講・3ヶ月で株式会社を設計し登記まで挑戦する「自分の会社を創るゼミ」の説明会となります。
*すでに「自分の会社を創るゼミ」にお申し込みの方は、無料でご参加いただけます。

 


 

□3ヶ月で株式会社を設計し登記まで挑戦する「自分の会社を創るゼミ」7つのポイント
・自分で会社の憲法「定款」を創り、自分で登記する
・行政書士への「定款」代理作成費用、司法書士への登記代行費用が「0」となる
・「弁護士」から、株式会社設立・運営に必要となる「会社法」を学ぶ
・受講費用が「開業費」にできる
・全国で通信受講できる/動画で遅れての受講・復習もできる
・同期の他の受講生が起業の同志となる

 

天狼院書店店主および『殺し屋のマーケティング』(ポプラ社)著者の三浦でございます。

おかげさまで、天狼院書店の運営会社は、会社設立が2009年4月1日ですので、2019年3月31日の期末をもって、10期生き延びたということになります。
まさに、生き延びた、という感覚が強いです。

僕は国家資格である行政書士の有資格者でもありますので、会社設立は、すべて自分の手で行いました。
「定款」を創り、公証役場で公証人の先生に認証していただき、法務局で自ら登記しました。

行政書士になる際に、たしかに会社法を学んではいたのですが、実は、本を片手に、見よう見まねで「定款」を創った覚えがあります。

しかし、あとになって、この「定款」が重要だったということを思い知ります。
会社法と定款の理解が、十分ではなかった。

「定款」とは、株式会社の憲法に当たるものです。

これを、公の法務局に登記することで、会社は「法人」格を有することになります。
「法人」という新たな概念が、そこに生まれるのです。

この「定款」という名の会社の設計図を理解していないと、とんでもなく、やっかいなことになります。

新規店舗出店時、銀行の融資を得る際には、必ず、登記簿謄本などを提出することになります。
そのときに、

「カフェを運営するとありますが、事業目的に記載がありませんね、これでは融資ができません」

と言われたり、

突然、法務局から、

「取締役の任期が切れているようなので、過料を支払ってもらいます」

と、通知が来たりと、最初の設計が甘く、「定款」の理解が浅いと、後から想像以上にデメリットが生じます。

僕の会社も、幾度となく、「定款」の書き換えを行いました。
そのたびに、変更の費用がかかりました。

最初から、しっかりと理解しておくべきだったと、何度思ったことか。

会社法が改正されてからというもの、資本金は1円から株式会社を創れるようになりました。
それまでは、有限会社は300万円の資本金から、株式会社は1,000万円の資本金と諸々の条件をクリアしなければ設立できなかったのですが、誰でもポケットに会社を入れられるようになり、気軽に「代表取締役社長」の肩書きを名刺に書けるようになりました。

それは、資本金が1円になったことによって、「代表取締役」になるために手続きにかかる最小限の必要費用は、

印紙代         4万円(電子定款によれば不要)
公証人手数料      5万円
定款の謄本作成費用 2000円程度(定款1ページあたり250円)
登録免許税      15万円(資本金額の0.7%のほうが高い場合はその金額)

くらいで、そして、たとえ「定款」を創るのに必ず必要となる「会社法」の知識がなかったとしても、10万円から20万円ほどの費用さえ支払えば、司法書士や行政書士の先生に代わりに作ってもらい、司法書士の先生に、代わりに法務局への登記までしてもらうこともできます。

でも、それで本当にいいのでしょうか?
たとえ、小さな会社だとしても、自分が会社の設計図である「定款」を、そして、その元になる「会社法」を理解しないままで会社を運営して、危険ではないでしょうか?

僕は、「定款」は夢を込めるものであると考えています。

「事業目的」には、まだやらない、将来やりたいことも、ふんだんに込められます。
実は、前文に「企業理念」を盛り込むことができて、そこで高らかに夢を語ることもできます。
夢を語るべきものが「定款」であって、それを語るべきなのは、会社の発起人であり、代表取締役となる、皆様自身であるべきだと思っています。

銀行の融資担当者や、取引先に、自分の会社はこういう会社です、こういうことができます、と滔々と演説するために、そして、新しく入るスタッフに、君たちが入ろうとしている会社はこんなすばらしい会社なんだよ、と自ら語るために、公に明示するために、自分で「会社法」を学び、自分の手で「定款」を創ってみませんか?

会社は、我が子です。そうだとすれば、自分で理解し、自分で育てたほうがいい。

「定款」は、会社の憲法であり、夢を語るべきものであり、そして、登記を通じて公に明示すべきものです。

会社設立に必要となる「会社法」を学び、自分で、自分だけのオリジナルの定款を創ってみましょう。

 

今回、そのために、法学部、法科大学院を卒業し、司法試験を突破した法学系の最高国家資格、つまりは企業法務にも詳しい「現役の弁護士」の先生にご登壇をお願いしました。
定款を創るにあたって生じる「会社法」に関する疑問にも、徹底してお答えしていただきます。
もちろん、会社経営10年生の僕も全講義登壇いたします。
会社設立に必要となる「会社法」を、この機会に徹底して学びましょう。

「会社法」を学びながら、実際に「定款」を創っていく中で、超実践的な「ケーススタディ」もやっていきたいと思います。
他の受講生の皆様の「定款」も、参考になるかと思います。

2019年4月から7月までの3ヶ月で、自分の株式会社を作りましょう。

登記まで、自分で挑戦してみましょう。

このゼミの特長の一つとして、同期がいる、という点があります。

起業は、基本的には孤独な行為になる場合が多い。
僕も、1人起業だったのでそうでした。

けれども、同じような時期に起業する、同じ場で学んだ仲間がいるとすればどうでしょうか?
様々な悩みや喜びを、共有できる仲間になれるのではないかと思います。

そこから、社会に役立つ企業が、無数に生まれていくと面白いと思っております。

あの人は、メディアにも出て頑張っているな、自分も頑張ろうと、そういう関係性を構築できればと考えています。

 

今回、新年度のはじまりである4月からスタートする「自分の会社を創るゼミ」のキックオフ説明会を開催いたします。

「自分の会社を創るゼミ」では主にこのような流れで進めてまいります。
今回の説明会では、会社を作る際に絶対に知らなければならない法律「会社法」についても解説いたします。基礎的なご質問に関しても、直接その場でお答えします。

 

□講義の目標と内容・流れ
目標:3ヶ月で株式会社を創る
・株式会社を創るために必要なことを学び準備する
・現役弁護士から会社設立に必要な「会社法」の知識を学ぶ
・自らの会社の憲法である「定款」を自らの手で創る
・夢を語る「定款」を創り上げる
・自らの手で「定款」を登記する
・目標の時期に会社を設立する

 

1月に開講したコースで参加された方で、既に公証役場で事前チェックも済ませて、定款の認証手続きの日取りまで決まってる方もいらっしゃいます。そのあたりの事例も、お話できればと思います。

「自分の会社を創るゼミ」がきっかけとなり、一人でも多くの方の成功を願っております。

キックオフ説明会にてお待ちしております。

 


【概要】「自分の会社を創るゼミ」キックオフ説明会
日時:
2019年3月23日(土)
受付開始 17:40
イベント開始 18:00
イベント終了 20:00

参加費:一般 ¥3,500/プラチナクラス ¥1,250
定員:15名様
*席が埋まり次第、予告なく締め切らせていただきます。
ファイナルクラブ天狼院の方は参加費半額でご参加いただけます。

場所 天狼院書店 STYLE for Biz「Esola池袋店」
Esola池袋店へのアクセス
*天狼院書店は池袋エリアに4拠点ございますが、今回のイベントは有楽町線直結の駅ビル「Esola池袋」2階のSTYLE for Biz「Esola池袋店」にて開催となりますので、ご注意ください。
 

■講師プロフィール

河野冬樹(Fuyuki Kawano)弁護士
ベンチャー企業を中心とした企業法務、知的財産法を中心としたエンターテイメント法、不動産・建築に関する紛争案件、医療法人の運営に関する法務等、幅広い分野を中心に扱っている。中小企業の法務顧問、取締役も務め、実際の会社経営にも明るい。

〔学歴〕
2006年3月 私立麻布高等学校卒業
2006年4月 一橋大学法学部法律学科入学
2010年3月 一橋大学法学部法律学科卒業
2010年4月 一橋大学法科大学院入学
2012年3月 一橋大学法科大学院卒業
2013年9月 司法試験合格(総合15位、論文21位)

〔職歴〕
2013年10月 最高裁判所司法研修所入所(第67期)
2014年12月 最高裁判所司法研修所修了
2014年12月 弁護士登録(第一東京弁護士会)

 

【参加方法】下記3ついずれかの方法でお申し込みください。
①お電話でのご予約:天狼院書店 STYLE for Biz「Esola池袋店」(03-6914-0167)受付時間:12:00〜22:00

②メールでのご予約:お問い合せフォームから、件名に「3/23 会社を創るゼミ説明会」とご記入の上、お名前とご連絡先をお送りください。

③チケットのご購入
Paypalまたは店頭での事前決裁制です。

【チケット購入ページ】※必ず、ページ下部の注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。

《3/23(土)18:00〜20:00》
■一般 3,500円





■会員価格 1,750円





 


 

■「自分の会社を創るゼミ」本講義の流れ

《講義》月2講義*基本的には第1・第3土曜日の11:00〜13:00
*店舗(東京・福岡・京都)/LIVE通信/動画での受講も可能です。

《ワークショップ》講義内で会社設立に必要となる実践的なワークショップを開催します。
*承認いただいた方に限り、受講生の方が実際に創っている「定款」を使った「ケーススタディ」も行います。
*グループ内で共有しますので、通信受講の方も参加いただけます。

《課題》毎回、講義後に課題を出します
*課題作成時の疑問点に弁護士の先生にお答え頂きます。
*ワークショップと課題提出を繰り返して、自分で「定款」を創っていただきます。

《グループ》「自分の会社を創るゼミ」のグループに加入できます。
*起業仲間ができます。
*それぞれ会社を創っている様子を見て、お互いが学ぶことができます。

《公証・登記》進捗が早い方は、講義期間内あるいは講義終了まもなくに公証・登記に進んでいただきます。
*それぞれの公証役場や法務局の公証人、担当官によって対応が変わることがあります。
*お互いにフィードバックして情報を共有することによって、公証・登記を確実なものにしていくことを目標とします。

講義後:会社設立合同パーティー
*実際に登記を終え、会社を設立できた段階での開催を予定しております。
*参加費は、別料金とさせていただきます。
*あくまで、受講生の方たちの設立までの労をねぎらい、未来への決意を確かめるための会です。
*安心して受講していただくために、パーティーでの勧誘等を固く禁じます。

講義後:グループの存続
*同期の仲間たちの活躍を確認できるように、グループを存続させます。
*安心して活動していただくために、グループでの勧誘等を固く禁じます。

□受講に当たっての留意点
・設立費用・資本金・ビジネスプランはご自身でご用意の上、受講してください。
・資本金1円から会社は設立できますが、数十万円の資本金を用意することをおすすめします。*現物出資のやり方等講義で説明いたします。
・「とりあえずポケットに会社を持とう」もまったく問題ありませんが、利益が出なくとも、いわゆる「均等割」という最低限の税金がかかるのでご留意ください。
・会社設立を目的としていない方も、受講できます。「会社法」を学べます。


□「自分の会社を創るゼミ」カリキュラム
第1講 株式会社は想像以上に簡単にできる〜株式会社を創るために必要なこと《総論》〜《2019年4月6日(土)11:00〜13:00》※三浦登壇回
第2講 株式会社を設計しよう〜「会社法」会社を創る際に絶対に知らなければならない法律〜《2019年4月20日(土)11:00〜13:00》
第3講 会社の憲法「定款」を創ろうⅠ〜会社の憲法「定款」と「会社法」を徹底して知ろう!〜《2019年5月4日(土)11:00〜13:00》
第4講 会社の憲法「定款」を創ろうⅡ〜自分の会社にはどういう「定款」が必要なのか?〜《2019年5月18日(土)11:00〜13:00》
第5講 会社を創るために必要な手続き《実践編》《2019年6月1日(土)11:00〜13:00》
第6講 たった1人で起業し10年会社を経営してわかったこと〜会社を創った「あと」に気をつけなければならないこと〜《2019年6月15日(土)11:00〜13:00》※三浦登壇回
*講義・ワークショップ・課題の内容は、当日、明らかにいたします。

 

【注意事項】※必ず、注意事項を読んだ上で決済にお進み下さい。
・勧誘、営業活動を目的とされる方の参加は、固くお断りいたします。勧誘、営業目的で参加されている事が発覚した場合、以降のイベントへの参加をお断りさせていただき、もしくは退室していただく事があります(その場合でも、参加費の返金はいたしません)ので、ご了承ください。
・有料無料問わず、講師、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。ただし、天狼院書店が許可した場合は、この限りではありません。
・本イベントの内容の著作権は、講師および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。


お問い合わせ


天狼院書店「Esola池袋店」STYLE for Biz
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
TEL: 03-6914-0167 受付時間:10:30〜21:30
お問い合わせフォーム

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



【天狼院書店「Esola池袋店」 STYLE for Biz 公式Facebookページ】


2018-03-12 | Posted in ゼミ, 会社を作るゼミ

関連記事