ライティング・ゼミ

【ライティング・リターンズ】締め切り前のあの戦いをもう一度!ライティング・ゼミ通常のコースに、特講2コースをセットにした「ライティング卒業生のための復活特別セット」ブランクのある方、リベンジの方大歓迎!《東京・京都・福岡・全国通信対応》


いつもお世話になっております。
天狼院書店の永井と申します。

こちらは、過去にライティング・ゼミを1期以上ご受講いただいた方向けのご案内です。
ゼミの期間に毎週やってくる「締め切り」という存在に追われなくなってから、みなさんは書き続けられていますか?

せっかく習得していただいたライティングも、書くことから遠ざかってしまうと、「書けない」という状況に陥ってしまうことがあります。

また、ゼミをご受講中に、思うように成果を上げられなかった方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。

なかなか掲載に至らなかった、途中で挫折してしまった、という方がどのような部分で躓いてしまったのか。
もしその部分を、より深く学ぶことができる補講のようなものがあれば、より多くの方にライティングスキルを身につけていただけるのではないか。

そう考え、ライティングの中でも特に重要な論点について今年2月、『ライティング特講』という特別講義を設けました。

結論から申しますと、特講を受けられた方の成長は、我々の想像をはるかに超えるものでした。
メディアグランプリでも、お客様の記事が上位に食い込み、「あのお客様には勝てない……」と、スタッフが太刀打ちできないほどでした。
また、6月17日に発売となった雑誌『READING LIFE』では、お客様に多くの記事をご担当いただきました。

黄色くマーカーを引いてある部分が、お客様にご担当いただいた記事です。実に半分以上を占めています。
これは、決してお客様の記事を掲載するために、雑誌のレベルを下げた訳ではありません。
むしろ、お客様に書いていただいた記事が、非常に質の高いコンテンツとなっていたため、採用せざるを得なかったのです。
その証拠に、雑誌『READING LIFE』は販売開始からわずか10日で400冊以上のご購入をいただいております。
(雑誌『READING LIFE』のご購入はこちらから→http://tenro-in.com/readinglife/37871

 

雑誌の記事は、プロフェッショナル・ゼミを現在ご受講されているお客様を中心に書いていただきましたが、特講をステップにしてプロフェッショナル・ゼミへ進まれた方も、たくさんいらっしゃいます。

今度こそ、ライティングを徹底習得して本気で人生を変えたい方。
さらにレベルアップして、プロとして戦っていきたい方。

あなたのその気持ちを全力でサポートいたします。

今回、ライティング・ゼミ通常コースに加え、特講の中でも効果の高かった2つのコースをお付けしたスペシャルセットをご用意いたしました。
ライティング・ゼミをご受講いただいていた皆さまだけにご案内する、特別なセットです。

【ライティング・リターンズ概要】
◆講義
ライティング特講(90分×2コマ)2コース+ライティング・ゼミ全8講
*単講座のみのご受講はできません。特講のみをご受講希望の方はこちらのページをご覧ください。
http://tenro-in.com/zemi/writingsemi/37634
◆会場
東京天狼院 / 京都天狼院 / 福岡天狼院 / 通信受講

◆参加費
一般価格 40,000円
プラチナクラス価格 20,000円

【ライティング・リターンズ・特別カリキュラム】

《ライティング特講 part1・動画受講》「ABCユニット」構築を体得するための「超」実践的特別講座
天狼院ライティング・ゼミの根幹とも言える「ABCユニット」の構築を、短期間で習得するための特別講座です。
より深く、丁寧に「ABCユニット」の構造を解説し、どうすれば「ABCユニット」を構築できるのかを理論立てて説明する「超」実践的な内容になっています。

〔1コマ目 講義/ワーク(90分)〕「ABCユニット」を構築するための実践講義
・「ABCユニット」の構造をより深く理解する
・「ABCユニット」はどう構築すればいいのか?
・書きたいことが、どういうことなのか「因数分解」してみる。~AとCの設定~
・「因数分解」された要素から「逆算」的にBを導き出す方法~Bの設定~
・主性の「メモリ」を調整すると世界が変わる
ワーク 〜「ABCユニット」サーキット・トレーニング(基礎編)【ABCユニット徹底構築】〜

〔2コマ目 講義/ワーク(90分)〕ABCユニット」をコンテンツに練り込むための実践講義
・構築したABCユニットを実際にどうコンテンツ化すればいいのか?
・どの要素から書くべきなのか?
・どの程度「ABCユニット」を意識して書くべきなのか?
・「ABCユニット」と「リーダビリティ第1義」の関係性
・2000字の射程を「制圧」し、コンテンツを「支配」する
ワーク 〜 実際にABCユニットがどうコンテンツに練り込まれているか解析しよう!【ABCユニット徹底解析】〜

《ライティング特講 part2・動画受講》「書くことはサービスである」を徹底して身につけるための特別講座
スキル的なことは、自転車に乗るようなもので、数をこなしていけば何とかなります。
けれども、「スタンス」的なことは、そう簡単には行きません。
スタンスとは「心構え」ですから、「マインドチェンジ」が必要となります。
この特別講座では、「マインドチェンジ」のための講義とワークを用意します。
そして、「書くことはサービスである」のスタンスを手に入れてもらうことを目的としています。

〔1コマ目 講義/ワーク(90分)〕「書くことはサービスである」とはどういう理論のスタンスなのか?
・「書くことはサービスである」とはモラルではなく「戦略」である理由
・重要なのは「承認欲求」をどうコントロールするかである
・「承認スパイラル」を構築するための必要要素とは?
・「利己的」なクリエーター~新海誠とディズニーの戦略~
・『山月記』の虎問題をどう克服するのか?
・誰がために文を書くのか?
ワーク 〜「スタンス」を手に入れるためのシークレット・ワークⅠ〜
*本ワークは、講義の中で明かされることによって最大限に効果を発揮します。

〔2コマ目 講義/ワーク(90分)〕書くことはサービスである」を戦略的に使いこなすために
・なぜ、そのシークレット・ワークをしたのか?〈徹底解説〉
・プロと素人では何が違うのか?~想定読者と「解像度」の関係性~
・「◯◯」のためにお客様に喜んでもらう。
・「ブランド」の「創・費」転換とは?
・「永久思考スパイラル」に必要な2つの要素
ワーク 〜「スタンス」を手に入れるためのシークレット・ワークⅡ〜
*本ワークは、講義の中で明かされることによって最大限に効果を発揮します。

《ライティング・ゼミ全8講のご受講》
現在開講しております「ライティング・ゼミ6月開講平日コース」をご受講いただくことが可能です。
第1講《6月前/東京・福岡・京都・通信 6月7日(水)19:30~21:30》
【LIVE①】ABCユニットの全体像を把握する~目的を因数分解する~
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・「ABCユニット」~文章が読まれるようになるたったひとつのコツ~
・「ABCユニット」は「イースト菌」である
・コンテンツの定義
・あなたは何のために文章を書くのか?
・序破急? 起承転結? 一切忘れてしまいましょう
・Aは「主性」、Bは「公性」、Cは「妙性」に気をつける
第2講《6月後/東京・福岡・京都・通信 6月21日(水)19:30~21:30》
【LIVE②】書くことはサービスである~リーダビリティを高める~
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・書くことはサービスである
・「ABCユニット」は読者を飽きさせない技術
・お客様に「いじわる」することが最大のサービスになる
・あなたが〇〇でないかぎり、あなたの自慢話は誰も聞きたくはない
第3講《7月前/東京・福岡・京都・通信 7月5日(水)19:30~21:30》
【LIVE③】文章に「ストーリー」を込める
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・「ヒーローズ・ジャーニー」最も世の中に受け入れられやすいストーリー作法
・お客様を高めるために、総体的に自分を下げる
・高等テクニック! ストーリーの列挙法
・「会話」から入って一気にストーリーの世界に引き込む
・伏線を散りばめて回収する
第4講《7月後/東京・福岡・京都・通信 7月19日(水)19:30~21:30》
【LIVE④】ライティングでマーケティングを極める
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・ABCのひとつを隠せば「マーケティング・ライティング」になる
・「買ってください」という言葉は絶対に使わない
・マーケティング臭を徹底的に消す方法
・「買わせられた」ではなく「自分が買った」と思わせる方法
第5講《8月前/東京・福岡・京都・通信 8月2日(水)19:30~21:30》
【LIVE⑤】GAPを制するものがABCユニットを制する~GAPと面白さの相関関係~
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・GAPの大きさは体操の「難易度」と等しい
・GAPが大きいほど、Cの着地が難しくなる
・GAPが小さい場合は「列挙法」を使え
・素材の良さがGAPの大小をおのずから決める
第6講《8月後/東京・福岡・京都・通信 8月16日(水)19:30~21:30》
【LIVE⑥】射程を極大化させる方法~プロになるために~
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・あなたはどれくらいの文量を支配できるか?~射程~
・2000~5000字の間にはキャズム的な谷が存在する
・射程を伸ばす方法
・「即興」を鍛える
・あえて、ABCユニットから離れる
第7講《9月前/東京・福岡・京都・通信 9月6日(水)19:30~21:30》
【LIVE⑦】三角理論を使って1冊の本を書く~プロになるために~
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・フラクタル「三角理論」で1冊の本を書く
・1冊の本は2000字が40項目集まったにすぎない
・クライマックス部のボルテージを最大化させる
・ピークエンドでバズを誘発させる
・最速40分で5000字書く技術
第8講《9月後/東京・福岡・京都・通信 9月20日(水)19:30~21:30》
【LIVE⑧】目的を達成して人生を変えるためのライティング作法
【WORK】ワーク・ショップ*4種類のワーク・ショップの中の1つを行います。
・最難関の交渉相手・銀行から融資を引き出す
・ラブレターひとつで恋を成就させる
・1枚絵で就活に勝つ
・これからの時代は「ライティング」が「営業」にとって代わる
・「ABCユニット」が学生を寝かせない人気講義を生む

上記日程で店舗にてご受講が可能です。また、日程の合わない場合でも、動画で受けることができます。
既に終了しております第1講・第2講につきましては動画でご覧いただけますし、7/1に開催する「1DAY集中講義」にて振替受講も可能です。

《全16回の投稿チャレンジ権》
毎週月曜 23:59締め切りとなっています。
7月→3、10、17、24、31日
8月→7、14、21、28日
9月→4、11、18、25日
10月→2、9、16日

特講は通常1コース10,000円ですので、2コースで20,00円分を特別に無料にてにお付けしております。
そのため、誠に勝手ながら席数を20名さまに限定させていただきます。
どうぞお早めにお申し込みいただきますよう、お願い致します。

 

【お申し込み方法】
こちらのページのPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは店頭ご一括、PayPalご一括または銀行振込をご利用いただけます。

東京天狼院:03-6914-3618
福岡天狼院:092-518-7435
京都天狼院:075-708-3930

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。
「プラチナクラス価格」での受講をご希望の場合は別途CLASS天狼院「プラチナクラス」へのお申し込みが必要です。
合わせて「プラチナクラス」のボタンから決済を行なってください→【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」誕生!~最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定~《詳細・決済ページ》

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

*下の注意事項をよく読み、ご了承いただける方のみ決済にお進みください。

【ライティング・リターンズ/一般】通常のコースに特講2コースをセットにしたライティング卒業生のための復活特別セット《一般価格 40,000円》一括払い




【ライティング・リターンズ/プラチナクラス】通常のコースに特講2コースをセットにしたライティング卒業生のための復活特別セット《プラチナクラス価格 20,000円》一括払い




【注意事項】
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全8回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。

■講師プロフィール
三浦崇典(Takanori Miura)
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店店主。雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。2016年4月より大正大学表現学部非常勤講師。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、BS11「ウィークリーニュースONZE」、ラジオ文化放送「くにまるジャパン」、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』、雑誌『致知』、雑誌『商業界』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場

【天狼院書店へのお問い合わせ】

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


関連記事