fbpx
12月京都イベント

【12月11日(水)19:30〜】【京都ファナティック読書会🎄「村上春樹読書会」開催!〜私の大好きな作品はこれだ!〜】《初参加大歓迎!》《これから村上春樹作品読みたい方大歓迎!》


みなさま、こんにちは、京都天狼院の池田です!

とうとう、京都天狼院でも、開催してしまいます!

「村上春樹読書会」!!

不思議でした。

なぜ「森見登美彦読書会」や「伊坂幸太郎読書会」「有川浩読書会」は開催するのに、

「村上春樹読書会」が、京都天狼院では開催されないのか……。

あまり京都天狼院スタッフは、村上春樹を読んだことがないのかな?

そう思って、スタッフたちに聞いてみたら、やっぱり読んだことはあるみたい。

むしろ結構、様々読んでいるスタッフばかり。

あまりにも身近すぎて、語る場を設けて来なかったのかもしれません。

そういう私も、村上春樹は、中学生の頃からずっと親しんできた作家さんです。

大学生の時に読んだ、『1973年のピンボール』は、

その本をクリスマスに語り合ったのち付き合った男もいたという、私にとって忘れられない1冊。

結局別れちゃいましたから、今となってはちょっとほろ苦い思い出です。

有名作がたくさんで、多くの人が読んでいるからこそ、村上春樹の本にまつわる様々な物語が、みなさまの中にもあるのではないかなと思います。

2019年ももう終わりに近づく12月。

どんな読書会を開きたいかな、と思った時に、とっても身近で、多くの人に読まれている、村上春樹についてみなさまと語り合いたい、とふと思いました。

みなさまの、村上春樹作品の思い出を、年の最後に聞いてみたい……。

ということで、思い切っての開催です!!

「ノルウェイの森しか読んだことないんですが……」

「村上春樹って実は好きになれなくて、この際魅力を語ってもらって好きになりたい!」

「とっても好き、……エッセイだけだけど!」

などなど、どんな方でも、大歓迎です!

村上春樹は、なぜこんなに読まれるのか?

村上作品の中で、一番の傑作は何なのか?

初心者におすすめしたい、村上作品とは?

さまざま、お話お伺いできればと思います!

お気軽にみなさま、ご参加くださいませ。

みなさまとお会いできることを楽しみにしております!

京都天狼院 池田瑠里子

《ファナティック読書会とは》

「ファナティック読書会」という名の由来は、「好きな本を熱狂的に(ファナティックに)語る」ことだけが参加条件の読書会だから。

つまり、難しいプレゼンの技術や話のうまさは関係ございません!!

とにかく、お持ちいただいた本のどんなところが好きなのかを、思う存分語っていただければ良いのです!

また、『紹介していただいた本を実際に発注し、店頭に一定期間並べることができる』のも、ファナティック読書会の大きな特徴のひとつ。

自分の紹介した本を、他のお客様にも手に取ってもらうことができます!

自分の紹介した本に興味を持ってもらえたり、

「あの本、買ったよ!これから読む!」と報告してもらったり、感想をシェアし合うことができたり……

本好きの仲間がいるからこそできる、読書の楽しみ方を味わうことができますよ!

イベントスケジュール


【概要】
日時:2019年12月11日(水)

19:30〜21:30 京都天狼院 「ファナティック読書会」

開催場所:天狼院書店「京都天狼院」
*アクセスはこちら

参加費: 1,500円(税別)+1オーダー

ファイナルクラブ天狼院/プラチナクラスにご加入のお客様は参加費半額で参加できます。

定員:15名

《一般》京都天狼院ファナティック読書会 1,500円(税別)

《ファイナルクラブ 》京都天狼院ファナティック読書会 750円(税別)

*お電話・メールでもご予約承っております。
こちらの お問い合せフォーム から、タイトル【12/11 京都天狼院「村上春樹」ファナティック読書会】、お名前、アドレスを明記の上、メールをお送りください。

【注意事項】
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。

【天狼院書店へのお問い合わせ】

TEL:075−708−3930

 天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



関連記事