fbpx
【天狼院のゼミ/3月〜開講コース】

★3月中10%OFF!【5月開講/初開催!】情報を整えるプロになる「編集ライティング講座」コンテンツ制作スキルを磨く2ヶ月集中コース~「編集力」+「文章力」の二つを武器にする!2ヶ月で5,000文字の記事を一本仕上げる課題にチャレンジ!


《早期お申し込みでお得なキャンペーン①!》

今回、早期お申し込みキャンペーンとして、
2020/3/31(火)23:59までにお申し込みいただいた方は《10%OFF》にてご受講いただけます!
一般:¥30,000(税別)→¥27,000(税別)《3,000円(税別)お得!》
「ファイナルクラブ天狼院」会員:¥15,000(税別)→¥13,500(税別)《1,500円(税別)お得!!》


記事:川代紗生(天狼院書店スタッフ)

へん しゅう -しふ [0] 【編集・編輯▼】

( 名 ) スル

一定の方針のもとに、いろいろな材料を集めて新聞・雑誌・書物などを作ること。また、その仕事。(三省堂 大辞林 第三版より引用)

最近、世の中で「これからは、編集力がある人が勝つ」というような言葉を、よく耳にします。

紙媒体の書籍、雑誌、Webメディアの記事、YouTubeなどの動画、SNS。

情報発信の手段も、種類も、時代が進歩するにつれ、格段に増えてきているからこそ、「情報を集め・整え・発信する」力が求められている、ということなのだろうと推測します。

みなさんは、「編集」という言葉に、どのようなイメージをお持ちでしょうか。

私は、「編集力」というのは、理想のお部屋をつくるようなものだと思っています。

このくらいの間取りのお部屋がある。スペースはこれくらいある。

雰囲気はスタイリッシュにしたい。お部屋には何を置いたらいいだろう。この家具があったら快適になるかな。これは必要がないから、ちょっと脇に置いておこう。

「こんな部屋をつくりたい」というゴールをまず決め、その部屋には何が必要で、何が必要じゃないのかを洗い出す。そして、どこに配置すればもっとも快適に暮らせるかを考え、整理していく。

そんなイメージです。

つまり、必要な情報・必要でない情報を洗い出し、整理整頓していき、自分の目的をもっとも達成しやすい形にまとめていく──。

それが「編集力」だと思います。
 

❏「編集力」と「文章力」は別のスキル


とはいえ、これがなかなか難しいんですね。

私も、ライターとして情報を発信する仕事をしていますが、常々「編集作業」の難しさを痛感しています。

というのも、「編集力」と「文章力」は、別のスキルなのです。

いくら文章を書きなれていたとしても、編集する力がなければ、なかなか、情報量の多い濃密な記事は書けません。

なので、いつも試行錯誤しながら編集作業をおこなっています。

「編集」も「ライティング」もどちらもできる「編集ライター」さんって、いないもんでしょうか?

こんな話を、出版社やメディアの方々から聞くことも、多々あります。

これは、「編集力」だけでもなく「ライティング力」だけでもなく、両方のスキルを習得できないと今後情報発信の分野で仕事していくには、なかなか厳しいな。

そう思ったことが、今回の講座を企画した経緯でありました。

きっと私と同じように、

「文章ならなんとなく書き慣れてきたんだけれども、編集となると、よくわからないんだよなあ」

「情報量の多いコンテンツをつくってみたい」

「エッセイのように自分の思いを語るだけじゃなく、情報を一から調べて伝えるような記事にもチャレンジしてみたい」

といった思いを抱かれている方も多いのではないでしょうか。
 

❏2ヶ月で5,000文字の記事を一本仕上げる


今回の「編集ライティング講座」は、2ヶ月の短期集中コースとして実施いたします。

ずばり、この2ヶ月の目標は何かというと、

<2ヶ月間で、5,000文字の記事を一本仕上げること>
こういった課題を決めました。

とはいえ、5,000文字といっても、ただつらつらと自分の考えをひたすら書いていけばいいわけではありません。

  • 企画趣旨を固める(記事の目的、読者ターゲット、読者メリット)
  • 資料収集する(文献を調べる、必要に応じて取材する、あるいは実験してみる)
  • 記事の構成を考える(必要な情報・必要でない情報を取捨選択し、整える)
  • 執筆する(伝わりやすいように意識しながら、文章を書く)

以上のステップをふまえて、コンテンツを仕上げていただきます。

記事のテーマは自由といたします。

なので、自分が好きなものでもよいですし、または、勉強のために「あえて、あまり詳しくないものを題材に選ぶ」などしてもよいかもしれません。

2ヶ月書けて、とにかく「書ききる」「仕上げる」というところがゴールになりますので、5,000文字なんて長い量書いたことない! そもそも編集をしたこともない! という方でも大丈夫です。

まずは、やってみることです。

とりあえずチャレンジしてみないことには、編集の感覚も、ライティングの感覚も、掴めて来ないだろうと思います。
 

❏講師紹介


講師は、現役の書籍編集者であり、フリーランスのライターとしても活動されている、池口祥司さんにご担当いただきます。

【講師プロフィール】池口祥司(いけぐち・しょうじ)
1984年、山口県生まれ。早稲田大学法学部卒。
2008年、株式会社PHP研究所入所。第一普及本部東京普及一部(書店営業)、企画部、特販普及部を経験後、ビジネス出版部にて7年間累計100冊以上のビジネス書の編集に携わる。2018年、天狼院書店に参画。
担当した書籍に『経営者になるためのノート』(柳井正著)、『YKKの流儀』(吉田忠裕著、出町譲取材・構成)、『アマゾンが描く2022年の世界』(田中道昭著)、『大人はもっと遊びなさい』(成毛眞著)、『挫折力——一流になれる50の思考・行動術』(冨山和彦著)、『史上最強のメンタル・タフネス』(棚橋弘至著)などがある。

池口さんにお願いをしたのは、とにかく「情報をわかりやすく伝える」能力が、半端なく高いからです。

編集者時代に100冊以上の本の編集をされていたということもあり、池口さんは情報の整理をするのがとても上手なんです。

私も何度かコンテンツ制作の相談させていただいたことがありますが、いつも

「その企画の本質は、〇〇ですよね。なので、〇〇がなぜそうなるのかという書き出しにし、それにはこういった理由があって、このエビデンスがあってというふうな順番でまとめていったらわかりやすくなると思います」

といった具合に、瞬時にアドバイスをくださるのです。

今回のクラスでも、最終的に記事を一本仕上げた方は、指定の方法で課題を提出(受講者限定のFacebookグループを使います)していただければ、池口さんのフィードバックを受けることができます。

ですので、文章を書いているときに

「順序立てて説明ができるようになりたいのだが、どういった順序で説明すればよいのかわからない」

「資料収集をしていると、何が本質なのかわからなくなってくる」

「全部重要な情報に感じてしまうので、調べたことを全部記事に詰め込みたくなる。結果的に説明っぽい文章になってしまう」

といった悩みが出てくる方なら、とくによいと思います。

講義を受け、この5,000文字の課題にトライしていただくことで、「情報を整理して、順序立てて伝えるってこういうことか」とわかっていただけるんじゃないかと思います。

ということで、「編集ライティング講座」、気軽に参加していただければと思い、2ヶ月の短期集中コースにいたしました。

全3回の開催日のうち、真ん中には、質疑応答兼懇親会の時間も設けていますので、記事執筆で迷ったことがあれば、そのときに池口さんへご質問ください。

大人気の文章教室「ライティング・ゼミ」とあわせてご受講いただくと、より理解が深まるんじゃないかと思います。

もちろん、ライティング・ゼミ未受講の方でもまったく問題ございません。

「編集とは何か?」という基礎的なところから行いますので、初心者でついていけない、ということもないだろうと思います。

「なんとなく面白そう〜」というぼんやりとした目的でのご参加も、まったく問題ございません(むしろそういった方にコンテンツ制作の面白さにハマってもらえたらとても嬉しいです!)ので、ご安心ください。

これからさまざまな場面で使える「編集ライティング」のスキル。

2ヶ月間、講義を受けつつ、課題に取り組み、楽しみながら習得していきましょう!

よろしくお願いいたします。
 

❏講義スケジュール


第1日目:「編集ライティング」を学ぶ講義①(120分)《5月9日(土)19:30〜21:30》

5月10日〜5月28日:原稿制作期間

第2日目:質疑応答会+懇親会(120分)《5月29日(金)19:30〜21:30》

──この日は、池口さんにざっくばらんに質問をすることができます。課題を進めるなかで、困ったことがあれば、この時間に池口さんに質問してください。通信受講の方も、Facebookグループを利用して質問することができますので、ご安心ください。

5月30日〜6月28日:原稿制作期間

第3日目:「編集ライティング」を学ぶ講義②(120分)《6月29日(月)19:30〜21:30》

5,000文字課題提出締め切り日:7月8日(水)23:59

❏カリキュラム

・「編集」とは何か?
・5,000文字に最適な情報量とは?
・コンテンツ制作の手順
・資料収集の種類と、効率のよい情報集めのポイント
・企画趣旨を決める
・読者ターゲットを決める
・全体の構成を考えよう
・推敲のコツ
・読みやすい文章を書くためのポイント
・トンマナを合わせる
・エビデンス不足と感じたら、どうしたらいい?
・具体例を配置するバランス
・魅力的なタイトルと見出し、どう考える?


❏【2020年5月開講】「編集ライティング講座」概要

■講義回数:全3回
*単講座のみの受講はできません。
■会場:東京天狼院/福岡天狼院/京都天狼院/全国通信対応
・・・インターネットが整った環境にて、リアルタイム生中継・もしくは後日アップロードされた動画を視聴しお好きな時間にお好きな場所で受講頂けます。
*不明点などは受講生専用の閉じられたFacebookグループのコメントにてやり取りをすることができます。
*動画は、限定公開のURLを、受講生の方のみに共有する形で、ご視聴いただきます。

■参加費: ★3月中のお申し込みで《10%OFF》!
一般:¥30,000(税別)→★早割10%OFF:¥27,000(税別)《3,000円(税別)お得!》
「ファイナルクラブ天狼院」会員:¥15,000(税別)→★早割10%OFF:¥13,500(税別)《1,500円(税別)お得!!》

■参加特典:
・講師や他の受講生とコミュニケーションできる非公開のFacebookコミュニティ参加権(原稿制作に関する不明点等は、Facebookグループ内で池口先生に質問していただけます。池口先生がお手すきの際に、ご回答してくださいます)
・全講義動画視聴権(ゼミ終了後1ヶ月間視聴可能。その期間は何度でも復習できます)

■参加条件:
・Facebookアカウントをお持ちである、もしくはこれから登録予定であること。
(諸連絡や資料の共有、課題提出などにFacebookを使用します。本名での登録に抵抗がある方は、ペンネームのアカウントで登録していただいても問題ございません)
*「ファイナルクラブ天狼院」の方は、本ゼミに半額で参加いただけます。→「ファイナルクラブ天狼院」についてはこちらから
*店頭受講の方には、受講毎に1ドリンクオーダーを頂いています。
*お申し込み受付は、決済完了順とさせていただきます。
*定員になり次第、予告なく、締め切らせていただきます。
*通信受講の方へは、生放送配信を行います。生放送中は、Facebookグループに「通信受講の方専用・質問BOX」を作成いたします。そちらにコメントいただくと、スタッフが代理でコメントを読み上げます。
*録画した動画は通常1日〜3日後に、受講店舗にかかわらず全受講生に配信をいたします。
*通信で講義を受講される際には、安定したインターネット環境でご視聴ください。
*決済後の返金はいたしかねますのでご了承ください。


【お申し込み方法】
こちらのお申し込みページ内のPayPalボタンより決済、または各店舗までお問い合わせください。
お支払いは、店頭ご一括、またはPayPalでの決済、銀行振込みをご利用いただけます。

■店頭支払い(一括):
全国の天狼院書店各店にて現金またはクレジットカードでお支払い頂けます。店舗スタッフまでお申し付けください。

■PayPal決済(一括):
下記のPayPalボタンの中からご希望のコースを選び、決済を行なってください。

■銀行振込み(一括):
メールやお電話にて銀行振込みでのお支払い希望の旨をお知らせください。手続き方法、振込み先口座をご案内させて頂きます。

《早期お申し込みでお得なキャンペーン①!》

今回、早期お申し込みキャンペーンとして、
2020/3/31(火)23:59までにお申し込みいただいた方は《10%OFF》にてご受講いただけます!
一般:¥30,000(税別)→¥27,000(税別)《3,000円(税別)お得!》
「ファイナルクラブ天狼院」会員:¥15,000(税別)→¥13,500(税別)《1,500円(税別)お得!!》


【Paypal決済はこちらから】


【Paypal決済】

*下のプルダウンメニューから、種別、受講地を選択の上、「今すぐ購入」ボタンから、決済にお進みください。
*会員価格は、「ファイナルクラブ天狼院」のお客様のみご購入可能です。


■支払い区分(下記のドロップダウンメニューからお選びください。)
■受講地



【加入手続きのガイド】
今すぐ購入/購読ボタンを押しますと、PayPalの決済ページに飛びます。
*一括払いの方はアカウントの作成なしで決済が可能です。

PayPalのアカウントをお持ちの方は「ログイン」ボタンを押してお進みください。
アカウントをお持ちでない場合は、「クレジットカードまたはデビットカードで支払う」ボタンを押してお進みください。
アカウントを作成せず決済する場合には、「カードで支払う」より、必要事項をご入力ください。

以後、案内に通りにお進みください。
アカウントを作成される方はページ下方の「PayPalアカウントの作成」よりアカウントを作成してください。

決済が完了しましたら「自動配信メール」が登録のメールアドレスに配信されます。
そのほか、追って(お申し込みが殺到する場合、2、3日かかる場合もございます)、天狼院書店から登録完了のメールを差し上げます。


【注意事項】
・有料・無料に関わらず、参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・紹介されている講座内容も含めた本記事の著作権は、株式会社東京プライズエージェンシーに帰属します。本記事の内容の全部または一部を、他媒体に無断転載することを固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・全3回全ての講座の受講になります。単講座での受講、途中解約は致しかねますので、ご了承の上、決済にお進みください。


【天狼院書店へのお問い合わせ】
TEL:03-6914-3618(東京天狼院)092-518-7435(福岡天狼院)075-708-3930(京都天狼院)

天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL 03-6914-3618 FAX 03-6914-3619
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021
福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

TEL 092-518-7435 FAX 092-518-4941

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN

〒605-0805
京都府京都市東山区博多町112-5

TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931

 


関連記事