fbpx
メディアグランプリ

『心のゆとり。バスで出会った物語』


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:佐藤 弥(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
とある休日。私は、セミナーのイベント会場へ向かうため、バスで移動していた。
やってしまった。まさかの朝寝坊。
このまま向かえば、ぎりぎり開始時間には間に合うかもという状況。
前々から楽しみにしていたし、代金も払っているし、できれば遅れたくないと、気持ちは焦っていた。
赤信号でバスが停車する度に苛立ってきて、携帯画面の時刻を何度も確認していた。
 
バスが途中の駅で停車して、乗客が乗ってきたときのこと。
「運転手さん、すみません。今、杖がないことに気付いたの!」
おばあちゃんの大きな声が車内に響いた。
「あっ! きっとスーパーで袋詰めしていたときだわ。そのまま杖を置いてきぼりにしてきちゃったんだわ」
今思えば、何てかわいらしい表現を使うんでしょう。
バス停の近くに、スーパーがあるのが見えた。
運転手さんは、「取りに戻っていいよ! 待ってるから」と即座に言葉を返した。
私はというと、即座に心がざわついた。
こんなときに限って、うそでしょ。急いでるのに勘弁してよと、イライラが怒りに変わっていた。
 
近くで座っていた若いカップルも、「まじか」と苦笑いしながら話していた。
私は、仕方ない仕方ないと自分に言い聞かせて、怒りを静めていた。
 
その後の運転手さんの対応が、とっても紳士的だった。
車内の乗客に向けて、マイクで話し始めた。
「おばあちゃん、歩くの大変だろうし、やっぱり私も一緒に行ってきます。
皆さま、もし杖が見つからなかったとしても、すぐに戻ってきます。5分
以上は待たせませんから」
そう言って、おばあちゃんを追いかけるように、スーパーへ向かった。
 
「5分以上は待たせませんから」
この一言が添えられるだけで、どれだけ待たされるんだろう? という不安な気持ちは大分軽減していた。私は、何とか間に合いますようにという気持ちでいっぱいだった。
そのとき、後ろから母親とまだ幼い女の子の会話が聞こえてきた。
「おばあちゃん、大丈夫かな。杖見つかるかな?」
「運転手さんもついているし、大丈夫よ。きっと見つかるよ」
「見つかるといいね」
 
私は、はッと我にかえった。
困っている人がいたら、優しい心で寄り添ってあげたい。助けてあげたい。
そんな自分でありたいと、これまで生きてきたけど、今わたしの気持ちは真逆の方向を向いていた。
何て優しい親子だろう、何てかっこいい運転手さんだろう。
心が狭くなり、イライラしている自分が情けなかった。
 
「お待たせしました。杖見つかりました!」
あれからすぐに、運転手さんとおばあちゃんが一緒に戻ってきた。
「みなさんお待たせして、すみませんでした」
おばあちゃんは、みんなに深々と頭を下げた。
「良かったね」
女の子の純粋な声に、車内も私の心も温かく包まれていくのを感じた。
ああ、なんて素敵な物語に遭遇したんだろう。
私は、何か大切なことを学ばせてもらったという気持ちだった。
時間に余裕がなかった私は、心のゆとりを取り乱していた。
考えてみれば、たかだか5分程度の出来事なのに、心の中でおばあちゃんに文句をぶつけていた。
でも冷静になって自分のイライラの元をたどると、おばあちゃんに対してではなかった。
もし、時間にゆとりがある状況でバスに乗っていたら、おばあちゃんに対して、こんなにイライラしていなかったなと思う。
 
これまで交わしてきた自分との約束をやぶってしまったこと。
そんな自分に対して、怒りが湧いてきたんだということに、後から気付くことができた。
 
時間に余裕をもって行動しよう、寝坊しないように気をつけようと、過去に何度も自分に言い聞かせてきた。
教室に遅れて入ることで、みんなに注目されて恥ずかしい思いをしてしまうかもしれない。
もしかしたら、講師の話を中断してしまい、迷惑をかけてしまうかもしれない。
トイレに行く時間の余裕もない。自分の落ち着く席に座れない。
などなど、そこから派生する不安感も上乗せされて、イライラがさらに膨れ上がり、おばあちゃんのせいにしてしまっていた。
自分の都合を叶えたいのであれば、改めるのは、自分の行いの方なのに。
 
心に余裕をもたないと、人に対しての優しい気持ちが蝕まれてしまう。
気持ちが攻撃的になり、他人を責め、自分のことも責めて嫌いになる。
そんな自分の一面を知れたことの学びが、とても有益だった。
 
時間には、ゆとりをもてるように行動したい。
何よりも、心にゆとりをもつことが、自分や他人と気持ちの良い関係を築いていくうえで、大切な秘訣だと思う。
 
 
 
 
***
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【2020年2月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2020-01-31 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事