fbpx
メディアグランプリ

死んでしまったら、後悔先に立たず


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:東方小百合(とうぼう さゆり)(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
ある日のこと、18歳次男の独り言。
 
「どうしようかな?」
「どっちにしようかな?」
 
何だか迷っているようだ。
 
本来、どちらを選択するか? は、次男が決めることだけど、この時の私は、
提案したのである。
 
「迷った時は、やる! を選択した方が、いいよ」
「やらないで、後悔するより、やって後悔した方がいいから」
 
やらないで、やればよかったと思うより、やった後悔の方が、いい。後悔値が、小さいと思うからである。
後悔値とは、後悔をした値のことだ。
私たちの人生で、後悔をしないなんて、ある意味あり得ないかも知れないが
後悔を減らす生き方は、出来るのではないかと思っている。
 
次男にもそうであって欲しいと思ったのだ。
 
私は、とても慎重派で、どこか完璧主義なところがあった。何かを選択する時も、とても臆病だし、やることに怖さを感じて、やめてしまうこともあった。
やって失敗した時、それをやったことにさえ、後悔をする。それを選択した自分を責めたり、人や状況のせいにしてしまうこともあった。そんな私が、180度、変わったのだ。
 
12月の初め、親友が、突然、この世を去った。
久々の再会は、横たわった、死化粧をしたM子だった。
いくら話しかけても、返答はない。
 
M子は、頭痛がすると言って、仕事を休んだ夜、キッチンで倒れた。帰宅した娘が発見したときは、すでに心肺停止状態だった。蘇生措置も施されたが、彼女は、戻ってこなかった。
 
突然死。
 
普通に過ごした、その晩に、突然、命を落としたのだ。
彼女の普段ある当たり前が、すべて無くなってしまった。未来を創造することも出来ないのだ。
監察医が「最期、苦しまなかっただろう」と言っていたのが、せめてもの救いかも知れない。
 
彼女とは、忙しさを理由に連絡も途絶えていた。もっともっと話をしたり、時間を共有したかった。
「どうしてるかな?」と、とても気になっていただけに、連絡をしなかったことに、私は、ただただ後悔していた。
 
葬儀で、私は、弔辞を読んだ。
 
「娘の成長を見たかったよね? まだ、やりたいこと、たくさんあったよね? 後悔の気持ちで、いっぱいだと思います」と弔辞を述べた。
 
その時、何とも言えない違和感を感じた。あれ? 彼女は、そんな風に思っていないのでは、ないかと感じたのだ。
彼女は、きっとこう言う。「後悔したってしかたないじゃん」と笑っていいそうだ。なぜだか、そう思ったのだ。
そんな風に前をいつも向いて、弱音をはかない、強く優しい女性だった。
 
M子は、後悔ない人生だったのか? この世に後悔は、ないのか?
彼女も、まだまだやりたいこともあったと思う。一人娘の成長を見届けたかったに違いない。まだまだ楽しいことも、いっぱいある人生だったと思う。何より、両親が、まだ健在だ。親より先に逝くことは、親不孝なことかも知れない。
 
私たちは、日々たくさんの選択をしている。
だから、後悔をすることもあるかも知れない。
間違えたと気づくこともたくさんあると思う。
その時にやり直せばいいのでは、ないか?
生きていればやり直しが、いくらでも出来るのだから。
 
後悔値を減らす選択する。
何でもチャレンジしてみる。
 
私は、そんなことをM子の死から学んだのだ。
 
M子の亡き後、彼女のいなくなった家族は、バランスを崩し、うまくいかなくなっている。父親と娘の確執だ。
 
生前、M子は、そのバランスを保つことを全力でやっていたようだ。
今更ながら、M子の存在の大きさを感じている。
 
M子家族が、住んでいた家を移り、父と娘は、別々に生活している。
 
この父子も後悔しない選択をしているのだろうか?
それぞれの人生、自分で責任を持ち、自分の生きる道を選択しているのだろうか?
 
正直、私は、とても悲しい。彼女が、守ってきたものが、バラバラになっていくような気がしてならない。
M子は、悲しんでいないだろうか? とばかり、考える。
彼女の人生が、後悔ない人生であって欲しいから。
 
そして、彼女の死を無駄にしないため、私は、後悔しない人生を送っていきたいと思っている。
「後悔先に立たず」 後から悔やんでも遅いということを二人の息子たちにも、伝えていきたい。
何でも、やりたいことは、やってみる。行きたい場所には、行ってみる。
後悔しないように、何にでも、チャレンジして欲しい。
そして、親の私は、子供達が、チャレンジに失敗しても、戻ることの出来る、安心する場所を用意して、待っている。
子供達の可能性を信じ、見守ることにしよう。それが、私の後悔を減らす生き方の一つである。
 
そして、私の人生の最期を創造してみた。
いいお父さんになった二人の息子とお嫁さん、可愛い孫たちに囲まれ、「いい人生だった。私の人生、後悔はないよ」と、最後の力を振り絞って、笑顔で言いたいのだ。
そして、子供達に「お袋の人生、後悔ないね」と、泣きながら、笑顔で言って欲しいと思っている。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-07-16 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事