fbpx
メディアグランプリ

10年近く海外で暮らしていたのに一向に英語が上達しなくてフラストレーションが溜まっている話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:臼井真知子(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
人生で一度くらいは「あー、英語が話せたらなー」と考えたことはないだろうか?
英語の勉強には目標設定が大事だ。
 
30歳の時に縁あって、海外で仕事をすることが決まった。海外で暮らす不安よりも「やったー、これで英語がペラペラ喋れるようになるのか―」と心の中でガッツポーズをした。学生時代から英語は嫌いではなかったが、特別に将来は英語に携わる仕事がしたいといったモチベーションもなく日本でごく普通に仕事をしていた。当時の私は、英語が話せないのは日本にいるから、話すチャンスがないから、と思っていたので海外生活、ましてや仕事をすれば英語なんて自然にネイティブのように話せるようになるんだろうと考えていた。
国を変えて合計8年間を海外で過ごした。結論から行くと、私が思い描いていた「英語が話せる人」にはなれなかった。
最初の2年ぐらいで、自然に生活をしていても英語なんて上達しないんだと気付き、後半は私なりに、日本語断ちをしたり、英会話スクールに通ったり、大学院にまで通ったのだが、私の憧れていた宇多田ヒカルさんのようにカッコよく英語を話すレベルには到底辿り着かなかった。それでも真摯に英語と向き合ってきた私はまだマシなほうで、海外に何年住んでも一向に英語が話せていない日本人がうじゃうじゃいるのが現実だ。
 
いやいや噓でしょー、と思うかもしれないが本当だ。
そりゃあ、スタバに行けばまあまあ流暢に「Can I have a coffee?」と注文し、店員さんと朝の一言二言くらいは交わせるけど、それは私が週に3回は朝コーヒーを買う生活をしていたので、毎回同じフレーズを繰り返すことで自然に言葉が出てくるようになっただけの話である。
じゃあ自己紹介はどうだろう?これも練習の賜物である。新しい人に会えば必ず自己紹介をするので、名前、出身地、仕事、などなど8年間のうちに何度も何度も繰り返せば、自己紹介くらいはまあスラスラ言えるレベルだ。
 
すると、多くの外国人は「Your English is great」と言うのだが、私は「Thank you」といいつつ、心の中で「いやいや、練習しただけですから」と呟く。1対1で話すと、体感的には相手7:私3ぐらいの割合で会話が進行していく。相手が話題を提供し、私が二言三言答える。すると相手がまたそこから会話を広げる、という具合だ。大人数での会話となるとその割合は9:1いや、むしろ存在を忘れられて壁の花となるしかない状況に何度も陥った。みんなの話している話題についていけない、何とか愛想笑いで誤魔化すのがやっとで、どうか私をパーティーに誘わないで!といつも願っていた。多分、大人になってから海外生活を経験した人ならこの気持ちが痛いほどわかるはずだ。
 
一昨年帰国し、グローバル枠の中途採用で入社し、現在は日系企業に勤めている。
「何年海外にいたの?」
「は、8年ほどです」
「わー、すごーい、英語ペラペラなのね~」
「いえいえ」
この会話が繰り返されるたび、海外生活を10年ちかくもしていた人=英語がネイティブ並みに話せる。という世間の思い込みと、自分の英語力とのギャップに苛まれ、もういっそのこと英語なんて喋れなくていい。と思ってしまうのだ。
 
実際、会社では英語が話せる人として認識されているし、英語の文章もナントナクは読めているし、書けてはいる。
日本語だったらパッと本を開いて、斜め読みをすればだいたいの意味はつかめるが、英語ではそういうわけにもいかないし、文章ひとつ書くのだって、この表現で合っているのだろうか?ときっと野暮ったい英語に違いないと思いながら書いている。
日本語で考え、日本語で話すように英語を使いこなせるかというと答えは100%ノーである。
 
私は、英語の先生や通訳者になりたかったわけじゃないのに、ゴールを「英語を母国語のように使えるようになる」と誤って設定してしまったせいでこんなにも英語に苦しめられる事態に陥ってしまった。最初から「英語でコミュニケーションが取れて、現地で生活ができること」と設定していればこんなことにならなかったのだろう。
高すぎる山を目指してしまったばっかりに途中まで登ってもまだ頂上が見えず、遅すぎた出発に息切れ寸前だ。
 
よく海外留学したら、数か月後には英語で夢を見るようになった、なんて話があるけれど全くのウソだ。いや、頭の柔らかい学生ならそうなのかもしれない。高校を卒業してアメリカに留学しそのまま在住している妹は、アメリカ人のように会話をし、考える時も英語、独り言ももう英語で、たまに日本語を忘れるそうだ。18歳から英語漬けなのと、30歳からの英語学習では同じゴールにたどり着かない。
 
どうか、今から英語を勉強しようと思っている大人の皆さんには、低い山を目指して、「海外旅行で現地の人と意思疎通ができること」とか「英語で新聞が読みたい」といった具体的な目標を立てて英語の勉強に励んでほしい。くれぐれも、ペラペラと英語をしゃべっている自分を想像しながら英語学習を始めないでほしい。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-07-17 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事