fbpx
メディアグランプリ

失敗は10年寝かすと宝物。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:いじち ようこ(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
「キャッ、キャッ! 歩きはじめの赤ちゃんて、こんな風に手を上げて歩くよね」
久しぶりに、姪・甥っ子と会えて嬉しい私は、相当はしゃいでいた。
 
我が家には子供がいないので、彼らのことが可愛くて仕方がない。
 
冬枯れの遊歩道、手をヒラヒラ頭の上に上げ、ふざけながら2人を追いかける。
身軽な彼らには、とても追いつかないが。
 
それは、ずいぶん前のお正月休みのこと。
いまは高校生になっている2人が、まだ小学低学年のころの話だ。
実家近くの公園へ遊びに行く途中にそれは起きたのだった。
 
「ぎゃあーーー!!!!!」
手を上に揺らしたまま、木の根っこにつまずいて顔から転んだのは……
私だった。
 
すぐに頬骨あたりに激痛が走る……これは血が出ているに違いない。
マズい。
しかもメガネ。割れたのか?
その土地に不慣れな子供2人に大人は私1人だけ。
さぁ、どうしよう。
 
さてあなたは失敗、もしくは小さな事故のようなことが起きたとき、
どんな気分になるだろうか?
あの「やってしまった……」というゾワッとする感じ、いつまで経っても慣れないものだ。
できたら、失敗なんてしたくない。
 
けれどもどんな失敗も、時を経て振り返ってみると。
当時のイヤな気分は消え、それどころか笑えるようになっているから不思議だ。
その場にいたメンバーと、話すと確実に盛り上がることができる。
もっと他に、美しいエピソードもあっただろうに。
そう、失敗が含まれるエピソードのほうが、断然クッキリと記憶に残りやすい。
そして寝かせると、宝物のような思い出に変わるのだ。
私の場合は10年近くたったぐらい、が笑いに変えられる分岐点だと感じている。
 
さて冒頭の転んだ話に戻りたい。
うずくまって顔を押さえる私を、心配そうに覗き込んでくれたのは、姪っ子だった。
「大丈夫? 見せて!」
 
どんどんズキズキ痛くなってくる。
どうしよう。手を離すのが怖くて、携帯を取り出すこともできない。
 
姪より1歳の年下の甥の方は、「ぼく、知〜らない!」とそっぽを向いている。
「それより遊びに行こうよー」
 
……行かせてあげたいけど、この土地に不慣れな2人だけにして、わたしだけ帰る訳にはいかない。
 
「うぅ、ごめん、一回家へ帰ろう」と私。
まだずいぶん背が低かった姪っ子が、立たせてくれた。
「うん、帰ろう。ね、いいからケガ見せて」
 
姪、怖くないんだろうか。
この子は将来看護師さんになるんじゃないか……なんてヘンな油断でうっかり手を離す私。
 
「……どう?」
その時の引きつった姪っ子の顔ったら。
「う、うん、そんなにひどくないかな」 明らかに空気を読んだ返事だった。
……あぁ、トラウマにさせたらどうしよう。
 
甥っ子はというと、離れたところで「えー帰るのー」とブーたれている。
ごめんね。きっと怖さと照れかくしが混ざった気持ちなんだろう。
あちこちズキズキ痛む中で、そんなことを思った。
 
ヨロヨロと歩き、ようやく家にたどり着くと、
「ようこ、転んだよーーーっ」
甥っ子が先に家に入り、大声で大人チームに知らせてくれる。
 
メガネは割れていなかったが大きく傾き、頬骨あたりをひどく擦りむいて流血していた。
ダウンコートの肩が破れて羽が飛び出ている。
母や妹たちの連携で、あっという間に病院へ連れて行ってもらえた。
 
幸いなことに応急処置が良かったらしく、いまでは傷はすっかり消えている。
しかし、情けない。できたらもう繰り返したくない経験だ。
 
けれども、この話。
その後、姪・甥っ子と会うたびに、挨拶のように話せるエピソードになったのだから
「もうけもの」だ。
 
「あの時、本当は怖かったけど、可哀想だったんだもん」
「笑っちゃいけないって我慢したよ」と姪。
「小学生にコワイキズ見せちゃってごめんね」と私。
「調子に乗ってたら、またあん時みたいにコケるよ」と甥。
「ひどかったよね、姪〇〇は助けてくれたのに、甥◇◇は見捨てて遊ぼうとしてたもんねー」と私。
「そうそう、ひどかったー」とまた姪。
 
こんな風に、いつも同じ流れで、あの緊迫した状況を思い出して笑い合う。
3人だけが知る、共通の記憶だ。
 
もうとっくに背は越され、口数が減る思春期に入っても、
一緒に笑い合える、架け橋のようなエピソードとなった。
 
きっとこの先、彼らがおばさんおじさん、私がおばあさんになっても、
笑い合えるのではないか? と密かに思っている。
 
この失敗が無ければ、
普通に公園で遊んでいただけだったら、
残念ながら、あの日のことは記憶に残っていないだろう。
 
だが、むしろこの失敗のおかげで。
私よりずっと背が小さくて、
声がキンキン高くて、
今では絶対着ないであろう、カラフルなスカイブルーやグリーンのダウンコートを着て、
真冬でも、それが暑くて脱いでしまうほど、ずーっと遊び続けていた、
あの日の2人の小さな姿をリアルに思い出すことができる。
そして、いつでも私を幸せな気持ちにさせてくれるのだ。
 
だから「失敗は10年寝かすと宝物」説、ぜひオススメしたい。
 
もしちょうど今、
ミスを叱られたり、
私と同じように怪我をしたり、と苦い思いをしている方がおられたら。
気まずさや、ケガは嫌なことだけど、
その場でできるフォローや治療を精一杯したら、どうか心を落ち着けてほしい。
 
10年ぐらい寝かせると、絶対笑える日が来るから。
むしろ愛しい「宝物」になるから。
 
思ったより10年はあっという間、その後に笑える日々の方がずっと長いはずだ。
 
これからも、老後にクスッと思い出し笑いできるような、
失敗という「宝物」を集めながら、守りに入らず生きていきたい。
 
この夏休み、ぜひあなたの「とっておき失敗談」を引っ張り出してきてほしい。
そして
大切な人たちと、思い切り笑い合うことをオススメする。
きっと「宝物だな」と感じてもらえること間違いなし、だ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 https://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-07-31 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事