天狼院通信

◼︎ 新しい “本” を発信するメディア『天狼院通信』

「天狼院通信」とは、「新しい “本” のかたち」をお届けする、天狼院書店店主・三浦が発信するメディアです。

“本” とは、本来、どんなものか?
たとえば、「孔子」の時代に遡ると、「本の起源」とは、その話を書き留めたノートではなく「孔子の話」自体に価値があります。
天狼院では「有益な情報」を「本」と定義しています。

「有益な情報」をお届けするため、テキストや紙の書籍だけでなく、音声データ、動画、ライブなど……
さまざまなパッケージを通し、有益な情報=「本」を発信していくのが、「天狼院通信」です。

What’s New?

2018-02-01

本屋なのに『殺し屋のマーケティング』を徹底して実践したら、月間売上高の最高記録を

2018-01-22

劇団四季の『オペラ座の怪人』を観て、もう二度と劇団四季に勝とうなどとは思いません

2018-01-17

なぜ「出版界の至宝」と言われる彼が、出版社を辞めて天狼院書店に合流したのか?

2017-12-19

『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』を観て、ディズニー帝国の逆襲に震える想いをし

2017-11-29

『殺し屋のマーケティング』の作者が本気で選ぶ、ビジネスマンなら読んでおかなければ

2017-11-25

『殺し屋のマーケティング』を最も読んでもらいたい彼には、もう決して読んでもらうこ

2017-10-26

SONYの新型カメラ「α7RⅢ」のマーケティング戦略を、『殺し屋のマーケティング

2016-09-11

新海誠監督の『君の名は。』を観て、ピクサーのジョン・ラセター方式をすべて捨てよう