fbpx
素人投資家いちねんせい

第66回:緊急事態宣言、一部で解除! の巻《素人投資家いちねんせい実況中》


記事:安光伸江(READING LIFE編集部公認ライター)
 
 
5月14日、新型コロナの緊急事態宣言が39県で解除された。特定警戒地域だったお隣の福岡県も入っている。下関市住民の私としては、まずは一安心だ。
 
とはいえ、食品館のレジ前に張られているビニールシートが撤去されるわけでもないし、みんなマスクをつけていることは変わらない。レストランでもテーブルを減らして、ソーシャルディスタンスを保つ工夫をしている。相変わらずの自粛ムードだ。人出は少し増えたようにもみえるけど。
 
経済への打撃は大きく、日曜日の日経には「コロナ前経済、年内戻らず」という記事が載っていた。リーマンショック後の2009年1~3月期を超える打撃になるとの予測が多いそうだ。
 
リーマンショック……
 
私が病気の悪化で東京での仕事をやめて実家に帰ってきたのが2008年9月8日、リーマンショックのちょうど1週間前だった。母が泣いていたので、私が情けない姿で帰ってきたのを嘆いているのかと心配した。実は株が下がったのにショックを受けたらしいのだけど。あの頃は完全にひきこもりで親に頼りっぱなしだったけど、今は両親はすでに亡く、私一人で資産運用をしないといけない。気を引き締めなくては!
 
5月15日の終値は、日経平均が20,037.47円、ダウが23,685.42ドルだった。前の週が20,179.09円と24,331.32ドルだったから、どちらも少し下がった。15日の日経は途中2万円を切っていたけど、大引けにかけてひゅっと上がったみたい。この、日経平均とかダウ平均とかの動きが何を意味しているのか、まだここひとつ理解していないんだけど、株価全体の大きな流れを見ている、というのでいいのかな?
 
今週もうちの証券会社の担当のにぃちゃんことM師匠とはよく電話でしゃべった。今は2班に分かれてテレワークをしているそうだけど、緊急事態宣言が解除されたら全員出社かも、なんて言っていた。いろいろ教えてくれることを「ふん、ふん」と聞いているだけでこれまた完全に理解しているとは言えないんだけど、とりあえず
 
最悪期は脱している
市場規模がしっかりしている会社に投資するのが吉
 
とのことだった。私は素人投資家だから、あまりリスクが大きいところには投資したくない。信用リスクが大きい業種には、自動車・住宅・小売り・エネルギーがあるそうだけど、とりあえずこういう銘柄ははずしておこう……
 
と思ったら! フェラーリ、買ってるじゃないか! M師匠に勧められて試しに買ったじゃないか! ああああ。ちょっとだけどマイナス出してるし。これがもう少し上がってプラスになったら、売っちゃうよ!
 
あと、「久しぶりに日本株で当てました」と言っていたのが、三菱商事。M師匠はアメリカ株信者なので、日本株は弱いと自覚しているのだ。実際、RPAという会社の株を勧めてくれた時は思いっきりはずして損切りする羽目になった。三菱商事はわりといい感じで推移している。さらに上がるまで握っていていいそうだ。
 
今週買ったのは、なぜか下がっていたビザ。ここはマイナスが出ているのだけど、いずれしっかり戻ってくるというM師匠の言葉を信じて、というか絶対戻るでしょ、と思っていて、簿価を下げるために買ってみた。どうも前に高い時に買ってしまったみたいだから、下がっているいま買えばいいという考えだ。12日に10株、13日に10株買ったのだけど、どちらも指値を出した時はまだ少し高くて「買えませんでした~」とM師匠に報告しようと思ってよく見たら約定していた。特に13日なんて朝4時過ぎに目が覚めて指値をしたから、5時の大引けの前に約定していたなんてびっくりだ。ともかく簿価が190ドル切った。一時期は198ドルだったのでいい感じ。これで上がったら少し売る。たくさん持ってるからね。
 
経済のお勉強のために見ている、石原順(=西山孝四郎)さんのラジオ日経のYouTubeがあるんだけど、石原さんはとにかくFRBが金をばらまいてじゃぶじゃぶになってめちゃくちゃになっている、といっていた。金融緩和すると、世の中にお金が出回るんだそうだ。このへんは高校の政治経済でも習いそうなところだけど、まだよくわかっていない。金利が下がるとお金が出回る。それってインフレになるんじゃないの? と思うけど、今はそうでもない感じ。アメリカの失業率はめちゃめちゃ高いのに株価はけっこう高い。大丈夫なのかな? かな? かな?
 
そんなわけで緊急事態宣言が解除された直後5月17日現在の持ち株は
 
三菱商事100株
ビザ170株(これはマイナス)
フェラーリ10株(ちょっとマイナス)
マイクロソフト60株
イルミナ10株
F5ネットワークス10株
 
評価損益マイナス134,060円。株数の多いビザのマイナスが効いている。でもだいぶマイナスが少なくなった。これがプラスになったところでど~っと売ってしまって、利益を確定しておいた方がいいんだろうか、今の状況はコロナバブルなんじゃないか、とちょっと心配だ。タイミングをみてうまく売って、下がったところでまた買い戻したいな~。うまくいくかな?
 
東京などではまだだとはいえ、緊急事態宣言が解除されたのはうれしい。これで少しでも経済が回復していくといいな、と思う。もちろん第2波が来ないように、手洗いや消毒はしっかりするよ! 行きつけのお店に少しずつでもお金を入れて、経済を回していこうと思う。
 
 
 
つづく。
 
 

❏ライタープロフィール:安光 伸江(READING LIFE編集部公認ライター)
山口県下関市出身・在住。下関西高、東京大学卒業、東京藝術大学大学院修了。
大学卒業後は東京で声楽・器楽の伴奏ピアニストや音大非常勤講師などの音楽活動をしていたが、2008年9月、リーマンショックの1週間前に病気療養のため実家に帰る。その後2016・2018年と両親を看取り、金融資産と土地家屋を相続。2016年に乳がんの全摘手術と抗がん剤を体験した乳がんサバイバーでもある。iPad Pro・mini+Apple Pencil愛用、4Gガラケー(au)、iPhone 11とPixel 3を格安SIMで使うなど大のガジェット好き。パソコンの日本語入力は平成の初めからずっと親指シフト派。ライター、ブロガー、素人投資家。
天狼院メディアグランプリ 21st season 総合優勝。

この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」《4/26(日)までの早期特典あり!》


2020-05-18 | Posted in 素人投資家いちねんせい

関連記事