fbpx
連載記事

Web READING LIFE 連載記事《SERIES》


Web READING LIFEの連載記事一覧です。

天狼院通信


天狼院書店店主・三浦による、公式の「天狼院通信」です。

 

 

川代ノート


天狼院書店スタッフ川代が綴る「川代ノート」は、女子の本音を綴ります。

 

 

宇宙一わかりやすい科学の教科書


「宇宙一わかりやすい科学の教科書」は、増田明氏による寄稿記事です。 どこよりもわかりやすく丁寧に、科学のひみつをお伝えします。


 

 

あなたの上手な酔わせ方〜TOKYO ALCOHOL COLLECTION〜


書き手は、大手百貨店新宿店の和洋酒ワイン売場を経て、飲料酒類メーカーに転職し20年、現在はワイン事業部門担当されている松尾英理子氏。

仕事のかたわら、バーデンタースクールやワイン&チーズスクールに通い詰め、ソムリエ、チーズプロフェッショナル資格も取得しているという彼女の文章は、読んでいるだけでうっとりするような高揚感をあたえてくれます。

大人なら知っておきたい「お酒」についてのお勉強、はじめてみませんか?


 
 

WORK TRIP 旅の中で仕事し、旅の中で学ぶ


仕事をするときは、フルスロットルで極限まで集中する。
休息するときは、徹底して楽しむ。

店主三浦が「ワークトリップ」として利用した宿と、仕事の記録をお届けします。

「ワークトリップ」の作法
一、宿が賑わう曜日や時間帯に部屋を取ることを避ける。
一、事前に仕事と休息の時間をプランニングしておく。
一、仕事をするときは極限まで集中し、休息するときは徹底して楽しむ。
一、部屋に専用の温泉が備え付けられている宿を選ぶ。
一、美味しい料理をしっかりと食べる。
一、睡眠時間をとる。


 
 

京都天狼院物語〜あなたの心に効く一冊〜


あなたの悩みは何ですか?

生きている限り、いくつになっても無数の悩みの渦に呑み込まれそうになる。
仕事、恋愛、健康、人間関係…etc.
そんなときは、一冊の本が、あなたの心に鮮やかな絵を描いてくれるかもしれません。

これは、京都天狼院書店の大学生アルバイトスタッフが贈る書店員物語です。

何かに思い悩んで立ち止まりそうになったとき、そっと覗いてみてください。

 
 

レンタル人間図鑑 〜おっさんがおっさんを借りてみた〜


2018年の日本。そこは、お金さえ出せばなんでも手に入る世界です。月旅行、AI、自動翻訳機、最新のサービスはもちろんのこと、実は、他人の時間も買うことができます。

レンタル彼女、レンタル彼氏、レンタルおっさん、時給さえ払えば、思いのままに借りることができるのです。

でも、そんなに需要はあるの?
あるとしたら、どんな人なの?
人に必要とされるって、どんな感じだろう?

ライターは、1時間1000円でおっさんを借りられるサービス「おっさんレンタル」のメンバー・「射手座右聴き」。

週に1-2回、4年間で300人くらいの人に借りられてきたという彼が、自腹で人間をレンタルしまくる潜入取材レポートです!

 
 

普段使いできる!Webツール便利帳


アプリやソフト、Webサービス……。
ITが発達している現代の日本は、まさに「Webツール」大戦国時代。

色々と便利なツールがあるのはわかるけど、
でも、実際に役に立つものを見つけて使いこなすのって結構難しい……。

そんなときに役立つ連載がスタートいたします!

困ったときに調べたくなる「Webツール便利帳」。
初心者でも普段使いできるよう、わかりやすく、丁寧に解説いたします!

 
 

素人投資家いちねんせい実況中!


両親が相次いで亡くなって金融資産・株式・土地家屋を相続。

相続税がかからないながら薄給の音大講師時代の年収を超えるまとまったお金を得て、身を持ち崩さないよう資産運用を図っているライター・安光伸江。

株や国債、外貨預金など、今まで知らなかったことに挑戦していくさまを現在進行形で描く投資レポート!

 
 

三浦、また会社つくるってよ 〜起業の街 福岡で実際に会社を創ってみた〜


おかげさまで、僕が2009年4月1日に設立した会社は、もう少しで第10期を終えようとしている。

会社を経営して10年。

メイン事業である「天狼院書店」は、全国に5店舗展開し、また1スタジオも運営している。
社員も10名を越え、全スタッフを入れると35名ほどのスタッフがいるんじゃないかと思う。

数値は伸びていて、店舗数も、第11期、第12期と増える予定であるが、「成長している」という実感よりも、「なんとか生き延びている」という実感の方が強い。

そう、なんとか、僕の会社は生き延びている。

これも、皆様のおかげだと思っている。

さて、社長10年は、何かの区切りのように思え、まったく新しい会社をもう一個創ってみようかと思い立った。

そして、本当にもう一個創ることにした。


 
 

#妄想本棚〜書店員が本気出して本棚を擬人化してみた!〜


本棚って人柄が出ますよね。本の選び方、並べ方、カバーのかけ方などなど。どんな本をどんな風に読むのかで、その人となりがわかります。「っぽいわ〜」となったり、「意外にこんなの読むんだ!」となったり。
この「妄想本棚」という企画は、他人の本棚の物色が大好きな書店員の私が、「こんな本読んでる人と付き合いたい!」というテーマで選書してその本棚にイケメンの魂を宿らせようという目論見でやっております。

 
 

ふな寿司をめぐる冒険


「滋賀にはものすごく臭い“すし”があるらしい」と、全国的に密かに噂されているふな寿司。
琵琶湖の固有種であるニゴロブナを塩漬けにし、更に飯漬けにする発酵食品で、昔から保存食として食べられている。

「鮒ずしを食べるぐらいなら、消費期限切れた牛乳を飲むわ」と言う人もいるぐらい嫌われてもいるけれど「鮒ずしがあれば、他には何も要らない!」というぐらい愛されている食材でもある。

食の多様化が進んだ現代において、未だに鮒ずしが食されているのは「美味しいからである!」そして「ここまで嫌われながらも、熱狂的に愛される食材は他にない!!」という思いから、一口食べたその日からふな寿司のとりこになったライター・すずきのりこが、ふな寿司が大好きな人、滋賀の料理人、漁師などに話を聞きながら、鮒ずしとはどんなものなのか? その魅力は何なのか? を探る。

鮒ずし愛、滋賀県愛に溢れる本連載がふな寿司の概念を変える!

 
 

2020に伝えたい1964


5歳の時に前回の東京オリンピックを体験したライター・山田将治。

1964年を生きた者が、その後に経験した情報と共に、2020年を盛り上げる世代にしっかりと伝承したいという熱い想いを持った本連載、最後までどうぞお楽しみください。

 
 

株式会社ドッペルゲンガー


Web READING LIFEにて、新作小説の連載がスタートいたします!

近未来の日本で、最新科学技術で作り出した自分そっくりのアンドロイドを使用する人たちの群像劇。

編集長も太鼓判の作品です。ライター・吉田けいが創り出す、ダークな世界観をお楽しみください。


 
 

正しい不倫のススメ


禁断の連載が、WebREADING LIFEにてスタートいたします。

この世には、さまざまな形の「恋」があり、「愛」があります。

なかには、世間一般的には、「間違っている」「おかしい」と言われる恋愛も、存在します。

けれども、はたして本当に「間違っている」恋愛など、存在するのでしょうか。

この連載では、ライター・江島ぴりかが、禁断の恋をひとつずつ、切り取ってまいります。

どうぞ、読むときは、おひとりで。

 
 

本当は教えたくない!「東京日帰りカメラ旅 」


東京から日帰りで、東京では決して見られない非日常な景色と非日常な体験、その地ならではの食を愉しむ本企画。

ライター兼カメラマンの小倉秀子が、ガイドには大きく載っていないけれど行く価値ありの絶景の場所に実際に赴きます。

日常から少し離れて、一人で、またはお友達とリフレッシュするのに適した、東京から日帰りできる景色のいい場所をセレクト。

 
 

死にたてのゾンビ


「死にたてのゾンビ」とは、Web READING LIFEの不定期連載です。

「死にたてのゾンビ」というワードをきいたとき、何を思い浮かべますか?

「ゾンビになりたて」という意味?

それとも「ゾンビとしての命を終えたばかり」という意味?

ライターズ倶楽部のライター陣が、このテーマから発想を広げた渾身のコンテンツをお楽しみください。


 
 

祭り -matsuri-


不定期連載「祭り」。

日本、海外問わず、さまざまな「祭り」をとりあげます。

「祭り」になぜ、人が集まるのか?

人は狂に酔いしれ、狂に踊る。

人が集まるには理由があります。マーケティング的な需要と供給の延長線上にある、合理性の突き詰めた先にあるものでは決してなくて、そこに「狂」があるから、「狂」に浸ること、自らが「狂」となれることが許される異空間がそこにあるから、人は合理的ではなく、本当的にそのことを知っているから、集まるのでしょう。

「狂」のこもった「祭り」コンテンツ、ご堪能あれ。


 
 

出してからおいで大賞〜最後が「出してからおいで」で終わるストーリー特集〜


「出してからおいで」っていう言葉、何か色々想像がふくらまない?

きっかけは、編集部のメンバーひとりが言った一言でした。

「出してからおいで」。

単純なフレーズですが、ここから色々と想像がふくらみます。

何を出したのか?

出産?

離婚届?

モヤモヤとした鬱憤?

「出す」という言葉ひとつから、いかようにでもストーリーは膨らませられる。

「出してからおいで」大賞は、そんな遊び心から生まれました。

ルールは簡単。

最後の一文が「出してからおいで」で締めくくられていること。

どう「出してからおいで」につながるのか?

予想しつつ、予想を裏切られる体験をぜひお楽しみください。


2018-10-15 | Posted in 連載記事

関連記事