fbpx
イベント情報

【7/31THE READ】今回のタイトル作品は『小倉昌男経営学』。なぜこの本は誰もが読むべき”絶対名著”なのか?担当編集の柳瀬博一さんをお迎えしてスーパーLIVE形式でこの本を読み解いて行きます!我々の生活と業界の仕組みを劇的に変えた天才小倉昌男氏の「思考」にフォーカスします。


天狼院書店店主の三浦でございます。

ネット通販が当たり前になった現代。
注目されるのは、インターネットですが、そもそもインターネットで受注・決裁できたとしても、それをリアルに運ぶ仕組みがなければ成り立たない。
まるで「水道」のように、当たり前になってしまったその配送の仕組ですが、本当に一昔前までは日本に存在しない業態だったそうです。

皆様は「宅急便」がなかった時代をご存じでしょうか。

それまではそれに似てはいますが、はるかに便が悪い、郵便小包という仕組みがあったそうですが、今日発送して明日正確な時間に届くというようなものではなかったようです。

「宅急便」は、実はあるひとりの男の「発明」によって生み出されたものなのです。

その仕組を発明した男こそ、クロネコヤマトの宅急便の発案者にしてヤマト運輸社長だった小倉昌男氏だったのです

その小倉昌男氏がすべて自分で筆を執って書き上げたのが今回の「THE READ」のタイトル作品『小倉昌男経営学』(日経BP社)だったのです。

「経営学」とタイトルにありますが、この本は経営者だけに向けられて書かれた本ではありません。

経営とはこうするべきだ!
経営何箇条!

といったような、上から目線の本ではなく、「リアルタイム感」がある本です。
つまり、自分がその場にいて、小倉昌男氏になったつもりで考えることができる。

小倉昌男氏が、

なぜ宅急便という新しい業態を創りあげたのか、
どうやってその仕組を実際に構築していったのか、
構築するうえで、何が障壁となって、どうやって乗り越えていったのか、

そのときの「思考」の軌跡が丹念に書かれている作品なのです。

これを読むことによって、僕らはその、ときにフェルミ推定的な、ロジカルシンキング的な、あるいはラテラルシンキング的な思考の軌跡をトレースすることができます。

そういった「体験」ができる稀有な本なのです。

今回、「THE READ」では、この絶対名著の担当編集、日経BP社の柳瀬博一さんをお迎えして、制作過程や小倉昌男氏の人となりを伺いながら、さらに一歩進んで、この本の先にある価値を、皆様とともに発掘して、研磨して行きたいと思っております。

「THE READ」はその場に参加する皆様と一緒に創り上げていく、その場で出来上がる体験型の「コンテンツ」です。積極的に参加いただき、本の先にある価値を一緒に創り上げて行ければと思います。

どうぞよろしくお願いします。

*当日は7月24日に誕生日を迎えた柳瀬博一さんの「半世紀到達パーティー」も開きたいと思います!お酒は天狼院でご用意しますが、差し入れ大歓迎ですので、よろしくお願いします!

【概要】
日時:7月31日(木)19:30−21:30(受付開始19:00)
定員:30名様
参加費:2,000円+1ドリンク
場所:天狼院書店「東京天狼院」

【お申込はFacebookページか問い合わせフォーム、もしくはお電話でもお受けします】

【7/31THE READ】今回のタイトル作品は『小倉昌男経営学』。なぜこの本は誰もが読むべき”絶対名著”なのか?担当編集の柳瀬博一さんをお迎えしてスーパーLIVE形式でこの本を読み解いて行きます!我々の生活と業界の仕組みを劇的に変えた天才小倉昌男氏の「思考」にフォーカスします。Facebookイベントページ

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。

天狼院への行き方詳細はこちら


2014-07-24 | Posted in イベント情報

関連記事