fbpx
READING LIFE EXTRA

『ガイアの夜明け』空き家再生に秘策あり!《READING LIFE EXTRA》

thumbnail


まず、番組が始まって驚いたのは、以前、二度ほどお会いして、天狼院に関しても相談したこともある、スピーク(東京R不動産)の吉里さんが出ていたことです。

さすがに、お!っと思いました。

それで、吉里さんたちが、築82年の老朽化した民家をリノベーションするというのですが、もうどうなるのか、楽しみでございました。

しかも、その物件、本当に凄まじいくらい傷んでいて、そのままでは一見、どうにもならないように見えます。

けれども、初めてみた吉里さんら東京R不動産のメンバーの皆さんは、そこから「いいところ」を次々に見つけていくんですね。

庭を見て、「最高ですよ!」といい、建築士の方は、見ているうちに次々とリノベーションのアイデアが溢れ出している様子。

大家さんにしてはガラクタにしか見えないものも、この方たちにとっては宝の山に見えているんですね。

古い物件の良いところを最大限に引き出して、生まれ変わらされせしまう。

 

これはすばらしいことですよね。

 

大家さんも気が付かなかったこの家の良さを、スタッフの方が説明していくんです。いいところは残して、変えるところは変える。

しかも、費用も、5年間で十分に償却できると説明すると、大家さんは実に満足そうにこう言います。

 

「もう、すべて任せますよ」

 

それで、二ヶ月で改装工事が終了したのですが、その変わり様が凄まじい!

天井を取り去ったことで明るくなり、大きく太い梁も晒されて、これがまた良い感じになり、庭に面していた縁側はウッドデッキに変わり、庭の木も剪定し、それだから、家中から庭が見えるようになっていました。水回りは最新のものに変えて、洋間は重厚な雰囲気を再現する。

 

「小さな森、豊かな家」

 

として、東京R不動産のページにアップすると、一日で10件の問い合わせがあり、あっという間に申し込みを打ち切ることになりました。

内覧会に来る人達が、若い人たちなのにまた驚きました。

マンションよりも、こういうリノベーションした家に住みたいと思う人が増えているんですね。きっと、骨格は古いけれども、水回りなどは最新の設備なので、大丈夫なのでしょうね。

 

いやー、今回の『ガイアの夜明け』も勉強になりました。

 

天狼院も、いい物件を見つけて、どういう店にするか、そろそろ本格的に考えて行かなければなりません。

もちろん、楽しみで仕方がありません。


2013-04-19 | Posted in READING LIFE EXTRA, ガイアの夜明け

関連記事