fbpx
READING LIFE EXTRA

『情熱大陸』AR開発者_川田十夢《READING LIFE EXTRA》


ARとはいったいなんだろうか。

多くの人がそう思われることだろうと思います。

ARとは「Augmented Reality」の略で日本語に直すと「拡張現実」のことです。

たとえば、池袋の街をスマートフォンを通してみると、道案内や店舗案内が現れるというふうに使われております。

それには無限の可能性があります。

ARは直感的に伝わりやすい技術です。論より証拠。

 

「僕はSFの次の概念にARがあるとおもっていて、僕は先に未来をかたちにしちゃおうと考えています」

 

そういうのは、AR開発者、川田十夢です。

 

「変に自粛しちゃって、単にやってないということが無数にあると思うんですよね」

 

その言葉が僕にもやけに心に染みます。確かにどの業界にもそういうことがあると思います。空気を読んで「変に自粛しちゃって」、結局は横並びで何もやらないという選択に帰着する。

 

変に自粛しちゃわない川田氏が訪れたのは、秋元康氏の元でした。

ARの技術を使って、リアルAKB総選挙をやろうというのです。視聴者がスマートフォンでどのメンバーをかざしているのかを集計して、リアルタイムでテレビ番組に反映させる。

 

川田氏は37歳一人暮らし。自宅は実にさっぱりとしていて、雑多な蔵書に囲まれている。不思議なシンポジュウムに参加するのが好きだといいます。

アイデアを出すときに使うのは、意外にも、紙とはさみ。

適度なおざなりとハイテクのギャップが、強烈なクリエティブを発生させるのだから面白い。

 

十夢とは本名で、自由奔放に育てられたといいます。

当初からARを研究していて、ミシンとARを組み合わせて、若くして特許を取ったりもしていました。けれども、銀行などとの思惑の犠牲になり、リストラの対象になります。

そこで前職の部下と結成したのが「AR三兄弟」でした。

そこからの活躍が目覚ましい。

今回も、この番組のためにシステムを開発しました。それがリアルタイムAKB総選挙です。

 

これは実に画期的なことだろうと思いますが、番組内でスマホを使ったARの実験をするのだからすごい。

視聴者数が多い画面がリアルタイムで大きく表示され、結局は大島優子が1位になる。

そこから川田氏によるLIVE映像になるという凝り様。

 

実に、この番組時代が未来のテレビになっているということです。

 

「スマホを準備してお待ち下さい」

 

そして、CMに行く。

もしかして、このような形態の番組が、これからもっと増えてくるのかもしれません。

まさに無限の可能性。

 

変に自粛しちゃって、単にやっていない。

 

もしかして、僕もそうではないかとはっとさせられた番組でした。

新しいかたちの書店を作ると標榜しながら、もしかして、未だ僕は「変に自粛しちゃって」いるのかも知れません。

 

そう、もっとやりたい放題、やっていいのではないか。

 

何か、背中を押された番組でした。

 

2013年9月26日、ついに天狼院書店がついに池袋にオープンしました!

皆様のご来店、心からお待ちしております!

 

◇行くぜ!東京天狼院!◇

◇天狼院書店「東京天狼院」◇

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F

TEL:03-6914-3618

FAX:03-6914-3619

開店時間  10:00~22:00


大きな地図で見る

 


2013-09-29 | Posted in READING LIFE EXTRA

関連記事