fbpx
READING LIFE EXTRA

【情熱大陸】関取_遠藤/髷も間に合わないほどの快進撃!相撲界のニュースター遠藤。


関取、遠藤。

遠藤という名は、四股名を与えられるまもないほどに急に出世したからであり、

同じ理由で、髷を結うほどに髪も伸びていない。

甘いマスクで女性ファンも急激に増えている。

実力、人気ともに兼ね備えた、相撲界のニュースターだ。

石川県生まれ、小学一年生のときに相撲を始めた。

内心、バスケットボールが好きだった。

けれども、朝青龍を見て、相撲に興味を持った。

 

それをきっかけに土俵にのめり込んだ。

 

高校を出て、名門日大相撲部に入った。

幾多の名力士を排出したその場で、頭角を現した。

 

主将の遠藤を中心に活躍し、全国学生相撲大会団体戦で優勝する。

 

幕内力士の平均は160キロ。

遠藤は140キロで、あと5キロは大きくならねばと考えている。

 

これは言うまでもなく、脂肪ではない。筋肉である。筋肉の鎧である。

稽古をするのと同様に、食べるのも仕事である。

それは、鎧を纏うと同義だからだ。

 

もしかして、あらゆる格闘技の中で、最も体を武器化しているのは力士なのかもしれない。

どんな格闘技でも、ここまで極端には筋肉をまとわない。

 

五月場所、ようやく、髷を結うことができた遠藤。

きりりとした表情で、土俵に向かう。

 

新横綱になった鶴竜と対戦し、粘って、初めての金星をあげる。

これに国技館が揺れた。

 

ところが、その帰りの車の中、少しも表情を緩めない。

まだ、明日がある、と。

 

部屋に戻ると、分厚い懸賞金が渡される。

勝って稼ぐ。

それがプロの世界だ。

 

600人の関取の頂点に立つ横綱。

それは同時に、世界屈指の格闘技の頂点でもある。

 

遠藤が横綱になることは、難しいことではない。

いや、難しいことだろうが、彼はきっとそうは思っていない。

いや、思ってはいるかも知れないけれども、そうは感じていない。

 

この泰然とした無表情の視線の先に、大相撲の新たな次元が待ったいるのだろうと思う。

 

【お問い合わせ】

TEL:03-6914-3618

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をして頂くだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。イベントの参加申し込みもこちらが便利です。
天狼院への行き方詳細はこちら

 


2014-06-29 | Posted in READING LIFE EXTRA

関連記事