fbpx
メディアグランプリ

女が脱ぐと運が開ける


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:佐藤千恵子 (ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「女が脱ぐと運が開ける」
妙なタイトルだと思う方もいるでしょう。
 
果たして、女性が脱ぐと運が開けるのか?
運が開けるとしたら、それはなぜなのか?
 
まずは、芸能人で考えてみよう。
 
アイドルがアイドルから脱皮したい時、清純派女優が大人の女優として認知されたい時、
セミヌード写真を撮って、イメージチェンジを図るパターンがよくある。
そこで話題になって、一皮むけたり、仕事の範囲が広がることもあるので、「脱ぐと運が開ける」というのは、あながちハズレではないと思ってもらえるだろうか。
 
人気が低迷してきた歌手や女優が再起をかけてセミヌードやフルヌードになることもある。こちらは人気が再燃する場合と再燃しない場合があるので、「脱ぐと運が開ける」というのは微妙な所ではある。
 
では、一般の女性はどうだろうか?
「女が脱ぐと運が開ける」に当てはまるのだろうか?
実は私、「女が脱ぐと運が開ける場所」を知っているのだ。
私自身もその場所へ行って、ある体験をしてきた。
その体験を通して、運が開けるという思いを体験をしてきた。
 
まだ肌寒さの残る4月の夜、私は京都へ行った。
 
それは、天狼院書店の秘めフォト部を体験するためだ。
 
天狼院書店というのは、名前の通り本屋さんである。
だけど、ただの本屋さんではない。
色々な部活やゼミ、読書会、その他のイベントなども開催している。
私が参加した、秘めフォト部体験も天狼院書店の部活の1つなのだ。
 
秘めフォト部体験とはなにか?
「自分史上最高にsexyな一枚を撮る」というコンセプトで、天狼院書店店主の三浦さんが
女性の魅力を引き出すセミヌード写真を撮ってくれるのだ。
 
私は、そのコンセプトに心惹かれて、秘めフォト部に参加した。
「自分史上最高にsexyな自分」に会ってみたくなったのだ。
 
撮影をしてくれる三浦さんは、書店店主でもあり、『殺し屋のマーケティング』著者、秘めフォト・フォトグラファーでもあるのだ。
 
三浦さんは言った「秘めフォトを体験するとラッキーなことが起こる」。
 
「ほんまかいな」そう私は思った。
 
続けて三浦さんは言った「秘めフォト撮影の帰りナンパされた女性、すぐに恋人ができた女性がいる」「就活がなかなか上手くいかなかった女性の就職が決まったこともある」と。
 
実際にそういう事がいくつも起こるのは、ただの偶然ではなさそうだ。
なぜ、セミヌードの写真を撮ると女性たちにラッキーなことが起こるのだろう?
 
その謎を紐解いてみたい。
 
まずは、私が秘めフォト撮影で体験したことから書いていこう。
 
今回はグループ撮影で、私を含め4名の女性が参加していた。
私は友人と参加したけど、あとの2人はそれぞれ初めて会う人たちだった。
年齢も職業もバラバラな女性が集まった。
 
三浦さんとスタッフの田岡さんが撮影用の背景をセッティングしてくれている間、私たちは撮影用の衣装をみんなで選んだり、和気あいあいとおしゃべりをしたりした。
「自分史上最高にsexyな一枚を撮る」という共通の目的があるので、初対面でも和やかに話すことができた。お互い、少しでも緊張をほぐしたいという気持ちも働いたのかもしれない。
 
撮影の準備が整ったので、一人ずつ撮影してもらう。
一人が撮影している間、他の人は撮影のためにメイクや衣装を整えたり、撮影を見学したりしていた。
 
人が撮影されている姿を見るのは、なかなか興味深かった。
最初は緊張して、表情やポーズが硬かった女性たちが、写真を撮るごとにどんどん変化していくのだ。固い蕾が少しずつほころんでいくように色気や魅力が開いていった。
誰もが最初の印象とは違った、艶っぽい表情になっていって魅了された。
 
女性たちの色気や魅力が開いていった要因の1つは、三浦さんにある。
三浦さんが写真を撮りながら、女性たちをものすごく褒めてくれるのだ。
それは、女性をのせるために褒めているのではない。
三浦さん自信が女性に魅了されて、魅力を見つけるのに夢中なのだ。
その人それぞれの色っぽく見える表情、ポーズ、魅力的な体のパーツ。
それらを発見するが楽しくて嬉しくて、つい言葉が出るという感じに見えた。
その楽しそうで、なんとも可愛らしい姿に私は心動かされた。
こんな風に自分の魅力を楽しんで発見して、引き出してもらえる体験はなかなかできない。
こんな風に楽しそうに撮ってもらえたら、どの女性も化けるはずだ。
 
私は、だんだんと「秘めフォトを体験すると、ラッキーなことが起こる」という言葉が本当だと思い始めてきた。
 
女性たちの色気や魅力が開いていった要因の2つめは、参加している私たちにある。
人の撮影を見学しながら、みんな「可愛い」「色っぽい」「○○が素敵」と思わず声が出てしまうのだ。
そして、その人がより魅力的になるよう、衣装やポーズの提案をしてしまう。
ほとんどが初めて会った人なのに自然と協力体制ができていった。
女性は同性の綺麗さや色っぽさに魅了されるものなんだと思う。
 
ここまで撮影の様子を書いてきたけれど、そろそろ「秘めフォトを体験すると、ラッキーなことが起こる」「女が脱ぐと運が開ける」について書いていこう。
 
なぜ、ラッキーなことが起こるのか?運が開けるのか?
 
それは、自己肯定感に由来すると私は思う。
 
多くの女性は、何かしら体のコンプレックスを持っていたり、私には色気がないと思っていたりする。それが女性の自信を奪い、自己肯定感を低くしている場合があるのだ。
 
だけど、撮影を通して、三浦さんや参加者の女性に褒められることで、自分では気づかなかった魅力に気づかせてもらったり、コンプレックスと思っていた部分が思わぬ魅力になると分かったりするのだ。
それが自信となり、「私って悪くないかも」「ちょっと可愛いかも」「私には魅力があるんだ」と自分を認められて、自己肯定感が上がるのだ。
 
自信や自己肯定感があると、人はポジティブな考え方になる。そして行動的になりやすい。
ポジティブな人は人から好かれやすいし、行動すれば出会いやチャンスに恵まれる機会が増える。それらがラッキーなことを引き寄せ、運が開けていくのだと私は思う。
 
緊張するセミヌード撮影に挑戦して、無事にやりきったという達成感も、自信や自己肯定感を底上げする要因になっていると思う。
 
セミヌード撮影、初挑戦の女性に「なぜ、参加したの?」「参加してどうだった?」と聞いてみた。
「今の自分を変えたくて挑戦してみた」「色々なことがふっきれて、がんばろうと思えた」という答えが返ってきた。
 
実際に撮影していない人には分かりにくい感覚かもしれないが、一緒に撮影をした私には、彼女が言ったことに納得した。
私自身はセクシーな作品を作るのが好きで、色々なカメラマンに撮影してもらったことがある。撮影には慣れているけど、自分を思い切り表現できたという達成感があって、「色々がんばろう」と思えた。
 
冒頭に「芸能人が脱ぐ時は、イメージチェンジや人気再燃などの変化を求めて」と書いたのを覚えているだろうか。
私は秘めフォトの撮影を通して、一般の女性でも大きな変化を求める時は、思い切った挑戦をしてみるのも効果的かもしれないと感じた。
「いまいち自信を持てない」「自分を変化させたい」と思っている女性に秘めフォト部体験をオススメしたい。
自分の色気や魅力を知ることは、女性の自信になり、自己肯定感をアップする秘密のアイテムでもあると私は思う。
 
 
 
 
***
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【12月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《11/10(日)までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-11-08 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事