fbpx
メディアグランプリ

ご機嫌を伺うのは、自分に。

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:小菅健司(ライティング・ゼミ通信限定コース)
 
 
体が鉛のように重い、朝、雨でも降っていたら、ますます、そんな気分になる、
昨日まで、夜勤も入れて、6連勤での仕事は、体には、キツイ。
職場のシフトを決めるのは、ベテラン社員なんだけど、
新人の僕は、一人前にもなっていないので、希望なんていえる訳もなく、
そのうちに、連続出勤に、なってしまうのである。
久しぶりの休日は、こんな風にはじめている。
 
寝ぼけまなこで、歩いてすぐの、駅前にあるスターバックスへ、
ここで、自分に決めている、自分の機嫌をとる、お作法をはじめるのである。
そう、前に聞いたことがある、
「ご機嫌は、意識、不機嫌は、無意識」で、それには、作法を習得する稽古が必要なのである。
 
①“自分様“が、秘書になった気分で、今日の予定を伺う
~しないといけないので、~の締め切りが、となると、機嫌を損ねるので、まずは、今日の天気から、「カラッとしてますね~」、「雨がしっとりして、瑞々しいですね~」、今日は、一日、終わったら、どんな気分になってたいですかぁ、と伺う、そして、その感覚を得るのを、いちばん大切にしましょうね、っと気持ちを寄せる。
 
②今朝の新聞、わかりやすく“自分様”に、説明をしてあげる。
政治面から、経済、そして、社会面にいたるまで、新聞は、切りばりのように、記事がはりついてるので、
頭が混乱しやすいので、そーっと、わかりやすい面から、そう、生活面はいいかなぁ、アート関連の記事なんかから、そして、わからない用語は、グーグルなんかで調べてあげてね。
 
③音楽に包まれて、イメージを想起させる。
気持ちのいい朝のスタートは、音楽に包まれて、ジャスやボサノヴァ、ラテン系といった定番音楽に加え、ヒップポップ、フレンチポップス、オールディーズなどの名曲や、時には、クラシックやコンテンポラリーなど、流行すぎない、ほどほどの曲に身を委ねて、今日一日のイメージを。
 
④1分間、“自分様“の、ホントの声を聴いて、さしあげる。
家でも、会社でもない、サードプレイス、喧噪から離れて、“自分様”のコトバにならない内なる声を聴いてあげる。カフェのメモ調に、1分間、心に浮かんできたことを、とりとめもなく書いてみる。考えてしまう前に、そう心に感じたことを、心配事や気になってること、やりたいこと。書き終わったあとに、それを俯瞰してみると、「あぁ、こんなことを考えてらっしゃったんだ」と思うだけでいい。
 
⑤世界を旅するように、豆を味わい香りを伺う。
定番の豆や季節のもの、キリマンジャロやサイフォンでの抽出方法など、バリスタをお話をしながら、コーヒーの香りを楽しみ、その素材がたどった道を想像してみるのである。山々や、川、畑、そして、それに関わった人の顔や、手の感覚など、まるで、“自分様“に世界の旅を提案するように。さらに、旅で出会う方々に、少しだけ貢献できるようなことに思いを馳せてみるのもいい。
 
⑥繋がりたい人を、聞いてあげる。
エネルギーが下がっているときに、むやみに、SNSを覗いてみると、リアルが充実している知人の投稿に、焦りや嫉妬などが渦巻いてくるので、これは、危ない。久しぶりに会いたくなった、話したくなった人を思い浮かべさせてあげて、その人だけにDMを送ったり、SNSの投稿をさせてあげる。繋がっているという感覚は、なんとも心地よくさせるものだ。
 
⑦店を出るときに、一日どうなっていたいか“自分様”に伺う。
今日一日、終わった時に、どんな状態になっていたいか、“自分様”に改めて、伺う。仕事のプレゼンや、家族との時間など、大切にしたい人の笑顔を思い浮かべて、「ありがとう、うれしかったよ」と、言ってもらえる、そんな喜びや、気持ちよさ、さわやかさ、安心感、体で、感情を味わうのである。
 
おおよそ、これくらいのことを、“自分様”に、大切にしてあげると、ずいぶんと、機嫌がよくなってくるのがわかる。目が醒めて、音の周波数が整いクリアに聞きわけられ、セロトニンが分泌されて、血液のながれもよくなって、副交感神経がはたらきだす。むやみに、闘争心を掻きたるより、リラックスさせてあげる方が、フローに入りやすく、パフォーマンスもあがるものである。
そして、「よし、今日も一日、頑張ろう」と、思ってくれるもんである。
 
人は、生まれた時から、一人で生きられないので、お母さんの顔色を伺い、興味、関心を惹くことで、自分へのお世話を促し、成長をしていく生き物である。だから、大人になっても、会社の上司や、妻や夫、先生、顔色を伺って、毎日を生きるのは、当たり前になっている。
ただ、その前に、自分の機嫌をとること、とくに、五感を働かせて、朝一番のスタートを大切にしてあげることは、一日の流れをよくするし、今日一日、自分に関わる、大切な人との関係をよくするものだと思う。
 
「今日も、笑顔で、いってらっしゃい!」
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 
▼大好評お申し込み受け付け中!『マーケティング・ライティング講座』 http://tenro-in.com/zemi/136634

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-08-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事