fbpx
メディアグランプリ

一口馬主のすゝめ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:後藤章広(ライティング・ゼミ特講)
 
 
皆さんは「競馬が好き」という人に対してどんなイメージを持つだろうか。
我が国では“競馬=ギャンブル”のイメージが強いように思う。筆者も会社の同僚に「趣味は競馬です!」と言うと「勝ってるの?」とか「最高いくら当てた?」とかそういう反応が返ってくる。
では、「私は(一口)馬主です!」というとどうだろうか。「お金持ってるね~」「元取れるの?」 ……やっぱりお金に関する反応が返ってくる。
 
しかしながら、私は声を大にして言いたい。「一口馬主は子育てそのものである」と。
 
“一口馬主”という言葉にはあまりなじみの無い方も多いと思うので簡単に説明したい。また、今回紹介する一口馬主は主に国の管轄下にあるJRAが主催している中央競馬に関するものであるので、以後の話は中央競馬での話としてご理解いただきたい。
 
通常、個人で馬主になるためには7500万円以上の資産と安定な収入(過去2年それぞれ1700万円以上の収入)があることが必要であるうえ、競走馬の購入資金や月々の飼育費なども必要となるので、普通のサラリーマンが馬主になることは非常にハードルが高い(https://www.jra.go.jp/owner/howto/requirement/より抜粋)。そこで、筆者のような庶民であっても馬主ライフを体験できるのが“一口馬主”である。
一口馬主は文字通り、競走馬に対して一口出資する(もちろん複数口出資することもできる)。出資するには“クラブ”と呼ばれる団体の会員になる必要があり、現在では大小さまざまなクラブが存在する。一口の額はクラブにも拠るが、安ければ1万円台から、高いものだと100万円を超えるものもある。そうやって集めた資金で競走馬を走らせ、得た賞金を出資した方に分配する、というのが一口馬主の仕組みである。
ちなみに、こうしたクラブに所属する馬で現在最も有名な馬は「アーモンドアイ」号であろう。一口6万円(500口)ながら獲得賞金は14億にも上り、一口の分配額は100万円をゆうに超えている。2020年の秋にも出走が予定されているので、出資者はさぞかし楽しいだろう……。
 
話を本題に戻そう。一口馬主は子育てである。
子育てには何かとお金がかかるし手もかかる。でも自分の子供には愛着が湧くし、我が子の成長を見て一喜一憂できる。運動会や授業参観、入学式や卒業式などには会社を休んででも参加したいと思うし、将来はプロ野球選手とか人気モデルとか、有名になって欲しいと願う親御さんもおられると思う。馬主となった競走馬についてもまた同じである。勝っても勝たなくても現地に見に行って応援したいと思うし、勝って勝って勝ちまくって、あわよくば大きなレースで勝って有名になって欲しいと思うのが常である。
 
筆者も3年ほど前に友人に誘われ、とあるクラブに入会し、一口4万円の競走馬に出資して一口馬主としてのデビューを飾った。しかし愛馬のデビュー戦は16頭中の11番人気。単勝も100倍を超えていて、結果も9着と厳しいスタートであった。ひと月後の2戦目も9番人気の8着と微妙な成績であった。(余談ではあるが、このデビュー戦で勝利した馬は同じクラブの馬で、つい先日もメインレースに勝利していた……)
2戦とも人気より上の着順ではあったが、勝ち上がることはかなり厳しい印象を受けた。それでも、毎週配信される愛馬のレポートに、今週は〇秒で走ったとか、今週は〇kgで成長が見られます、と書かれているのを見ては、次こそは勝ってくれるのではないか? と心が躍る日々を送っていた。
転機が訪れたのは2戦目から3か月経った3戦目。これまでは芝のレースを使われていたが、初めてダートコースのレースに出走することになった。20年来の競馬ファンであった筆者は、この馬の血統的にダートの方が合うと思っていたので、ひょっとすると勝てるのでは? と期待した。現地で応援したかったが新潟競馬場でのレースであったので、大阪府内の自宅のテレビ前で応援することにした。
……結果は3着。勝てはしなかったが、次に期待できる内容であった。それはもう我が子がかけっこで一等賞を取った時のように喜んだし、録画したレースを何度も見返したりした。毎週の愛馬レポートが楽しみで仕方が無かった。
 
ひと月後、愛馬は4戦目に挑むことになる。騎手が名手ルメール(本記事執筆時点で2020年度の勝利数トップ騎手)が騎乗することになり、期待度はMAX。また、デビュー以来初めて京阪神地区で出走するということもあって、現地にて応援することにした。一口馬主の特典として、出資した馬が勝つとその場で馬と一緒に記念撮影、というサービスがある。この記念撮影権も事前の抽選で無事に勝ち取り、勝利を確信していざスーツ姿で阪神競馬場へ向かった。
 
……ここで勝っていれば、一口馬主の魅力をより伝えることができたのかもしれない。だが現実は非情なり、結果は惜しくも2着となり、このあと何度かレースに出るものの2着を上回ることができず、引退となった。
しかし、世の中には賞金を稼ぐことすらできずに、デビューすることすらできずにこの世を去る競走馬もたくさんいる中で、少しでも成長し活躍する姿が見れたのは本当に楽しい時間だったと感じている。その後何頭か出資したものの未だ勝利の美酒に酔いしれる経験はできていないが、2020年度デビューの出資馬に夢を乗せて筆を置くこととする。
 
是非皆さんも、第二の子育てライフを始めてみませんか?
 
 
 
 
(参考)画像は愛馬の6戦目、中京競馬場現地にて撮影。
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-09-12 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事