fbpx
メディアグランプリ

Youtubeに潜む悪友


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:廣田夏(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
皆さんはYoutubeを見るだろうか? 僕は別に好きな「Youtuber」がいるわけでもなく、特別好きなチャンネルがあるわけでもないのだが、最近は天狼院書店のようにYoutubeで良質な学びのコンテンツを配信してくれる動画発信者が増えたので以前よりも見る機会が増えてきた。
動画コンテンツで学ぶ僕にとってYoutubeというプラットフォームは大学といえる。
小中高のように学ぶことに対して強制力が働くわけでも無く、ちょっとした雑学から専門知識まで自分の好きな科目を自分の好きなタイミングで、そして自分のペースで学べる自由さがあるからだ。
 
ところがYoutubeには一つ欠点がある。それはYoutubeページの右側に出てくるオススメ動画だ。
僕はこれを勝手に学生時代の「悪友」のようだと思っている。皆さんも学生の時にクラスに一人や二人いなかっただろうか?
中間テストや期末テスト前、人がせっかく図書館で勉強しようとしているのに、横に座って邪魔をしてくる奴が。
 
「一緒に勉強しよう!」なんて都合の良い言葉を信じ、自分の隣の席を譲ったら10分もしないうちに散々しゃべり倒し、最後にはゲーセンやカラオケなんかに誘ってくるので始末が悪い。
「テスト前なのにどうしてそんなに余裕なんだろう?そんなに自信があるのか?」と思ったが別に余裕なわけではなかったようで、見事に赤点を取り再受講になっていた。
 
仕事が終わり家に帰って晩御飯を食べ、お風呂に入ってひと段落。
パソコンを起動し、Youtubeにアップされている自分が学びたいと思っているコンテンツに直接アクセスしても、画面右側のオススメ動画で表示されるのは娯楽動画が大半を占める。
何か学びの動画コンテンツをオススメしてくれればいいのだが、それらは明らかに表示数が少なく劣勢に立たされている。
 
更に僕の場合は表示されているオススメ動画が何故か懐メロの動画が多い。
B’z、ポルノグラフィティ、L’Arc-en-Ciel、浜崎あゆみ、宇多田ヒカルなどの有名歌手だけでなく、るろうに剣心や幽遊白書などのアニソンまで表示される。
 
曲のタイトルを見ただけで脳内の音楽プレーヤーのスイッチがオンになり、サビの部分だけ自動ループ再生される。
アニソンに至っては、アニメ映像付きで脳内再生されるからやっかいだ。あのカラオケでアニソンを選曲したときに表示されるアニメ映像のように名場面が脳内スクリーンに映し出される。
 
まるで悪友のノリに乗った雑談話が聞こえないフリをするかのように、全画面表示にするショートカットキー「f」を押すが一度でも曲のタイトルが目に入ったらもうダメだ。
次の瞬間に頭の中は音楽と映像が自動再生され、そちらに意識が持っていかれてしまう。
そして一度でもオススメ動画をクリックして見始めたならポテトチップスを食べるのを止めるくらい難しい。
30分、1時間と時が経ってしまったなら、その後残るのは少しの満足感と罪悪感という部分も共通している。
 
そんなオススメ動画たちを排除するため何か方法は無いかと調べてみると、Googleクロームの拡張機能をインストールすれば表示されなくなるらしい。
さっそくインストールしたところ、見事に見たい動画だけが表示される環境を作ることができた。オススメ動画はキレイサッパリ表示されなくなった。
これで学びに集中できる!
 
ところがいざオススメ動画が表示されなくなると、どこか寂しい。
大学生の時につるんでいた悪友というのは邪魔だな~と思いつつも、どこか憎めないところがあった。
Youtubeで表示されていたオススメ動画たちも、そんな憎めないところがある。表示されるオススメ動画は確かに学びの邪魔ではあるが、学生時代思い出させ懐かしさを感じる。
まるで家を掃除した時に出てくる写真を見た時のように。だから表示されなくなると寂しさを感じるのかもしれない。
 
結局僕は学びに集中する時は拡張機能のスイッチをオンにしてオススメ動画を表示しないように設定し、学び終わったらオフにするようにした。
なぜなら大学というのは真面目な講義だけでなく、友人とつるんでサークルや学園祭などで楽しむ部分もあったなと思い出したからだ。
 
良質な学びのコンテンツを大学の講義とするなら娯楽動画はサークルや学園祭みたいなもの、学びを深くするためには遊びも必要! と悪友を肯定して、今日もYoutubeで学びとそして娯楽のコンテンツを見ている。確かに特別好きなコンテンツがあるわけではないがYoutube自体のファンになってしまっていたようだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


 
人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-10-24 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事