fbpx
メディアグランプリ

朝の1時間を犠牲にするだけで生活の質は大きく向上する。


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

名前:わきやま(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「もう無理。耐えられない」
妻がキレた。
2020年8月の暑い季節のことだった。
 
暑さにイライラしていたからではない。
賃貸している部屋に対する妻の不満をあいまいにかわし続けていたことが原因である。
積もりに積もっていた不満がついに爆発してしまったのだ。
 
今思えば妻の部屋に対する不満はこの部屋を借り始めた1か月後ぐらいから始まっていた気がする。
 
2019年9月ごろからこの部屋には住み続けていた。
青砥駅から8分ぐらいのところで、周囲には商店街やスーパーだけでなく、スポーツジムがあるので、暮らしやすかった。
青砥駅から上野まで20分、新橋まで25分で行けるので、交通の便もかなり良かった。
家賃も44㎡で9万と都内にしてはかなり安い。
 
しかし、部屋については妻にとって許容できるものではなかった。
44㎡は2人で住むには少しせまい。
しかも、ベランダがなかったので、服を干す場所は室内しかなく、部屋は常に物であふれている状態だった。
さらに、1階だったので、夏は虫がたくさん出る。
1年間我慢したが、とうとう今年の8月に堪忍袋の緒が切れてしまった。
 
二人で話し合った結果、次の条件を満たす部屋に引っ越すことになった。
70㎡以上の部屋である。
駅から10分圏内である。
2階以上である。
家の近くにスーパーがある。
10万以内である。
職場の最寄り駅まで1時間30分以内で行ける。
 
こんな条件の場所、本当にあるのだろうか。
苦しいが家賃の予算を増やすしかないか。
そんな感じで半分諦めていた、
しかし、都心へのアクセスの良さという条件を捨てたら、案外簡単に見つけることができた。
 
東西線の終点駅、東葉勝田台駅、の1個前の村上駅から徒歩1分の物件である。
部屋は4階で、広さは80㎡ある。
リビングだけで18畳ある。
角部屋なので、L字型のバルコニーがあり、子どもと遊んだりできるぐらいのスペースがある。
マンションのエントランスには、セキュリティーロックの自動ドアがあるだけでなく、宅配ボックスがあり、荷物の受け取りには非常に便利だ。
 
周囲の環境もすばらしい。
目の前にはモール並みに大きいイトーヨーカドーがある。
食料品や日用品など、なんでも手に入る。
スタバなどのカフェやレストランもあるので、気分転換したい時などにもちょうどよい。
他にもヤマダ電機、本屋、マクドナルドなどのファストフード店、ラウンドワンなどの商業施設がたくさんある。
 
これで家賃がたったの10万円ちょうどである。
 
居住環境と周囲の環境の大幅な改善は、大きな副次的な効果もあった。
 
まず、食料品が安く簡単に手に入るようになったので、料理も家でつくるようになり、生活費を大幅に削減することができたのだ。
青砥に住んでいた時は、スーパーまで歩いて10分ほどだったので、目の前のコンビニで弁当やお惣菜を買ってしまっていたために、かなり食費にお金を使ってしまっていた。
今はその時の半分ぐらいの食費になっている。
 
次に、部屋が物であふれていないので、掃除や洗濯などの日常の雑務がやりやすくなり、さぼらずきちんと雑務をやるようになる。
部屋が物であふれていると掃除や洗濯が非常にやりにくい。
その結果、やるのがおっくうになりサボるようになる。
そうするとますますやらなくなるという負の連鎖に陥り、物理的にも精神的にも衛生環境はどんどん悪くなっていく。
新しい部屋に引っ越してきてからは、常にキレいな環境で良い気持ちで過ごすことができている。
 
あと、やっぱり部屋が広いだけで、開放的な気持ちになれる。
疲れて家に帰ってきた時に、部屋が広いとそれだけで心の緊張が少し和らぐ感じがする。
休日も広々としたリビングでコーヒーを飲む方が気持ち的にゆったりできる。
部屋が広いだけで、妻との喧嘩の数もだいぶ減ったと思う。
 
ただし、犠牲にしたものもある。
都心へのアクセスである。
村上駅から職場がある大崎まで1時間30分もかかるのだ。
往復で3時間である。
 
しかし、これに関しても私はプラスにとらえている。
大崎まで1時間30分かかるいのだが、始発駅に近いために、大手町まで座っていけるのである。
帰りも行きと異なるルートで五反田駅から勝田台駅まで座って行ける。
通勤時間の大半を座っていられるので、毎朝1時間以上の勉強時間を確保することができるのだ。
毎朝、通勤時間の間にオンライン講座を聞いたり、本を読んだりしている。
まだ2か月ほどしかたってないが、この毎日2時間の効果はかなり大きいと思う。
前はこの2時間の勉強時間は睡眠に使っていた。
自発的にこういった時間をつくるのは案外難しいと思う。
 
今回の引っ越しで私の暮らしの質は一気に向上した。
居住環境と生活環境が改善されたことによって、生活費やストレスが大幅に削減された。
それだけでなく、勉強時間も毎日2時間必ず確保できている。
 
朝1時間の睡眠時間を削ることで、こんなにも充実した生活を送ることができるのだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-10-30 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事