fbpx
メディアグランプリ

美容のプロが語るダイエット成功のカギ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:稲葉 由香 (ライティング・ゼミ 日曜コース)
 
 
痩身エステに勤務してから早いもので20年が経つ。
ダイエットの成功も失敗も数え切れないほど目の当たりにしてきた。
 
私自信も10代のころなんかはアムラー世代真っ只中だったこともあり、安室ちゃんのように細いスタイルに憧れ、枝のように細い足に小さなヒップで超細身のローライズデニムや超ミニスカート、おまけにヘソ出しというファッションが流行りだったもんだから、一体この頃いくつのダイエットを繰り返してきたことだろう。友達と一緒に撮った写真を見て自分の顔の丸さや足の太さに毎度毎度絶望的な気持ちになっていたのを今でも覚えている。少しでも細く可愛く写真に映る角度などを日々研究したものだ。
今はダイエットをして痩せるより整形や脱毛が若い女の子の美のトレンドなのだろうと思うが、2000年頃の女の子は日焼けとダイエットに夢中だった。
もともと食欲旺盛な私は太ってはいなかったが健康的な中肉中背がいやで高校生からスポーツクラブに通って、そして食事制限を繰り返していた。りんごダイエット、朝バナナダイエット、糖尿病患者用の病院食ダイエット、食べて全部吐くダイエット、利尿剤やセンナ茶、もう思い出せない色々やった。どれも多少は体重が減り、丸い顔と痩せやすいウエストはシュッとしたが、一番のコンプレックスだった太ももが細くなることはなかった。むしろ運動を頑張ると太ももがどんどんムキムキするのが永遠の悩みだった。
 
そんな私は縁あって痩身エステの仕事に就いたのだが、ストレスで後に10㎏の激太りをすることになる。人生最大の体重となり、今まで履いていた23インチのお気に入りのデニムは、ウエストが閉まらないなんてレベルではなく、太ももの真ん中までしか入らなくなっていた。これには自分でも驚いた。今までのダイエットでも細くなったことのなかった私の太ももが、とんでもなく太くなってしまった。どうしよう、、、このままいつも通りのダイエットをしても胸とお腹と顔しか痩せないだろうと思い 、焦った。どうしていいかわからず、綺麗に痩せる方法を見つけるため私はダイエットの本を何冊も何冊も読みまくった。
 
 
結果辿りついたのは「みるみる下半身から細くなる美脚食の習慣」という本だった。
そこに書かれていたのは、“ きちんと食べる “ ということだった。
「え! 食べていいのー? 」と、ちょっと驚きだった。
まあ、そもそも私には食べないなんてムリなのだが、
ようするに必要な栄養をきちんと摂取するということだった。
食事制限で栄養不足となり代謝が悪くなっては、冷えやむくみでセルライトが悪化するから下半身痩せはできないし、 食べたら太るからだになってしまうからダイエットは成功しないという事なのだ。
 
たしかに、食事制限をがんばって一旦何㎏かの減量をすることができたが、喜びも束の間、少しずつ気持ちがゆるんでしまったり、なにしろ我慢してきたため一気反動が訪れ、結局食べてしまったらリバウンドしてしまったという経験がある人は多いのではないかと思う。
もしくは体重は減ったけど細くなりたい部分が変わっていないというパターンも多いはずだ。
もちろん好きなものを好きなだけ好きな時に食べていいわけではなく、ダイエット成功にのためには“きちんと” 食べるのだ。
これは、ある程度満腹感のある量の食事を食べても太らないものを選択してとり、
そしてダイエット中不向きな食べ物だけできるだけ避ける。主に小麦(パン、めんる、クッキーなど)、白砂糖、添加物、乳製品、悪い油、そして基本的に体を冷やすもの。
炭水化物を少し減らす分、汁物を具沢山にしてもいいしあとはお肉もお魚もたくさんたべたって全然問題ない。セサミオイルやオリーブオイルなど上質な油であればこちらもむしろ摂取した方がいい。
 
食べても太らないものならば、たくさん食べても、少しくらい遅めの晩御飯でも
むくんだり太ったりしなかったし毎朝着実にスッキリしていった。
 
我慢は続かないと思い、大好きなチーズケーキとチョコレートは食べたくなったら食べていい事にして、友達との食事ではパスタも食べたし飲みにも行くけどお酒はお湯割りにしておつまみは揚げものじゃなくサラダやお鍋などにチョイス変えた。
大好きなスウィーツを食べるときはショウガ紅茶とセットで食べて排泄を促した。
 
そんなこんなで半年ほどで私は10kg痩せ、このきちんとした食事で体質が改善され
頑固なセルライトがくっついていた太ももが細くなる奇跡まで起きた。
体に良い食生活に慣れてからは、ジャンクフードやお菓子などをたくさん食べすぎるとちゃんと体が重く調子悪く感じるようになった。
 
かれこれ15年経つけど全然リバウンドもしない。
昔はダイエットって期間限定でやるものだと思っていた。エステにいらっしゃるお客様もそう思っている人が多い。でも理想の体をキープするには習慣を変える必要があり、それは一時的なものではなく、もはや一生続くライフスタイルそのものなのだ!
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-05-01 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事