メディアグランプリ

そのつまらないコートを脱いだら?


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:山田 真知子(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「彼氏いないなら、街コン行ってきいや。妹も街コンで彼氏見つけてたで」
今回の姉さんは本気だ。
「あと一週間でクリスマスやで?さっき送ったURLのやつ早よ申し込み! 友達誘ったらあかんよ。女子がグループ作ってると男子は声掛けにくいから、一人で申し込まなあかんで」
今回ばかりは断れなかった。
 
行きたくない。本当に行きたくない。私は街コンを毛嫌いしていた。
「だって……若い子と比較されて“おばさん”なんて馬鹿にされたくないし。“おばさんのくせにイタいよね”なんて言われたら立ち直れない。街コン行ったって嫌味言われて傷つくだけじゃん」
大人な自分を求め、失敗なんか許さない私は言い訳をしながら回避し続けてきた。
 
本気の姉さんのはからいを無下にできなかった私はどうにか自分を納得させる理由を探し、「友達とのおしゃべりネタやブログのネタでもいい。ともかく自分の知らない世界をみてネタにしよう」と考え自分に言い聞かす。
 
「これは街コンの取材だ」
 
自己暗示のかいあって、参戦を決意したものの、服装問題が待ち構えていた。
街コンサイトをチェックするとプールサイドのカクテルパーティーのような写真だった為、姉さんから結婚式の二次会のような服装で行くようにと助言された。
「こんな真冬に二の腕むき出しでノースリーブのひざ丈ワンピース着るなんてどうかしてるよ」
心の中で文句を言いながら、慌てて実家にワンピースを取りに帰る。
腕が寒いワンピース
履きなれない高めのヒール
丁寧に巻いたロングヘアー
よし準備は整った。
 
会場に着くと一番乗りだった。張り切っていると思われたくなくてしばらくトイレに隠れたのに……
まあいい、一番端の席に座りアンケートに答えながら他の参加者を待つ
私がアンケートを書き終わるころには結構人が集まり始めていた。
ぐるっと回りを見渡した瞬間、一気に血の気が引いた。
 
「うそ……うそでしょ! みんな私服じゃん」
参加者たちは、ちょっと小綺麗なカジュアルファッションで参戦していたのである。
私のようなカクテルパーティーの準備をしてきている人など一人もいないのだ。
 
「来なきゃよかった。帰りたい。帰りたい。帰りたい」
街コンサイトのガセ写真を恨んだ。そしてそれをそのまま信じた自分を恨んだ。
 
「コートを脱ぎたくない。みんなコートを着ていてくれ。頼むー!」
そんな私の願い空しく、次々にハンガーラックにコートをかけていく参加者たち
すると、一人の男性が友人と一緒に声をかけてきた。
「コートあっちに掛けられますよ。掛けましょうか?」
絶体絶命のピンチ。会場内でコートを着ているのは私しかいなかった。
 
もうダメだ。脱ぐしかない。笑われるとしても、すこしでも傷は浅いほうがいいと思った私は開き直りのスイッチが入った。
「すみません。先輩に結婚式の二次会のような恰好で参加するように言われたんですけど……会場間違えちゃったかな!」
言い訳しながら、とうとう一人カクテルパーティーをお披露目。
「なんか一人だけ気合入っちゃってすみません! やだなぁ、サイトに服装のこと書いてないんだもん!」
びっくりするほど出てくる言い訳。
みんな引いてるからもう帰ろうと、恐るおそる男性二人を見ると、私を馬鹿にしたように笑っていない。
周りを見回しても、こそこそ笑っている人は誰もいなかった。
むしろ、人より気合の入った服装を突破口にしていろいろな方が話しかけてくれたのだ。
「素敵なワンピースですね。ちょっとお話しましょうよ」
「お洋服よく似合ってますよ(と言いながら前の席に座る)」
結局、最後まで街コンを楽しんだ私は、真冬の寒さも感じないくらい晴れやかな気持ちだった。
 
帰りの電車で街コンを振り返る。
今回街コン体験をしなかったら、参加前にウジウジ考えることや、手に汗握るピンチ、会場の空気感、個性的な参加者達を知ることは一生なかっただろう。なんで私はここまで街コンを毛嫌いしていたんだろうか。
「いい歳なんだから完璧にしなくちゃ」という考えだった私は、完璧を目指すあまり、変なプライドで身動きが取れなくなっていたのかもしれない。新しい挑戦を遠ざけ、失敗を恐れていた私は自分が傷つかない安全な道を選んでいたのではないかと思った。
さっき私が脱いだのはコートじゃなくて完璧という名のつまらないプライドだったんじゃないだろうか。
その証拠に「一人カクテルパーティーは大成功!」と行く前とは別人の前向きな自分がそこにいた。
姉さんの後押しに感謝しつつ、次の街コン会場を探す私に“おばさん”の影を感じる人はいないだろう。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/11までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-07-12 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事