fbpx
メディアグランプリ

中学受験のなれの果て その先に見えたものは


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:布村さわ子(ライティング・ゼミ 日曜コース)

 
 
 雨上がりの夕方、職場からの帰り道。消防署の前を通る時、いつも思い出す光景がある。
その時、私は走っていた。携帯を握りしめ、必死だった。何度、電話をしても出ない息子の事が心配でたまらなかったから……。
 
 「布村さんの所は、受験させるの?」この一言から息子と私の中学受験は始まった。九州の山奥で育ち、ずっと公立の学校だった私には、中学受験は無縁のものだったのに……。
 
 「この辺りの子は、たいてい受験して私立に行くよ」もうすぐ小4。尼崎という土地柄、公立の中学に進ませるのは迷いがあった。入塾テストだけ受けさせればいいか。結果を見て、考えよう。私は何の覚悟もないまま、軽い気持ちで申し込みをした。それが、この後、あれほど、息子を苦しめる事になるなんて、その時は想像もしていなかった……。
 
 乗り気でない息子を説き伏せ、塾に入れ、受験をさせたのは、今考えると親の見栄だったのかもしれない。一応、私立の中高一貫校に入った息子。私の中で、入学さえさせれば、後は、学校が勉強をみてくれて、希望の大学に進学させてくれるはず。そんな甘えがあった。
 
 しかし、息子の気質と合わない学校生活は、彼にとって苦痛の連続。学期ごとの懇談で、協調性のなさを注意され、私は、いつも針のむしろに座っているような気持ち。それでも、成績は伸び、登校は続けていた。だが、高2の秋、事件は起こった。
 
 同級生にやじられ、かっとなった息子は空手の技を使い、相手の顔面にけりを入れた。本人は直前で止めるつもりだったらしい。でも、相手のメガネが壊れ、顔にけがをさせた。当たり所が悪ければ失明。当然、指導が入る。自宅謹慎が続いていた数日間、息子の様子は、明らかに変だった。
 
 そんな状態でも、仕事を優先させた私。息子から逃げた。仕事が終わり、息子の暗い表情が頭に浮かぶ。電話をかける。つながらない。聞こえてくるのは、呼び出し音だけ。ひょっとして、自殺していたらどうしよう! 動悸が早くなる。不安が体中に広がる。電車に乗っていても、走り出したくなる。生きた心地がしなかった。
 
 帰宅した私を待っていたのは、布団にくるまり寝込んでいる息子の姿。そっと触る。あたたかい。それだけでいい。もう、学校はやめてもいい。この子が、どうしたら幸せになるかそれだけを考えよう。ほっとして、涙が止まらない。その時、私の中で学歴に対する考えが大きく変わった。
 
 3歳下の娘では失敗したくなかった。息子の事で中学受験に慎重になっていた私。「中学、どうする?」何度も話を聞き、自分で決めさせた。中高一貫の6年間は長い。自分の気持ちをあまり表に出さない娘には、自分に合わない学校で苦労して欲しくなかった。
 
 そして、娘も私立に入学。これだけ、気配りをしたのだから、娘の学校生活は順調なはず。勝手に思い込んでいた私。ある日、マンションの自転車置き場で帰宅した娘とばったり会った。「ひょっとして、泣いてる?」一瞬、頬に涙が光っている気がした。滅多なことでは泣かない娘。出かける所で急いでいた私。雨のせいかと思い直した。当時、息子の学校でのトラブルで手一杯だった私は、娘の異変に目をつぶった……。
 
 それから間もなく、娘はクラスメートとの関係がこじれ、不満が爆発。髪を染め、派手な服を着て、遊び回るようになる。学校から呼び出しとお説教。中3だった娘の進路変更を考えた。高校を受け直してはどうか。でも彼女は、自分だけが逃げ出すのは嫌だと、高校進学を選ぶ。
 
結局、二人とも、志望していた大学に入学。でも、就活で苦労し、卒業後、選んだ仕事は、その大学を卒業しなくてもやれた仕事。何のための中学受験だった? その学校に行くのは本当に必要だった? 就職までの道のりは本当に正しかった? 今となっては分からない。
  
  中学受験は、登山に似ている。より高い険しい山を目指すのなら、ちゃんとした地図やガイドが必要だった。ただ、大学卒業を山の頂だとするならば、そこまでにたどった道で経験した事は、きっと子供達にとって必要だった。これからの彼らの人生に活かされるに違いない。
 
 皮肉な事に、私の仕事は私立の中高一貫校での非常勤講師。ちょうど、息子が小6の受験の年に始めた仕事。自分自身が働いていたから、私学という選択を過信していたのかもしれない。自分のプライドのために、子供達を中学受験に誘導したのかもしれない。
 
 今、中学受験を考えている人がいるならば、私は聞きたい。「あなたに覚悟は出来ていますか?」子供と一緒に、決して平坦ではない山を登りながら、いろんな風景を見る覚悟が……。
 
どんなルートをたどっても、きっと大丈夫。子供達には人生を切り開く力がある。大人が出来るのは、地図を一緒に見ながら、自分の選んだ道を登っていく彼らを見守っていく事だけ。子供達の可能性を信じ、信頼に足りるガイドになる事で、自信を持って社会に出て行ける子が、きっと増えていくはず。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/18までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-07-18 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事