fbpx
メディアグランプリ

12年分の10秒


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事 サラサラサラ子(ライティング・ゼミ平日コース)
 
 
「なんだこいつ?」
 
結婚式の披露宴最後の新郎挨拶。
そこで、自分の夫になりたてホヤホヤの彼の言葉を聞いた瞬間にそう思いました。
 
スピーチの内容は、
「10年後も20年後もずっと、妻とこどもが笑っていられるように、記念日にはプレゼントを贈ったり、記念日を大切にしたいなぁ」
 
????
アホじゃないのか?
ここはわざわざ来てくれた、しかもお祝儀まで包んでくれた人たちに感謝だろ!!!
第一、1年に何回かの記念日に花や物をもらったくらいで、ずっと笑ってられるか!!!!
 
というのが、頭の中に一瞬にして浮かびました。
でも、ここは感動の披露宴のクライマックス。
「いやいやきっと何かの間違い。感動でパニックになって間違えたよね。
うん、きっと大丈夫」
頭の中の? をかき消しました。
 
それから、12年。
? を感じた私の感情は、驚くほどビンゴな毎日だったのです。
 
・娘が産まれる→ 育児せず
・家では暇さえあればテレビか寝る
・食べれなかったからと弁当箱ごと捨てる
・家族旅行中に急な仕事だからと家族全員帰るはめになる→徹夜で12時間運転して帰宅
・家族キャンプ中に漫画を読みながらビール→子どもが遊ぼうといっても遊ばない
・基本朝帰り
・家事は全くしない
・自分の食べた後も片付けない
・夜は風呂に入らない
・臭い
・自分のテリトリーさえ片付けない
・あまり言うと舌打ち
・こどもの運動会当日に朝帰り 開始30分前帰宅
・会社の御曹司の集まりのような、お金を払ってボランティアをするサークル活動にはまる
・キャバクラ、飲み代なのか約200万円(推測。確実には100万円)借金
・自分の親に50万円借りる→お姑さんから私に報告で判明
・自分は何もしないのにこどもたちには家事を強要
・人の気遣いは当たり前、自分の気遣いが無いのも当たり前
・クリスマス、誕生日、結婚記念日にはプレゼント
 
と、こんな内容書いて良いのだろうかと思うほどの、ビックリの連続だったのです。
 
夫になりきり、その理由を代弁するとこんなかんじでしょうか。
・嫁がこわい
・嫁が無視する
・嫁が俺の食事を作らない
・嫁が俺に笑わない
 
と、このような反論が予想されますが、
私も初めは優しい、夫思いのニコニコ妻でした。
誰が恐くさせた、笑えなくさせた、作った食事を誰が食べなかった……
とまぁ、鬼嫁である私はこんな風に反論を返します。
 
こんな状態でも、12年間一緒に暮らしている(といえるのかはわからないが)のは、争いは避けたい温厚な(臆病な)夫の性格、私のお願い(絶対命令)にはある程度応えてきた、生活費を入れてくれていた、こどもたちはパパが好きだった。
そして、何より二人のこどもたちはと私の3人の生活が楽し過ぎたからでしょう。
 
オンオペ育児の闇が取りざたされる今日ですが、私にとって夫抜きの3人の時間はストレスフリーの最高に楽しいオンオペ時間だったのです。
 
しかし、転機は訪れました。
夫が転職したのです。
それまで住宅メーカー営業の夫は、帰宅時間も遅く、午前様は当たり前で、朝帰りも普通でした。土日祝日が勤務、週一の平日休みもゴルフだったり、何だったりで、ほぼ家にいませんでした。なので、家に居るほんの少しの時間を我慢して何とかやってこれていました。
 
それが……転職したのです!!! 土日祝日は基本的に休み、残業も無しのクリーンな職場へと!!!
正直、これからどうなるかな、いい風にやり直せるかな、とも思っていました。
こどもたちも、「パパに遊んでもらえる」と、それは楽しみにしていました。
ところが、蓋を開けてみると、全然変わらない日々が待っていたのでした。
私は、残念とやっぱりが半分半分。こどもたちは、ショックのあまりパパ嫌いになっていきました。
 
これを機に、夫に思っていることを全て話すことにしました。
・一緒にいると息がしづらい
・こどもたちが嫌っている
・別居したい
・離婚したい
 
夫は、あっけにとられた様子でした。
まさかここまで思っているとは、という感じでしょうか。
おそらく、度々訴えていた「こどもとの時間を大切にして」という言葉が来ると思っていたようでした。
 
「悪いところは全部改善するから、このまま一緒に暮らしたい。離婚はしたくない」
夫からはそう返事が返ってきましたが、私の心は変わらず、離婚はせずに別居することが決まりました。
 
この12年で、大好きだった人が一緒にいることが苦痛の人に変わった経験をして思った事は、
「浮かんだ? をそのままにしてはいけない」
という事でした。
? は長くてもその出来事の10秒程です。短いと1秒で? は現れます。
たかが10秒、されど10秒。
結婚式のあの
「なんだこいつ?」
をそのままにせず、問いていれば。
産まれた愛娘を前にグースカ寝てばかりいることへの? を問いていれば。
自分の思いをぶつけていれば。違う今があったと思います。
 
先日職場の先輩に、「こんなのがあるよ」と夫婦会議を行う為のノートを紹介されました。そこには、家事・育児・お金・SEX・将来設計などなど、いくつかの項目があり、話しにくいような内容もとてもわかりやすく書かれていました。
「夫婦会議」のシェア会やセミナーも開催されていると書いてありました。
新しく夫婦になられた方、赤ちゃんを迎えられる方には是非知ってもらいたいと何冊か取り寄せて、プレゼントしています。
 
私自身も正直、「こんなのが結婚当初あったなら」と思いはしました。
でも、後悔はしていません。
楽しかったオンオペ育児と、真っ直ぐ育ってくれているこどもたちの存在がそう思わせてくれます。
 
「別居しても、あきらめない。いつか一緒に暮らせるように頑張る」
といっていた夫。
あのノートを使ってみようかなと思う日が来ることを、期待半分諦め半分で待っている自分もいます。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/25までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-07-25 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事