fbpx
メディアグランプリ

触れて、そのまま抱きしめたい


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:コバヤシミズキ(チーム天狼院)
 
 
何度たくし上げてもうまくいかない。
「ごめんね」
ちょこっと触れてしまった手を、慌てて引っ込める。
その拍子に、なんとかまとめ上げていた布が崩れ落ちてしまった。
いいよいいよと笑う友人も、ここまで私が不器用だと思わなかっただろう。
「浴衣なんて、着付けたことないし」
だから、こんな場所に来ているんだけど。
周りを見れば、みんな妙に真剣な顔をしながら、浴衣を相手に着付けている。
本番まで、あと一週間。
なんとしてでも着付けを習得しなくては。
「もっかい、もっかいやっていい?」
返事の代わりに腕を広げた友人に、もう一度浴衣を体の中心に合わせる。
触れてしまわないように、細心の注意を払いながら。
 
浴衣で授業を受けるなんて、誰が発案したんだ。
大元の原因すら憎くなってしまいそうになる。
別に、イベント事態が憎い訳じゃ無いのだ。
「うげ、着付係」
イベントの打ち合わせ前、“屋台の係かな”なんてちょっぴりワクワクしてた自分が馬鹿みたいだ。
割り振られた『着付係』の文字に思わず呻いてしまう。
「やったことないんですけど」
被服の授業でやった気がするけど、多分眺めてただけなんだと思う。とっくの昔に遙か記憶の彼方だ。
それでも、するすると着付けていくお手本の子を見て、どうにかなるんじゃないかなって。
「レジュメ見れば、なんとかなるよね」
問題はそこじゃないと、未だ知らぬまま。
そのときは、捨ててしまったレジュメの行方を必死に思い出そうとしていたのだ。
 
「じゃ、試しにやってみようか」
クーラーを効かせてもまだ湿っぽい教室は、浴衣の着付けをするには最悪だった。
湿気の変な圧迫感で滲む汗が冷えて、『着付けなんてできるのか』とほんの少し不安を煽ってくるのだ。
しかも、浴衣。
「ぶっちゃけ、浴衣って暑いよね」
「ほんとそれ。見た目ばっかり」
特に布地を重ねに重ねた腹回り。帯の下にどれだけ汗をかこうとも、涼しげな顔で写る雑誌のモデルをこれほど尊敬したことはない。
だけど、私はモデルじゃ無い。別に涼しげな表情を作る必要なんて無い。
「先に着付けようか」
「よし、任せた」
だから、何も気負う必要ないと、そう思っていたのだ。
渡された浴衣に袖を通して、腕を広げる。
そのまま友人が衿を中心に合わせ、裾を調整しようと腹の近くに手を差し込んだ。
 
「うわ」
 
背中が小さく震える。思わず漏れ出た声は、友人には届かなかったらしい。
……今のは、なんだったんだ。
友人の手が腹に回った瞬間、ゾクリとしたのだ。
気味が悪いような、できの悪いホラーで驚かされたときのような、そんな感じ。
思わず動きそうになるけれど、不自然に音を立てる心臓に手を当てることは出来ない。
少し視線を下げれば、丁寧な手つきで着付けをする友人がいて。
 
「うわあ」
 
それがどうしようもなく、たまらない気持ちにさせられた。
 
『夏だから』なんてチープな言い訳が出来ないくらい、異様なほどドキドキさせられてしまっている。
だって、他人が私の中にこれほど近づくことなんて、今まで無かったのだ。
私の息が、友人のつむじにかかるほど、それくらい距離が近くなる。
「このまま、腕を下ろしたら」
そんなくだらない妄想に、首筋が熱くなっても手で仰ぐことは出来ないのに。
触れられて、そのまま抱きしめたい。
そんな衝動に駆られる。
「いっそやってしまおうか」
ああ、腕の力が緩む。
 
「終わったよ」
 
友人の声にハッとする。
今私は何を考えていたんだろう。
丁寧に着付けられた自分の浴衣姿とチグハグな、この見え透いた下心はなんだ。
……別に、この子が特別色っぽいわけでは無いのに。
そんな私の困惑にはちっとも気づかず、目の前の罪な女は続けた。
「じゃ、次コバヤシの番」
 
習ったとおりに、見よう見まねで着付ける。
そんなに難しいことじゃないのは、頭では分かってる。
それでも、さっきの衝動が怖くて、極力触れないように、慎重に布地を重ね合わせる。
「すごい怖々やってんね」
ふふ、とくすぐったそうに笑う友人の息が、首筋にかかる。
思わず手を離しそうになるのをぐっとこらえた。
……これはまずい。非常にまずい。
だって、もうなんか、好きになっちゃいそう。
踏み入っちゃ行けないところに、簡単に侵入されて、侵入して。
それがたまらなくスリリングで、頭の中がぐちゃぐちゃになって。
「めっちゃドキドキする」
あ、やばい。
今度こそはっきり言葉にしてしまったそれに、周りの友人たちの視線を感じた。
ここが私の城山か。どうせ切腹するなら、もっとかっこいい最期が良かった。
友人の顔を見るのが怖い。じわじわと汗が冷える中、顔を上げる勇気なんて無かった。
 
「わかる! すごいわかる!」
 
そんな私の無念をかき消すかのように、目の前から声が降ってくる。
「いやほんと、今は良いけど、実際緊張するよね!」
「私無理かも、触れないかも」
「うわ、大丈夫かなコレ。気持ち悪くない? 私ら」
思わず得られた共感に、今度は私が困惑する番だった。
だって、みんなそんな素振り見せなかったじゃないか。
「半分無だよね」
つまり、私以外はみんなプロだったらしい。
……なんだかアホらしくなってしまった。
緊張でバクバクしていた心臓がようやく落ち着いた頃、ようやく気持ち悪い私たちの結論は出たのだ。
「ぶっちゃけうなじとかより、着てる瞬間が一番色っぽい」
男じゃなくて良かった。そんなことを呟いたのは誰だったか。
もしかしたら私だったのかもしれない。
 
でも、やっぱり夏一番かわいいのは浴衣姿の女の子だよな、と。
道ゆく女の子を見ながらそう思う。
それでも、私は夏が来る度思い出してしまうかもしれない。
汗のにおいと、首筋にかかる吐息。それから腕の中に踏み入る感覚。
「もうちょっと頑張ろうかな」
触れて、そのまま抱きしめたい。
道行く男の人がそう思えるような女の子を完成させよう。
「一番最初に触るのは、私だけど」
かわいいこの子を好きになるのは、一番初めは私がいい。
ほんの少し、ちょびっとだけど着付係が楽しみになった。そんな気がしたのだ。

***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/29までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-07-28 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事