fbpx
メディアグランプリ

すもも飴のない夏祭りもいいものだ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【9月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:ナンシーちゃむ(ライティング・ゼミ日曜コース)

 
 
「……すもも飴、ないんだ」
8月の終わりの夜、私は渋谷と原宿の中間にあるホテルにいた。このホテル、高級というよりは「洗練」「ハイセンス」といった言葉が似合うブティックホテルで、泊まったことはないのだけれど、以前仕事のイベントでパーティー会場として使わせてもらったご縁もあって、ちょくちょくお食事で利用させてもらったりもしている。今回はそのホテルが夏祭りをするとのことで、仕事帰りに会社の先輩たちと立ち寄った。
 
ホテルの1階の一角で開催されている夏祭りはこじんまりとはしているが、多分近所から来たのだろう、子供たちがはしゃぎ回っている。きれいなお花でアクセサリーを作ったり、思い思いに絵具をのせてTシャツを作ったり。DJブースから流れるシブヤ系(ということを先輩が教えてくれた)の音楽が心地よい。カールスバーグのビール瓶を片手に「何か食べよう」と、屋台と呼ぶにはいささかおしゃれすぎるスペースで、食べ物を物色していた。そこに、すもも飴はなかった。
 
小学生の時に近所の公園で、毎年夏祭りがあった。私はそこで必ず、母親にすもも飴を買ってもらっていた。今でもそうなのだけど、子供の頃から甘いものは正直それほど好きではない。水飴なんて、甘ったるいだけで、おいしいとは思っていなかった。べたべたするし。でも、
「真っ赤なすももは、まるでルビーみたい。そのまわりの水飴はまるでガラスみたいにきらきら光っている。なんて美しいんだろう」
私がいつもすもも飴を欲しがった理由。それは、手が伸ばせる美しい世界だったからだ。いつでもその世界に、夏は心を踊らせた。
 
小学生の時の私は、いつも何かにびくびくしていた。小1の時に、学校で筆箱や教科書がなくなった。なくしたことを担任の先生になじられて、叱られた。今思えば明らかに、それらは誰かに盗られていた。「やられたら、やり返せ」とアドバイスをしてくれる大人もいた。でも、誰がやったのかも分からなかった。世界はこういうものなのだと思った。途中で転校をして、私の世界は変わった。それでも「誰かが私の大事なものを盗っていくかもしれない」と、いつでも思っていた。誰かが分らないから、そういう世界なんだ、と思わずにはいられなかった。
だから夏には、そうではない、美しい世界を手に入れたかったんだ。
 
ホテルの夏祭りにはすもも飴がなかったから、代わりにハンバーガーを買った。お店の人に半分に切ってもらって、先輩と分けて食べる。3人で来ていたから、1番上の先輩が食べるのを遠慮して、私に食べていいよと言ってくれた。いいのかな、と私は思いながら、頬張る。うん、おいしい。すもも飴とは違って、小さい頃からハンバーガーは好きだ。ビールにもよく合う。目の前では盆踊りが始まって、子供たちも踊っている。頬をなでる夜風も気持ちよくて、夏の終わりの気配が少しだけする。次に出勤するときには、もう9月か。去年はすごく忙しかったけど、今年はどんな秋になるんだろう。
 
……すもも飴がなかったからハンバーガーを買ったと言ったけど、すもも飴があったとしても、恐らく私は買わなかった。おいしくもなければ、ビールにも合わない。この夏の私には、すもも飴を手に入れなくてはいけない理由がない。だって、大事なものを盗っていく人はいないから。ハンバーガーはむしろ譲ってもらった。私がいるこの世界は、すもも飴よりはもう幾分美しい。
 
「大人になると大変だ」
「社会に出ると苦労するぞ」
「学生の間に逃げ癖がついたらだめだ」
と学生の頃、大人から耳が痛くなるほど聞いていた。確かにね。生きるためにお金を稼ぐのも大変だし、社会には色々な人がいて毎日色々な事件が起きて、苦労もしている気がする。時には逃げたくなるようなことも起きる。普通に生活しているように見える人も、白鳥のように、水面下で足をバタバタさせているものだ。そして私もその一人。忙しくなる秋を思うと、少し憂鬱な気分になることもないわけではない。
 
でも私は断言したい。すもも飴がない夏祭りなんて、小学生の時の私には想像ができなかったように、今の自分には想像もできない世界が絶対にある。それは、子供だから想像できないとかそういう話でもなくて、大人になってもいつでもそんな世界が待っているということ。私にとっても、おしゃれなホテルでもなければ、ビールとハンバーガーもないけれど、もっと楽しい夏祭りに今後も出会う可能性があるんだ、ということ。
 
多くの学校では夏休みが終わって、2学期が始まる頃だろう。学校行くのが嫌だなぁと思うこともあるかもしれない。正直行かなくてもいいと私は思うけど、どちらにせよ、少なくとも、小学生の時の私にとってのすもも飴のような、心踊る小さな世界がみんなにあるといいなと思う。そして大人たちは、すもも飴よりも心踊る大きな世界があるということを、子供たちに見せられたらいいなぁと思うのだ。

 
 
***

この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。
「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。

【9月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《平日コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《9/4までの早期特典あり!》

天狼院書店「東京天狼院」
〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」
〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】
天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。



2018-09-05 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事