fbpx
メディアグランプリ

新しいシャツ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:田澤 正(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
「明日、新しいシャツ下ろしていい?」
 
浮かれながら奥さんに聞く。
 
新しく買ったシャツをいつデビューさせるか。
すごく重要。そして考えるのが楽しい。
 
明日は、2人で吉祥寺に、好きなバンドの
ライブを観に行く。
 
まさに新しいシャツのデビューにふさわしい。
我が家のハレの日。
 
「いいよ!」
 
奥さんも。
いつものやりとりに呆れていながらも
付き合ってくれる。
 
新しいシャツを着る。
それだけで世界が変わる。
軽やかに。楽しく。嫌なことも忘れる。
 
進水式にも似て。テープが投げ込まれ
ファンファーレが鳴る感じ。
 
基本的に単純なので、着る服で幸せに
なれる。
 
「ようこそ新しいシャツ」
 
別に自分がファッショナブルだとか、トレンドに敏感とか言いたい訳では全くない。
そしてカッコ良いワケでも全く無い。
そこははっきり言わせて欲しい。
 
ただ、纏う服で何気ない日常の見え方
が変わる。
 
新しいシーズンが始まる時
「服欲しい」という気持ちが
またムクムクとやってくる。
 
買う時に重要なのは「出会い」。
 
「服を見に買いに行こうよ!」
とお給料日の後にわざわざ奥さんと出かけても買わずに終える事もある。
 
我が家では「出会いが無かった日」と呼ぶ。
ネットで見ていいなと思っても、実際に試着したらイマイチだったり。
そんな日は、
期待してお財布も、気持ちも準備して行った分
ガッカリ度が高い。
 
そういう時は買う事が目的に
すり替わってしまう事がある。
本当はそんなに欲しくないのに
買おうとしてしまう。
 
「物欲の罠」
 
「出会いが無かった日」「物欲の罠」にはまりそうな時は目をつぶり退散し、家でコーヒーを飲む。
 
出会いは突然やってくる。たまたま寄ったお店で。
 
他の服を買いに行ったら隣においてあった服に心を惹かれたりして。
 
その時の高揚感。楽しい興奮。これではないか。欲しかったのは。何回も試着してみたりサイズ違いを着て見たり。いろいろな組み合わせできてみたり。
 
欲しいと思ったものが、予算を超える金額の時。
一度お店を出て目をつぶり冷静になるためにコーヒーを飲む。
 
落ち着いて考え。それでも「欲しい」と心が言う場合は奥さんの許可をもらい購入する。
 
楽しい。ようこそ。新しいシャツ。
 
先日、買ったのはあるセレクトショップのセカンドラインのお店。お値段がそこまでしないのが良い。
薄いブルーのオックスフォード。
タイトでショート。家にあるクロップドパンツと
合わせたら良いかも。
 
カッコよくなった気がする。
すごく楽しい気分になる。
 
そしてクローゼットに迎えることになった。
 
「このシャツもう着ないね」
 
このシャツ、そういえば着ていないな。
最近。忘れていた。
 
いつ買ったんだっけ。
 
初めて出会った時から時間が経ち
いつの間にか。忘れていた。
 
ルーキーがいる一方、
狭いクローゼットの中で、最近登場しない
服たちがある。
すると奥さんからリストアップされ
戦力外通告を決める会議が行われる。
 
取っておいても着ない服は思い切ってさようならする。
 
先日出てきたシャツ。
 
旅行先のアウトレットで買った星とストライプなど3パターンが切り返しで入っている紺色のシャツ。
今思えば、なぜこれを買ったのか。と思う。
 
でも買った時は、出会いだった。初めて袖を通した時、から回想する。
「はい、じゃこれさよならね」
 
回想中にも関わらず奥さんのジャッジは下る。
そう、もうこのシャツを着ることは無い。
 
自分をワクワクさせてくれたシャツ。
デビューをいつにするか。きっと考えていた。
 
いつの間にか。風化してしまう。
 
一方でなんだかんだ15年くらいクローゼットにいる服もある。
 
忘れもしない渋谷公演通りで買ったニット。ショート丈。腕に2本のライン。ダッフルコートの様にトグルが付いている。
 
毎年着ている。必ず会議で「そろそろいいのでは」と言われても残る。
腐れ縁。なのか。理由はわからない。
 
今期戦力外通告を受けたシャツ2枚、パンツ2本。
古着屋さんに持って行く。
 
古着を売ったお金でコーヒーを飲む。
 
あのシャツは、誰かに買われ次の旅に出るのか。
 
巡り巡って、再利用されるのかな。
 
燃えて炭素になって世界中にふわりと飛んで行ったり。
 
でも、いつか。全く同じ炭素が集まって、1枚のシャツになったら素敵だな。
などと空想しているとコーヒーが空になる。
 
最近、ある別れがあった。同じ職場にいた方。連絡先も交換している。けれども段々疎遠になる。
共通項が無くなり、それぞれの生活圏も変わる。
新たな交友関係が出来る。
 
その後も続くと思っていたのに。
ただ側にいるだけで、あんなに楽しくしていたのに。
 
ただ、さようならになる。
びっくりする位連絡も取らなくなる。
またいつか。あの時みたいな関係に
戻ることはあるのかな。
 
一方、別に普段気にしないしなんなら合わない期間が長くても続く友達もいる。腐れ縁。
 
そして、新たな出会い。
 
例えば、天狼院ライティングゼミで年齢や
職業を超えて文章について語る出会いがあったり。
楽しい。思いがけない出会い。
 
出会いと別れ。
 
クローゼットの中も、またルーキーが現れ
別れが訪れる。
 
理由はない。仕方なかった。
 
いつまでも同じじゃつまらない。
出会いと別れを繰り返し、また次のシーズンを迎えよう。
 
別れは嫌だなと思っていたが、新たな出会いもある。
 
ちなみに、次の週末新たな服を買いに行くつもり。
 
新たな出会い。はあるのか。楽しみにしながら。
 
 
 
 
***
 
この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加いただいたお客様に書いていただいております。 「ライティング・ゼミ」のメンバーになり直近のイベントに参加していただけると、記事を寄稿していただき、WEB天狼院編集部のOKが出ればWEB天狼院の記事として掲載することができます。
 

【8月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コース》」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜《7/7までの早期特典あり!》


 

天狼院書店「東京天狼院」 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F 東京天狼院への行き方詳細はこちら

天狼院書店「福岡天狼院」 〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5

【天狼院書店へのお問い合わせ】

【天狼院公式Facebookページ】 天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


2019-07-04 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事