fbpx
メディアグランプリ

波に乗る人生


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:浅丘由美子 (ライティング・ゼミ通信限定コース)
 
 
世の中の人を、「波に乗る人」と、「波に乗らない人」という二択に分けた時、あなたはどちらの人だろうか?
 
大多数の人は、後者ではないだろうか?
そういう私も、5日前までは後者だった。
自慢ではないが、今では前者の人間である。
 
マウンティングをしている訳ではない。
 
私、人生100年時代、後半戦に入り、この夏、サーフィンを始めたのである。
 
5日前に、夫、私、娘の家族3人揃って初心者レッスンを受けた。
 
元プロサーファーのSさんから、浜辺で10分程の説明を受けちょっとした実技をした後は、すぐに海に入って実践だ。
 
Sさんは、「褒め方」のプロでもあった。
 
「いやー、お母さん、身軽ですねー! いやー、体力も凄いですね」
「いやー、お母さん、上手ですねー! 何か、運動されていたんですか? 軸がしっかりしていますよねー!」
 
上手くおだてられた豚さんの私。なんと、1時間半のレッスンの半ば位から、木登りならぬ、波に乗りながら、テイクオフ(ボードの上で立上がる)も出来るようになった。
 
家族の中で一番上手かったのは、想定通り14才の娘だった。
体重が軽いという事もあると思うが、すぐにコツをつかんで波に乗り、テイクオフもサマになっている。
 
私のほうは、やっとテイクオフするという感じだ。それも、パッと立ち上がるのではなく、一度、片膝を立ててバランスを取ってから、可能だったら両足で立つという感じだ。
 
それでも、波に上手く乗れて、岸までグングン進む時の感覚は最高だ。
毎回波に乗れる訳ではないので、その感覚をまた味わいたくて、何度でも繰り返したくなる。サーフィンに中毒性がある事は発見だった。凄く楽しかった。
 
サーフィンの良いところを、超初心者なりに分析してみた。
まず、かなりのデトックス効果がある。理由は、サーフィンをしている間、考えている事がたった一つしかないからだと思う。それは、
 
「良い波が来たら、乗りたい」
 
海に漂いながら波を待つ間に考えている事は、上級サーファーでも、初心者サーファーでも、きっと同じだ。
海に入っている時は、嫌な事があっても、心配事があっても、忘れられる。
この、波以外の事に無心になれるのは、かなりのデトックス効果がある事に気がついた。水に漂いながら瞑想しているような感覚なのだと思う。
 
そして、かなりの運動量だ。良い波が来たらボードに腹這いになり、パドリング(両手で水を掻いて進む)をして、ここぞという時に、上体を起こして、ボードの上に立ち上がる。
背筋、二の腕、腹筋は勿論、全身の筋肉と、筋肉が足りないので脂肪も総動員して使う。バランスを取ろうとするので、体幹も鍛えられるはずだ。
 
海という自然と戯れながら、楽しく遊ぶだけで、かなりの運動になり、そして、頭も心も空っぽになって、デトックス効果もある。
そして、この暑さでも、水の中はやはり涼しく気持ちが良い。
 
半日やっただけでも、コロナ太りで、プヨプヨだった身体が少し締まってきた気さえする。そういえば、サーフィンをしている人に太っている人はいなかった。ダイエット効果もあるはずだ。
 
初日は、朝7:00からの1時間半のレッスンを受けた後、15分程休憩を挟んでから、11:30まで、ひたすら波に乗った(乗ろうとした)。
 
その後、昼食の後、クタクタになりながら一度ホテルに戻り、暑い盛りの時間帯には、布団に倒れ込むようにして昼寝をした。
 
異変を感じたのは、充電のために壁ぎわにあったiphoneのアラームを消そうと起き上がった時だ。
身体中が悲鳴を上げているような痛みで動けない。
 
全身運動の結果は、全身筋肉痛である。
オマケに、一度、岸辺でボードから落ちた時に、尾てい骨を思いっきり打ってしまい、お尻がジンジンと痛い。サーフィン「ハイ」の時は、痛みを感じなかったようだ。
 
腰の曲がったお婆さんがハイハイするように、やっとの思いで、布団から這い出て、アラームを消した。そして、そのままこの悪夢を忘れるかのように、また寝てしまった。
16時に自然に目が覚めてみると、身体の痛みは大分マシになっていた。
回復するにはさらに休息が必要だったのだ。人間の身体とはよく出来ているものだ。
 
しかし、追い討ちをかける悲劇、いや、喜劇が私を襲った。
 
コーチがレッスン中に一眼レフでバシバシ撮ってくれていた写真が、昼寝中にLINEに届いていた。
 
初めて自分のサーフィン姿を客観的に見つめた。
 
控えめに言って、「なんか違う感」が半端なかった。
 
娘は、同じ初心者なのに、親ばかも手伝い、惚れ惚れする程サマになっている。
夫も、技術面では私と大差無さそうなのに、静止画像上は何故か、とてもサマになっている。
 
なぜか、私だけが「なんか違う」のである。
でも、なんだろう、既視感も半端ない。
 
写真を見た友達が、謎を解明してくれた。
 
「野球の審判が、セーフ! とやっているみたい」
 
ご丁寧に、かなり大げさな表情で「セーフ!」のジェスチャーをしている、メジャーリーグの黒人審判の写真まで、LINEで送ってきた。
 
爆笑だった。
 
私が野球の審判だったら、我ながら完璧に美しいセーフのフォルムである。
 
コーチのSさん、おだてて木登りさせるだけじゃなくて、もうちょっと、何か言って修正して欲しかった。
 
とコーチを恨みたくなった。
 
それでも、気を取り直して、夕方も空いた海に戻って、またまた、波を追いかけた。そして、次の日も。
 
この三連休は、初めてのサーフィンの余韻を楽しみながら、YOU TUBE で、初心者向けレッスンを見て研究に勤しんだ。(次回は、審判員を卒業したい)
筋肉痛もすっかり良くなり、また、サーフィンにいきたくてウズウズしている。
家族全員で楽しめる事が一つ増えたのも、嬉しい。
 
夏は毎年、夫の実家のあるフランスに2週間は帰省していた。フランス人にとって、バカンスはとても大切なものだが、今年は、フランスへは行けず、日本国内の移動にも気を使う。
また、いろいろな計画を立てようにも、先の事は読めない世の中になってしまった。
しかし、コロナ禍がなく、いつものようにフランスに行っていたら、サーフィンをしようとは思わなかったはずだ。
これからも、無くなってしまった事を惜しんで嘆くのではなく、あるものに目を向けて、その中で、楽しみを見つけて生きていこうと思う。
 
荒波を乗り越え、一つとして同じではなく予測出来ない波と戯れながら、人生の波乗りも楽しんでいこう。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-08-14 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事