fbpx
メディアグランプリ

投げられなかったスローカーブ


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:堀川 哲朗(ライティング・ゼミ日曜コース)
 
 
急に気温が下がり、風も冷たくなった。
そんなマンションの駐車場の壁を相手に軟式球で壁当てをする少年。
 
このコロナ禍の影響なのか、なかなかチームで野球をすることがな
いのか、その表情はどこか暗い。
 
たまたま跳ね返ったボールがそれて郵便受けの近くにいた
私のもとへ転がってきた。
 
少年のもとにボールを投げ返そうとして、ボールを握る。
左肩を上げた瞬間、強烈な甘い痛みとノスタルジーに襲われた。
もうボールを投げることはないと思っていたのに。
 
○頭を使って自分が変わらなければ、今も昔も生き残れない
20年ほど前のことだ。高3の夏である。
私の背番号は10。高校野球の経験者なら察しがつくだろうが、
控えの投手の背番号である。
左投げということしか特徴はなく、決して体格にも恵まれたわけではなかった。ボールのスピードもなかった。
当時は2年生でも自分より力のある投手がいて、私が最後の夏の公式戦で登板できる可能性は限りなくゼロに近い。
 
これが現実だった。
 
同級生のエースのようなスピードボールと切れ味鋭いスライダーでバッターをどんどん三振に打ち取る。そんなタイプを目指すことができないのは明らかだった。
 
どうやったら、試合に出してもらえるような選手になるか。
その頃からマーケティング的な思考を持っていたのかもしれない。
ライバルのチームの選手を競合商品に見立て、自分というプレイヤーである商品をどう売り込むか。差別化できるか。
そればかりを考えていた。
もちろんやみくもに練習に打ち込む姿勢も必要だが、それではフィジカルで劣る自分はチームの中で居場所を失ってしまう。
2年生のときは、いわゆるベンチ入りメンバーにも入れなかった自分にとって、それは絶対に避けたいこと。
 
頭を使って、挑戦することを選択した。
 
当時はyoutubeやamazonといった有益な情報媒体はなかった。
図書館や大型書店に通い、投手のフォーム論からメジャーリーガーも愛読したという当時では珍しかった野球のメンタルトレーニングの本まで取り寄せ、生き残る道を模索した。
頭を使って、ようやく見出したスタイル。
 
それはスローカーブだった。
 
速いボールが投げられないので、打者のタイミングを外して打たせてアウトをとるしかない。そのためには、インパクトのある変化球が必要だった。いろんな握り方と腕の振り方を試してたどり着いた。
 
また打者に対して角度のあるボールをより良く見せるため、サイドスロー気味で投げるようにした。右打者のインコースにうまくコントロールできれば、カーブの落差も相まって大きな武器になったのだ。
 
今のプロ野球でもそうだが、左投げのサイドスローは非常に珍しく、初見の打者は多少なりとも戸惑い、打つ気をはぐらかされるものだ。
 
「無形の力は有形の力に勝る」
 
プロ野球の名監督として、活躍された野村克也氏の言葉である。
 
自分が生き残るために、腕力やもともとの体格といった有形の力に頼るのではなく、頭脳という無形の力を使って「スローカーブ」という自分だけの武器を手に入れたのだった。
 
この無形の力を使うという考え方は、社会に出た今も大いに役立っている。頭を使って、周囲の状況に合わせて自分が変化していく姿勢をつらぬかなければ、今も昔も生き残れないと確信している。
こうして最後の大会直前の練習試合では、短いイニングながらも安定した成績を残すことができた。
 
○消えた先発マウンド
そんなある日のこと、監督に呼び出された。
「3回戦のH高戦、お前が先発だ」
体育準備室で白髪頭をぼりぼりかきながら、もったいぶったように
彼は言った。
H高は200校以上参加する地区大会の中で、毎年ベスト16以上に入ってくるような
強豪校だった。
まともにぶつかったのでは、勝負にならないと踏んだのだろう。
私のようなスローカーブを投げる変則投手を序盤で起用し、相手打線のリズムとタイミングを崩した後、本格派のエースを投入するという作戦だ。
私はまっさらな公式戦のマウンドに立てる喜びよりも、勝負に徹する監督の姿勢を粋に感じていた。
 
私にとって、ここまで10年続けた野球の集大成の試合になるはずだった。
 
「なるはずだった」
 
そう。残念ながら、これは幻に終わる。
なんと2回戦で負けてしまったのだ。
練習試合では負けたことのなかったある公立校に
まさかの敗戦。
監督含め、チームのメンバーは誰一人予想していなかった結末だった。
私は一度も公式戦に出場することはなく、高校野球生活を終えた。
当然ながらスローカーブの出番もなかった。
 
○本当の挑戦者は、未完成の物語を持っている
あのとき、スローカーブを投げられていれば、納得いく形で終われていたのか。
 
わからない。
 
試合に出て、めった打ちにされて苦い思い出になっていたかもしれない。
もしくは、強豪校を相手に番狂わせを起こしていたかもしれない。
 
自分で編み出した「スローカーブ」を武器に公式戦で勝利し、チームに貢献する。
この挑戦は外から見れば、結果的に失敗に終わったのかもしれない。
ただ今の私はこれを「失敗」とは位置づけていないし、その判断を下すことに意味を見出していない。
 
周囲の環境に合わせ、自分が生き残るためにスローカーブを編み出した
プロセスそのものに価値があったからだ。
スローカーブの習得のための情報収集の方法、トレーニングの工夫の仕方、受験勉強との両立のためのタイムマネジメントなど学ぶものがあり、それは社会人になってからも生きていくうえでの「自信のカケラ」になった。
 
あなたの挑戦の結末や結果の価値をすぐに決めつける必要はない。
大会の試合の「勝ち」で終わるのか、「負け」で終わるのか。
「ハッピーエンド」で終わるのか、「バッド・エンド」で終わるのか。
 
決めつけず、未完成の物語として、あなたの心の本棚に置いておこう。
世間の人は「あーだ、こーだ」と言ってくるかもしれないが、挑戦してきた過程に必ずあなただけが見いだせる価値があるはずだ。
たとえ小さくても、そんな挑戦した数々の未完成の物語は、あなたを
将来成長させてくれる。その本棚の物語を再び始めてもいい。
未完成でいい。
こわがらずにたくさんの挑戦物語を紡いでいこう。
 
そして私のスローカーブの挑戦物語は、未完成のままだ。
マンションの駐車場で少年にやまなりのボールを投げ返した瞬間、
約20年の時を経て、この物語を進めてみたくなった。
とりあえず、草野球チームを運営している友人に連絡を取ってみようかな。
 
まずはスローカーブの握りを思いだすことからはじめなきゃ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2020-11-22 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事