fbpx
メディアグランプリ

お言葉に甘えるようになったら人生が変わった話


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:広瀬享子(ライティング・ゼミ 日曜コース)
 
 
みなさん、こんにちは。
今日は、甘え下手だった私の人生を激変させてくれた本を紹介します。
 
「さよなら」が知ってるたくさんのこと (唯川恵さん)
 
22篇で構成されたエッセイです。
 
20年も前の事ですが、友人の家に遊びに行った時に、机の上に置かれていたのがこの本でした。何気なく真ん中らへんで開いたページが目から鱗な内容で、たった6ページの短いお話でしたが、泣けました。私にとってはあまりにも衝撃的で。
 
この本の存在を、どんな人に知っていただきたいか。それは「人に甘えることが苦手な人」です。長女気質な人。姉御肌の人。みんながみんなそう、という訳ではないとは思いますが、長女は甘え下手、もっと言うと、血液型A型の長女は甘え下手、とよく耳にするような。そう、私の事です。
 
血液型A型の長女の私は、思い込みかもしれませんが、人に迷惑をかけるのは良くない、自分のことは自分でやるべき、ちゃんとする、という気質が強かったように思います。ひと言で言うと、甘え下手。
 
甘え下手って何? と思う方もいらっしゃるかもしれません。
 
例えば、車で家まで送ってあげるよ、なんて言われた時には、“遠回りになってしまうから申し訳ない”と考えて、「電車で帰ります!」と間髪をいれずに答えていましたし、今日はご馳走するよ、と言われた時には、“人様にお金を払わせるなんて、申し訳ない”と考えて、「いいですいいです、払います!」と無理矢理にでも払う。それが迷惑をかけない最善の対応だと信じていました。
 
遠慮こそが美徳だと信じて疑わない自分がいました。
 
長女に限らないとは思いますが、我が家の娘も、「お菓子買ってあげるよー!」のひと言に対する反応が、長女と次女では正反対! 長女は、「えーいいよいいよ」なんて遠慮する一方、次女から出た言葉は「やった! 何個までいいの?」でした。爆笑でしたよ。
 
そんな私が衝撃を受けたのが、照れ屋と恥ずかしがり屋の違いについて書かれていた一節。「なんか、今日かわいいね」と言われたときに、どう反応するのか。照れ屋は「またまたー、そんな風に言ったって、奢らないからね!」などと言ってしまうのに対して、恥ずかしがり屋は「えっ……」と頬を赤くして俯いて黙ってしまう。さて、かわいいね、と言った側の人には、それぞれどんな風に映るでしょうか。この違いは何なのか。褒め言葉を跳ね除けるか、受け取るか、の違いではないかと私は感じたのです。
 
ちょうどその頃、後輩の就職をお祝いする機会がありました。先輩として、かっこ良くご馳走しよう! なーんて意気込んで家を出たわけです。喜ばせようと。でも、返ってきた言葉は、「いやいや、いいですよー! 払いますー!」でした。喜ばそうと意気込んでいましたから、肩透かしというか、なんというか。「せっかくご馳走しようと思ったのに……」
 
私が今まで、良かれと思って選択していた「遠慮」という行為は、相手に迷惑にならないどころかその逆で、相手をがっかりさせることすらあるということをこの時初めて知りました。
相手のご好意を受け取るか、跳ね除けるか、という意味では、「誉め言葉」を受け取るかということと実は似ていると思うのです。今日なんかかわいいね! と言ってくれた人に対して、なんと返すか。「そんなことないですよ!」と受け取らないのか、「嬉しいです、ありがとうございます!」と受け取るのか。
 
「遠慮」という私の正義は、一体、何のため? 結局誰の事も嬉しい気持ちにさせていない。誰のためにもなっていないのではないか。
 
以降、私から出るようになった言葉は、これです。
「えー! いいんですか? ありがとうございます! お言葉に甘えます!」
人は、誰かの役に立つことで幸せを感じる、という言葉を聞いたことがあります。心からのありがとう! が、こんなにも嬉しいものとは知りませんでした。
 
そして、実際にお言葉に甘えてみると、なんと副産物的に他にも嬉しいことがありました。それは、その人とさらに仲良くなれちゃうことです。
例えば、家まで送ってもらった時には、帰りの道中にプライベートな話で盛り上がったり、お食事をご馳走してもらった時には、次はご馳走させてください! と次のお誘いのきっかけ作りができました。果物などのお裾分けだったら、あれは美味しかったよねー! と共通の話題ができたりもします。
 
また、逆の立場の時には、喜んでくれた人のことをさらに好きになったりもします。愛着でしょうか。こちらからの好意ですから、受け取ってもらって迷惑だと感じる事もないし、喜んでもらえると嬉しいんですよね。
 
お言葉に甘えさせて戴いて、それだけでもありがたいのに、お互いに嬉しい気持ちになって、そのお陰様でさらに繋がりが太くなる。そんな大事な機会を自ら逃していたなんて!
 
“心からのありがとう!”が人の心を近づけるのは、いつの時代も一緒だと感じます。最後まで読んでくださったあなたに、心からありがとう!
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。
 


人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

 

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


■天狼院書店「シアターカフェ天狼院」

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目8-1 WACCA池袋 4F
営業時間:
平日 11:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
電話:03−6812−1984


2021-04-30 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事