fbpx
メディアグランプリ

うまくいく「考え方」 のすすめ

thumbnail


*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

記事:浦部光俊(ライティング・ゼミ超通信コース)
 
 
またやってしまった……
 
時計を見る。
 
知らない間に目覚ましを止めていたらしい。
 
早起きの目標時間を過ぎている。
 
やっと身についてきたかと思ったのに……
 
昨日の夜、仕事の失敗が気になってパソコンを開いたせいなのか、
 
あまりよく眠れなかった。
 
こんなスタートじゃ、今日一日が思いやられる。
 
はぁ、ため息が出る。
 
どうしていつもぼくはこんなダメダメなんだろう。
 
意気込んで何かを始めてみても、すぐにやめてしまう。
 
枕元に目を落とす。
 
すると、目に入ってきたのは落ち着いた藍色。
 
そうだ、そうだ、忘れていた。
 
ぼくにはこれがあったんだ。
 
こんな気分ときにこそ、
 
毎朝、目につくようにと、
 
枕元に置いたんだった。
 
ゆっくりと手を伸ばし、
 
藍色のそれを取る。
 
その瞬間だ。
 
不安が薄らぎ、
 
少しずつ自信と安心で心が満たされていく。
 
ぺらぺらとページをめくりながら、
 
目についた言葉を読んでみる。
 
「たくさん失敗して、たくさん学ぶ」
 
– 全ての失敗は学ぶための絶好の機会である。
 
そう考えるのが賢明な態度だ –
 
確かに仕事の失敗も、
 
学ぶ機会と考えたら大きな経験。
 
うまくいかない方法はわかったから、
 
同じ失敗はしないで済む。
 
「そう考えるのが」 というところがいい。
 
出来事を自分でコントロールできる気がしてくる。
 
気をよくして、さらにページをめくる。
 
「自分の長所に目を向ける」
 
そういう視点、大切なのはわかっている。
 
でも、ぼくはどうしても自分の悪いところに目が行きがち。
 
仕事の失敗、早起き習慣の挫折、などなど、どんどん出てくる。
 
欠点はすぐに思いつくのに、
 
長所ってよくわからないんだよな。
 
そう思いつつ読み進める。
 
すると長所を見つけて自分と仲良くなれる簡単な方法を紹介してくれている。
 
それは「自分のポジティブな資質と行動」リストを作ること。
 
やり方は簡単だ。
 
ノートを見開きに開いたら、
 
左側のページには、あなたがした「いいこと」
 
右側にはその「評価」 を書いていくだけ。
 
例えば、左側には、ご近所さんや同僚に挨拶ができた、
 
右側には、礼儀正しい。
 
会議で発言ができたと左側に書いたら、
 
右側には積極的など。
 
リストは最低でも10個以上。
 
ちょっと面倒くさいけど、
 
この本の効果は間違いない。
 
そう自分に言い聞かせて布団から這い出る。
 
適当な紙とペンを手にとり、
 
とりあえず軽い気持ちで始めてみる。
 
夜、パソコンを開いて遅れている仕事を片付けた → 責任感がある。
 
同僚が困っているときに、役に立つ資料を作ってあげられた → 協力的
 
うーん、10個以上か、そんなにあるかな
 
噂好きな同僚に、余計なことを話さなかった → 道徳的
 
などなど、無理やりひねり出してみる。
 
すると、少しずつだが、次第に気持ちが上がってくる。
 
あれっ、ぼくって実はけっこうイケてる、
 
そんなふうに思えてくる。
 
さっきまでの暗い自分はどこに行ってしまったんだろう。
 
うーん、改めて思う、
 
やっぱりこの本の効果は抜群だ。
 
2013年の発売から80刷だけのことはある。
 
「完全版」だなんて、大きく出ているだけのことはある。
 
厳選された自己肯定感を高める言葉が全部で100個。
 
それぞれ一つ一つを見開き2ページで紹介している。
 
どこから開いても、
 
そのままの自分でいいんだとホッとできたり、
 
自分の人生は自分の力で好転させられると自信を持てたり、
 
なんだか、人生がうまくいくような気がしてくる。
 
感心しながら、再びページをめくる。
 
目に飛び込んだ言葉は、「現在に目を向ける」
 
– 多くの人は、変えることのできない過去にとらわれ、わからない未来を思い悩む。
 
そのことにあまりにも忙しくて、今、この瞬間にしか手に入らない幸せを見失っている
 
大切なのは、過去や未来にふけるより、現在の幸せを感じる方を選ぶこと –
 
昨日の失敗を悔やんだり、
 
どうせ、今日もうまくいかないんじゃ無いかと心配したり、
 
ぼくの意識は過去と未来に行ったり来たり。
 
どうやら、ぼくは、「今、この瞬間」 を生きていない。
 
今、この瞬間か……
 
ふと時計を見て気づく。
 
あれっ、
 
思っていたほど寝坊をしたわけじゃない。
 
早起きの目標時間は守れなかったけど
 
以前に比べたらずいぶん早いじゃないか。
 
なんだ、
 
ぼくは少しずつだけど、ちゃんと変われている。
 
それに、早起きなんて、また明日から始めたらいい、
 
そう「考えたら」 いいだけだ。
 
そういえば、こんな言葉もあったっけ
 
「自分のミスは全て許す」
 
いやいや、全く参りました。
 
もう手放せない。
 
ジェリー ミンチントン著
「うまくいっている人の考え方 完全版」
 
この本があれば、きっと僕もうまくいく。
 
今日もいいスタートが切れそうだ。
 
 
 
 
***
 
この記事は、天狼院書店の大人気講座・人生を変えるライティング教室「ライティング・ゼミ」を受講した方が書いたものです。ライティング・ゼミにご参加いただくと記事を投稿いただき、編集部のフィードバックが得られます。チェックをし、Web天狼院書店に掲載レベルを満たしている場合は、Web天狼院書店にアップされます。

人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ」〜なぜ受講生が書いた記事が次々にバズを起こせるのか?賞を取れるのか?プロも通うのか?〜

お問い合わせ


■メールでのお問い合わせ:お問い合せフォーム

■各店舗へのお問い合わせ
*天狼院公式Facebookページでは様々な情報を配信しております。下のボックス内で「いいね!」をしていただくだけでイベント情報や記事更新の情報、Facebookページオリジナルコンテンツがご覧いただけるようになります。


■天狼院書店「東京天狼院」

〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-24-16 2F
TEL:03-6914-3618/FAX:03-6914-0168
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00
*定休日:木曜日(イベント時臨時営業)


■天狼院書店「福岡天狼院」

〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-9-12 ハイツ三笠2階
TEL:092-518-7435/FAX:092-518-4149
営業時間:
平日 12:00〜22:00/土日祝 10:00〜22:00


■天狼院書店「京都天狼院」

〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
TEL:075-708-3930/FAX:075-708-3931
営業時間:10:00〜22:00


■天狼院書店「Esola池袋店 STYLE for Biz」

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola池袋2F
営業時間:10:30〜21:30
TEL:03-6914-0167/FAX:03-6914-0168


■天狼院書店「プレイアトレ土浦店」

〒300-0035 茨城県土浦市有明町1-30 プレイアトレ土浦2F
営業時間:9:00~22:00
TEL:029-897-3325


 


2021-06-19 | Posted in メディアグランプリ, 記事

関連記事